たった今ではないでしょうか。

スポンサードリンク

さて、ワタスは前から学校に行ったら馬鹿になるから行くな、学校とは洗脳機関だと何度も書いてきますた。
調べると分かりますが日本の義務教育はナチスドイツの国民学校フォルクスシューレが元なのです。

前に書いた記事です。

かつて日本の教育改革を担当したGHQの役人は、こう豪語したそうだ。
「日本の教育を変えて、今後は天才が出ないようにします」

戦後、彼らが押しつけてきた教育プログラムの要点は、次のようなものである。

第一に、白人の対する徹底的な劣等感を植え付けること。
第二に、アメリカは素晴らしい国だと信じ込ませること。
第三に、自分独自の意見を作らせないこと。
第四に、討論や議論を学ばないこと。
第五に、受身のパーソナリティを作ること。
第六に、一生懸命勤勉に仕事させること。
第七に、目立つ人の足を引っ張ること。
----------------------------------------—
そうです。まさにこれです。フォルクスシューレの手法は、
まず、今までその人が築いてきた人格を一度完全に否定して、新たな価値観を植え付けるというものです。
お前はダメなやつだ。お前はくだらない奴だ。未熟なやつだ。
そして、徹底的に人格を否定した後に、絶対的権威を刷りこむのです。
総統様の言うことを聞けばお前は立派になれる。総統様を目指してお前もがんばれ。
そういう絶対的な権威をすりこむのです。
その人が今まで培ってきた、心の羅針盤を破壊し、外の権威にすがるように作りかえる。
そういう洗脳手法なのですた。

洗脳されてる人というのは、自分が洗脳されてると指摘されると怒るものです。
オウム真理教の信者しかり、オセロの中島朋子さんしかり。
まわりの人がせっかく洗脳を解いてあげようとしてるのに、逆に憎しみを抱いて攻撃してきたりするのです。

あなたは小学校一年生から一生懸命勉強しないと酷い目に合うよ。
真面目に努力しないとろくな大人にならないよ。
コツコツ努力しなさい。
ずっとこんな感じで洗脳されてきますた。

ずーっと、そう言われて育った
今のあなたのそのみじめな姿を今一度振り返ってみて下さい。
あなたは放射能降り積もる中で、地震が来ることに怯え、満員電車に乗っている。
魚の死んだような目で生きている。

そんなことはない。私は自由だ。
私は土日にはレジャーに行ってるし、家族旅行に行く。

そうでしょうか。

あなたは本当に自由を謳歌しているのでしょうか?
あなたの欲求はどこから来ているのでしょうか。
なんで訳も無く洋服だの携帯だのグルメだのしてるのでしょうか。
それは誰の欲求でしょうか。

あなたは選挙に行く。
選挙に行く権利がある?

でも、あなたは、ちゃんと自分で候補者を選べてるでしょうか。
その判断材料はマスゴミが流した情報ですよね。
自民が勝つなどと。
だから、自分で候補者を選んでるつもりでも、選ばされている。
あなたは音と映像の出る電気箱を見て何かを判断している。
tv_noaruheya.jpg

人々は電気箱に洗脳されて、購買意欲も選挙候補も全部自分が選んだと思いこまされていた。
本当はあなたは何も選べていない。
何が正しいか間違っているかはすべて電気箱が決めていた。

あなたは学校で習う。今は、自由主義経済だ。
昔の人は封建社会で大変だったんだなぁ。自由も何にもなくて可哀想だなぁ。

本当は現代社会の方が酷いのです。
99%の富を1%の金持ちが得る現代社会。

これは最近のスティグリッツさんの世界の99%を貧困にする経済
25229286_1.jpg
世界の99%を貧困にする経済

今まで良く言われてきた、自由主義経済の法則。
富裕層に集まる富が下層へしたたり落ちれば経済全体が潤うという、いわゆるトリクルダウン効果はまったくの嘘だった。

後世の歴史家はこう言うでしょう。なんて酷い時代だったんだ。
実は今は封建時代、貴族社会より酷い時代なのです。
自由主義と思わされているだけの洗脳主義時代なのです。

お金がなくなれば、酷い目にあう。
人と違ってしまう。恥ずかしい目にあう。屈辱を味わう。
そしてまわりの目をきにして生きている。
それは実はお互いに監視し合いながら生きているということです。
自由でもなんでもなく奴隷そのものなのです。

この現代社会、本当に仕事と呼べるものなど、農家とか医者とか。
そんなものでしかない。
昔の価値観なら、現代社会で働いてる人はいません。
本当にやっていることはコツコツと真面目に不真面目なものを作っているだけです。

携帯電話など遊びの道具です。
薄型テレビなんて必要ない。コーヒーショップの店員は遊びです。
ワタスがこうやってブログを書いたりするのも完全遊びです。
でも、仕事をしてると言い張ることもできます。
芸能人が一生懸命働く。一生懸命バカ話をしているだけです。
証券会社の社員が一生懸命働く。彼らは何も生み出していません。
人のお金をあっちにやってこっちにやって。昔だったらバクチ屋です。
このごく潰し!塩でもまいとけということになったかと思います。

幸せになるにはコツコツ努力しなければいけないよ。
幸福は努力して勝ち取るものだよ。
競争に勝たなきゃいけないよ。

未だにそんなことを信じているのでしょうか。
努力しなくても、競争に勝ち残らなくても幸せになれる。
だって現に今、あなたは遊び呆けて暮らしているではないですか。

恐怖を選ぶのか。
それとも、ワクワク楽しいことを選ぶのか。

昨日、本屋に行ったらあのドナルドダックのおっさん
バシャールさんの本が置いてありました。
この本は、日めくりカレンダーのように一ページに一言だけ書いてあります。

ワタスの目にとまったのはこう言う言葉ですた。

「朝おきたらワクワクすることをひとつだけやってみよう」

あなたの今が苦しいのは、いままでずっと恐怖に従った選択をしてきたからです。
本当はやりたいことがあったのに。

あなたの毎日の選択が奴らに力を与えている。
この苦しい社会システムを作り出しているのは自分だった。
奴らの組織は、兵隊が言うことを聞かなくなれば、もろくも崩れ去る。
恐怖でいうことを聞いてしまう兵隊がわんさかいるから奴らは存在し得る。
あなたは気づかないうちに兵隊になってる。

思い出すだけでいい。
子供のころの純粋な心を思い出して見て下さい。
私はできる。夢は叶う。
幸せになる資格がある。
私は守られている。

そうやって自分を信じて、心の底からワクワクする。
ちょっとでもいいから、そっちの選択をする。
そうするとちょっとずつ、エネルギーが切り替わっていきます。

自分の住む世界が変わっていく。

この世界を作り出しているウルトラマン。
それは自分だった。

2012年末。
それは今。たった今ではないでしょうか。

心の奥底に眠った黄金の光。
その光を解き放て!

本当にありがとうございますた。

これは最近のお医者さんのドラマ ドクターXの主題歌 Forceですね。


バーチャルな世界にだまされる前に
いざアクション 呼び覚まそう
さぁ両手を空へ翳せ

Force 恐れぬ力をくれ
Force 暴いていく力をくれ
Force 扉を開け放つ
力を与えたまえ

↓アマゾン2,000点以上のタイムセール中

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう