引き寄せの法則はウソ?

スポンサードリンク

さて、引き寄せの法則を書いたのですが。

良く、豪邸に住みたいのでこういう豪邸を毎日思い浮かべている。
こーんな素敵なお家に住んで
img055043edzik8zj.jpeg

高級車が欲しいので高級車を毎日思い浮かべている。
美人でグラマラスな奥さんに見送られ行ってきまーす。
これで毎朝出勤するイメージ。

spartscar.jpg

そうだ。毎日こんな風にイメージしてれば実際にそういう生活が手に入るんだ。
そうやって4畳一間のアパートの中でカップラーメンをすすっている。
グラマラスな奥さんと一発やっていることをイメージして自家発電をしている人がいます。

ぇえ?

まぁ、別に批判するつもりはありません。
素晴らしいことです。
あなたの脳内だけの話なので何を妄想しようがあなたの勝手。
誰にも迷惑はかけないどころか、かなりエコな生活です。
時代の先端を行く生き方と言えるでしょう。

ただ、なんとなくそれは単なる新興宗教というか。
そのまま年老いて死んでいくだけというか。

ワタスの場合、こんな山奥で毎日そんな妄想をして暮らしていたら。
なにボケーっとしてるの?買い物行って来なさいとか、さっさと畑仕事しなさいとか。
すぐに叱咤激励されてしまいます。
何かを毎日思い浮かべれば手に入るとか。
引き寄せとは、本来はそんな法則ではないと思っています。

引き寄せの法則を紹介しといて言うのもなんですが。
こういう物質的な利益を求めて毎日それを思い浮かべよう。
物質利益だけを強調する引き寄せ本があります。
豪邸が手に入る。スポーツカーが手に入る。そんな謳い文句の本がいっぱいあります。
まぁ、引き寄せの一派といえるでしょう。

でも、良く考えると物質利益を追い求めるのは、引き寄せの反対をやっていますよね。
何々が欲しいというのは、つまり、何々を持ってないという認識から始まるわけです。
例えばスポーツカーが欲しい!と思うのは、今現在、スポーツカーを持ってないからで、本当にすべてを持ってる人はもう何もいらないと思うものです。
日本人のあなたが日本語がしゃべれるようになりたいと思わないのと同じですよね。

この世はエネルギー場であって、実際は何も存在しない場です。
なんでもある場ともいえます。
何にもない、もしくはなんでもある中で、勝手にあなたが何も持ってない。私は何も手に入らないと文句を言ってるのです。
持ってないという認識の元に、持ってることを毎日思い浮かべたってプラスマイナスゼロでしょう。
何も起きないかと思います。

以前、がちょうもない話というのを書きました。
フランスには蝶がいないという話です。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/archives/1195

人は心の中で、何かをラベル付けしています。
これは、良いこと。これは悪いこと。
でも実際は、良いことでも悪いことでもない。
私は何々を持ってる、持ってないも同じです。
あなたが勝手にエネルギー場の中でラベル付けをして悲しんだり喜んだりしてるだけです。

押せば押される、引けば引かれる。
何もない空間の中でパントマイムをやっているのです。
それは何もないさら地に看板を立てて、どっちかからひっぱったり押したりしているというか。

desart_kanban.jpg

鏡の中の世界に住んでるとも言えます。
心の中の葛藤が外に映し出されるだけです。

例えば、あなたが今、つらい状況に置かれているとしますよね。
安月給で上司もうるさい。ブラック企業に勤めている。
嫌だ。嫌だ。毎日つらい。
早く抜け出したい。

そこから抜け出すにはどうしたら良いでしょうか。

私は厳しくて厳格な素晴らしい上司の元で働いている。
毎日、キビキビと肉体と精神を鍛えてもらっている。
安い給料の中でもなんとか生きていける。
それだけで、ありがたい。
ありがとうございます。
そう思うことでしょうか。

こういうのをポジティブ思考といいます。
でも、ワタスはそんな不自然なことをやれと言ってる訳ではないのです。
それもテーゼとアンチテーゼの中です。
ネガティブだろうがポジティブだろうがどっちも同じことです。

心の中の看板を引っこ抜こう。ラベルをとっぱらおう。
変な価値観。凝り固まった心。
さら地の立て看板、ラベルをはぎ取ろう。
執着をすてよう。

表現が難しいのですが。

あるがままに。
どっちでも良いじゃないか。
何でも良いじゃないか。

悩んでいる自分も自分。今の自分を受け入れてみて下さい。
現実をそのまんまを受け入れてみる。
なすがままに、あるがままにです。

そうすると何か変わってくるはずです。

表現が難しいですが。
何か全てとつながってる感覚になれるはずです。
分かるでしょうか。
これはワタスの経験から言うことです。
これは感覚的な話なので伝えるのがかなり難しいのです。

脳味噌の中のヘンテコな看板を引っこ抜くと
本来のあなたに戻れる。
子供のころの自分に戻れる。
美しい自分に戻れる。

あなたはつらいつらいと言いながら生きていましたか。
豪邸を夢想しながら生きてきましたか。

ただ、毎日を無邪気に遊んでいたはずです。

あるがままに。

本当の自分を思い出せ。
黄金の光を思い出せ。

あなたが気づいた瞬間、まわりがまばゆいばかりに煌めきだし、すべての鏡を粉々に打ち砕く。
その瞬間あなたは鏡の国、アリスの不思議な国から抜け出す。

この話はちょっと難しいかもしれません。
でも、もうそろそろ誰もが思い出す頃だと思っています。

本当にありがとうございますた。

以下はbrilliant greenさん

泥だらけの靴蹴っ飛ばした 湿った部屋の中
小さな物語を失くした夜 魔法にかけられた
一つの存在 一つの天使 私に手を振ってた
凍えた体を暖めてくれる甘いチョコレート

急いでランプを吹き消そう 限りあるこの世界に身を委ねて
鏡の中に私がいる

悲しみの翼を転がる光は月の方へ
この胸を映して星屑のように散りばめて
壊してそのスピードで

することもなくて夜も昼もあくびしたり泣いたりして
それはもういくじなしで寒がりの悪魔が胸に住んでいる
もしこの魔法が解けるのなら朝に階段を一段でも昇って
手を伸ばし風を感じ雨粒を感じ鏡を叩き割るのに

心の鈍らぬうちにそう悲しい声をこの声を投げつけ
進むひたすらに息をして

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう