原発情報 三号機から黒煙

スポンサードリンク

さて、三号機で黒煙が上がったようですね。

福島第1原発3号機で黒煙、給水ポンプ確認作業は中断=東電
http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201103230112.html

東電社長が緊急入院したという情報もあるようですが。
心労でぶっ倒れたのでしょうか。

三号機と言えば他とは違いプルトニウムを利用しているプルサーマル型。
※プルサーマルとは、プルトニウムで燃料を作り、従来の熱中性子炉で燃料の一部として使うことを言う。なお、プルサーマルとは、プルトニウムのプルとサーマルニュートロン・リアクター(熱中性子炉)のサーマルを繋げた和製英語(plutonium thermal use)である。

いつものニニギさん情報は以下です。
参考にして下さい。


現在NHKで3号炉から再び黒い煙が出てると放送中。
作業員は全員退避しました。

一昨日の灰色の煙は東北から関東に死の灰を降らしました。

そのときドイツの気象庁が「放射線雲」を福島上空に観測しました。
今それがハワイに向い大騒ぎになってます。

それを上回る状況の様なので、風向きにもよりますが過去最大のの放射能汚染になると思います。

少しでも遠くに避難して下さい。
今度は激しい被爆の恐れがあります。

後悔しないために。風上に逃げて下さい。
首都圏は特に危険です。何故か首都圏に放射線物質が集まってるようですので。

3号炉は先日来、夜には光を放ってたので臨界に達してるとよんでいたのですが。

避難の判断はご自分でお決め下さい。
ニニギの日記は役所の広報ではありませんので。

情報はこれから計画停電のため発信出来なくなります。

煙はプルトニウムの蒸気だと思います。

避難する方も、出来ない方も。
本当に解決策はあります。

—-
絶望感に陥らないで下さい。
この様な事態になっても放射能汚染を体内被爆を考えず、環境だけで判断し、その上大気中の事しか考えていない政府に絶望感と責任者の愚かさ、それをサポートするものの愚かさ、あきれ果てております。
問題は土壌汚染なのです。空気は流れて行きますから。
水道水を飲み続けなければ大丈夫だとまだ言い続けている。
一度でも飲めば、体内に吸収されて蓄積されるのです。その量は一度飲んだだけでどれだけ体内に入るかは、測定値以上である事は確かなのです。

いいですか。
測定した時に1個の放射線物質があったとします。それが出した放射線が測定されます。
水を飲んだ場合これを何個も飲むわけです。だから一回飲むだけで10個の物質を取り込んでしまったら、その10倍のレベルを受け続ける事になるのです。特にセシウムについては、養分のカリウムと間違えて積極的に体内に取り込みます。これを体内濃縮と呼んでます。

だから測定値など関係無いのです。強い程激しく被爆するだけで発病期間が短くなるだけです。


本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう