あるコンビニの小冊子について

スポンサードリンク

さて忙しいのでサラッと書ける話題をひとつ。

コンビニに置いてある、ある冊子のお話です。
空いてますあなたのローソン、セブンイレブン良い気分。
皆様が良く利用する便利なコンビニ。

まぁ、コンビニなどと。
暑いよ~
ガリガリ君でも買おう。

a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000364


東京にいた頃はそうやって、つっかけをつっかけて一瞬で行けたのですが。
今や、アイス1つ買いに行くのに
ふー。暑いよ~。

ぶーん。
車で1時間はかかるのです。
コンビニに着くまでに車のクーラーで完全に涼しくなってしまうではないですか。

なので最近は、
はい。ペヤングですね。
どうぞ。
空いてますあなたの押入れ、押いれイレブン良い気分。
備蓄品を大量に買い込んだワタスの押入れがコンビニ代わりです。
これなら行くのに0.002秒ぐらいです。

さて、このような猛烈にくだらない話題はさておき。

北斗の拳という漫画は皆さん知ってますね。
ワタスが事あるごとに引用している1980年代、大ヒット漫画作品です。
hartsama20130619.png

img_433538_8419611_2.gif 2343-3.png

うーん。
なぜなんだ。。

あのハードボイルド漫画ばかり書いていた作者の原哲夫氏。

皆さんご存じでしょうか。
原哲夫氏は北斗の拳以降もこのようなハードボイルドな漫画ばかり書いていますた。

これは花の慶次という漫画
61RQFC703YL.jpg

これは蒼天の拳という漫画です。
51TY7DjAxjL.jpg

こんなハードなものばかり書いていたからなのか。
もちっとソフトな漫画かけないのか?
読者から突っ込まれたのでしょうか。

89fffe5fa0dcf01c921f645393c297c6.jpg

ボ、ボノロン?

ぇえ?

何でしょう。
この変貌ぶり。
意味が分かりません。

き、気は確かか原哲夫。。

なんという路線変更ぶり。。

ワタスだって、先物投資ブログから、音楽ブログになり、総合エンターテイメントブログになっている。
時代と共に作風も変るのは当然とも言えますが。

だからって、こんなに変えなくてもいいではないですか。
意味が分かりません。

セブンイレブン良い気分に置いてある小冊子。
その名も、森の戦士ボノロン。
これはあの北斗の拳原哲夫氏が出しているのです。

このボノロンちゃんの今月号。

この今月号をぜひお読み下さい。

ae48a1a90ee32bc07883aa6839df65cf.jpg
メカン王国のブリキン王。なんでも自動のロボットを作って、何でも便利にしてしまうブリキン王。
ブリキン王の欲望はどんどん大きくなって、国にたった1本だけ残されたホオノキの巨木を切ろうとします……。

今月号は、暗に原発のことを言ってるんじゃないでしょうか?
便利便利、何事も便利優先になってしまった現代社会。でも子供達が咳が止まらない病気が流行り出すのです。そしてたった一本だけ残された巨木を切ろうとする時に、ロボットが誤作動して街を破壊し始めるという物語ですた。
今月号に深い感銘を受けますた。
以下でも読めるようです。

http://kids.goo.ne.jp/bonolon/index.html

とにかく!者ども、ボノロンを読みにセブンイレブンに走れ!

あいあいさーーー!!

突如として押し寄せる既知外の皆様に目を剥きださせて驚くコンビニ店員さん。
とかなんとか。

さて、セブンイレブンと言えば、あのCIA直属の不動産会社森ビルに入っていたイトーヨーカ堂。
あのメソニックビルの横に森ビルがあるのですが、元々そこに入っていた企業なのです。
130314.jpg

セブンイレブンはセブン&アイ・ホールディングスの子会社です。
sevenandiholdings.jpg

セブン&アイ・ホールディングスは外国人の持ち株比率が高い。
ほぼ外資なのです。日本のコンビニではなく外国のコンビニなのです。

a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000365

ロックフェラー系列と言われますが。
あのバーコードPOSシステムを本格導入し、米国のウォルマートよりも早く普及させたと言う666のバーコード先駆者です。
e0171614_20445391.jpg

なぜこのようなほのぼのとした冊子をセブンイレブンが置いているのかでしょうか。
さっぱり意味が分かりません。

アルザル人さん情報によると、
このボノロンとは、ニビル由来のアヌンナキなのだそうです。
アルザルとは地底世界のことですが。
ボノロンちゃんは巨人ネフィリムだったのに、奴らを裏切って、地底世界に行った平和の民なのだそうです。

http://keinudidio.blog.fc2.com/blog-category-6.html
ボノロンは別名ネフィリム、アヌンナキ、鬼族。
古代史では身長8mの体躯を持ち、地球を滅ぼすために惑星ニビルから降り立った、
破壊の民として恐れられています。でもそれは真実ではありません。

では真実とは。
身長8mは本当です。
実際世界各地で出土している巨大な人骨は一時期ここ地上で生活していたボノロン達です。
ボノロンは36000年前に惑星ニビルと共に邪神ヤハウェが創造した民族です。
そして邪神ヤハウェに破壊民と宿命づけられた民族です。
32000年前その命のため地球に降り立ちました。
しかしボノロン達はその命に背き地球人類と共に暮らしました。
そして邪神ヤハウェから逃げるように天界アルザルへとアセンションしたのです。

現在はアルザル、モリステッケンのまたその奥で15万人ほどがひっそり暮らしています。
そして、ここ地上の風水害、地震、噴火等の天変地異を得意の祈りの力で守ってくれているのです。

うーん。
このようなボノロンちゃん。

img_books_new.gif

とても素晴らしい。

優しい巨人ボノロン。

この地球上には悪意の存在も確かにはいる。
しかし、その数十倍の善意の存在もいる。
天変地異が起きないのも、地底世界からこのボノロンちゃんが地球を守ってくれているからかもしれません。

セブンイレブン良い気分。
もしかしたら奴らの中にも善意の連中がいるかもしれない。
このような冊子を出しているのです。
ちょっとこのボノロンちゃんのおかげで、希望を持てたのですた。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう