原発情報 続き7

スポンサードリンク

以下、文科省のデータです。これは分かりやすいですね。

http://atmc.jp/water/

これによると東京(新宿)も値が上がって来ていますね。
宮城は測定不能なほど高いということなのでしょう。

以下は、ニニギさん情報です。参考にして下さい。


遂に原発から40キロ離れた地点からも高濃度のセシウムを検出。

原発から40キロの土壌、高濃度セシウム 半減期30年
2011年3月23日12時22分
 文部科学省は23日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村の土壌から、
高濃度のセシウム137が検出されたと発表した。単純比較はできないが、国が定めた
放射線管理区域の基準値の4倍に相当する。半減期が8日と短い、放射性ヨウ素の値
も、約30倍の値だった。今後、土壌の入れ替えが必要になる可能性も出てきた。

 同省によると、20日午後0時40分に飯舘村で採った土1キロあたりから、セシウ
ムが16万3千ベクレル、ヨウ素が117万ベクレル検出された。19日午前11時
40分に同じ場所から採った土と比べ、セシウムで約6倍、ヨウ素で約4倍高くなっ
た。

 このほか、約45キロ離れた川俣町で19日に採った土からセシウム8690ベクレ
ル、ヨウ素8万5400ベクレル、約25キロ離れた南相馬市でもセシウム4040ベ
クレル、ヨウ素3万5800ベクレルを検出した。

 ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウム137は約30年間にわたる。長期間、
土壌が汚染されることにより、人体や農作物などに影響が出る可能性がある。

 放射線管理区域の基準値は1平方メートルあたり4万ベクレル。

 原子力安全・保安院は23日未明の記者会見で、福島県内の高濃度に汚染された野菜
が見つかったことに関連して、「セシウムは半減期が長く、場合によっては土壌を入れ
替える作業も必要になるかもしれない」と発言した。


政府の報道と余りにも大きな開きのある真実。

これを読んで下さい。

<福島原発=放射能汚染の真実>

*一番ひどかったのはやはり3月15日だった。それが今、水道の中に入って来てい
る。

*2号機というのは、すでに格納容器が破損していると東京電力も認めている。そこか
ら恒常的に放射能が出ていると思う。 3号機は今日火災があったけど、火災によってあ
んまり周辺の放射線量が変わらないと言っている、ほんとにそいうなのかな?と。

*原発から40キロ離れた福島県の飯館村の土壌から。濃度の高いセシウムが検出され
という発表。これ通常の1600倍だった。放射性のセシウムを含んだ雲が、流れて
いって土にくっついたということだ。

*そこで育てた作物を食べると、口に入れたときに内部被曝になる。

*今日報道された1キログラム当たり16万ベクレルという値のセシウムの土地は放射
線管理区域にしないといけない。「放射線管理区域」は、一般人が立ち入ってはいけな
い区域。日本の法律の基準をはるかに超えている。
(こういった事実を、メディアはまったく報道しない)

*許容限度を超えた被曝というのが、ものすごく広範囲で広がっている。40キロも離
れた飯立町では、放射線量の管理区域(一般人立ち入り禁止区域)にしなければならな
いほどの土地の汚染が起きている、ということになると並大抵なことでは避難とか、そ
ういう対策をとりようがなくなってきている。

☆参考情報
2011/03/23 13:39 【共同通信】
放射能被害隠す国とマスコミ 武田邦彦中部大学教授の発言 福島原発事故 1カ月で
白血病の危険も 2011年3月21日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/housyanouhigaikakusukunitomasukomi.html

☆参考情報
京大原子炉、小出裕章さん 福島原発事故、全文聞き起こし(3月23日毎日放送ラジ
オ・たねまきジャーナル
http://satehate.exblog.jp/


本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

shinminato_main_photo01

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう