大峠の超え方 その1

スポンサードリンク

さて、関係ない話ですが、皆様はシュールレアリズムというのはご存じかと思います。つい最近まで東京・六本木ではこういう展覧会をやっていたようです。

シュルレアリスム展 パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による

サルバドール・ダリさんとかルネマグリットさんというのが有名かと思います。
2/9~5/15までやっていたようです。なんというタイミング。

こういう絵です。
クリックすると大きくなります。
dari4.jpg

dari1.jpg
magrid4.jpg
magrid1.jpg
magrid2.jpg
magrid3.jpg

要するに。訳が分からない絵。意味が分からない。
はぁ?何なの?何を意味してるの?何を表現したいの?
ぽぽぽーん。
こういう絵が1920年代にあたりにヨーロッパで昔流行ったのですが、こういうのをシュルレアリズムと言う訳です。
うーん。
意味が分からない。。
しかし何か惹かれるところもある。

ワタスはこのマグリットさんは前からちょびっと好きでしたが、どことなく物哀しげで透き通る寂しさ。
こういう非現実感というか、空想の世界というか。現実とは一風変わった幻想の世界を表現して楽しむのがシュルレアリズムです。

さて、原発情報ですが。
もはや真面目に考えてはいけない。
もうワタスはこういう情報は書きたくない。この金玉などという名前のブログ。なぜかアクセスがある。ちょっとでも皆様に役に立つかと思って書いてきたのですが、もはや意味が分からない。
書きたくない。

このブログももはや公開できる時期も短いと思っています。
ワタスのブログ。長々とやってきたのですが。もはや一番伝えたかったことを伝えよう。

どうせこのブログはふんどし一丁の人の個人ブログ。
何を書こうが完全無欠。ワタスの自由。今後は、ワタスの伝えたいことだけを書く。

ヒャッハーー。
最近、ワタスは散発屋に行って、かなり髪を短くしてきますたよ。
といっても切る髪の毛もそれほどなくモヒカン刈りにしたかったのですが、単なる坊主頭になってしまいますた。
くほほほほ。

もうあれもこれも書いている時期ではない。
整理整頓、散髪、文章整理。

良いですか。
前からワタスはずーっと言ってきました。
これからの世界。どういう世界なるのか。

皆様はどういう世界が来ると思いますか。
ワタスの感覚で言う話です。何の根拠もありません。
それは例えて言うなら、こんな荒削りな世界ではない。
ワタスの文章だってこの荒々しい獣世界にいるからこうなってしまうのです。
本当は、牛乳は飲まない方が宜しいのではございませんでしょうか。くほっ。
などというお上品な文章にしたいのです。

今後来る世界は、何と言うか精妙で、妖精の住むような世界というか。
だから、我々の今の文明は入っていけないのです。
原発などという汚れたものは入口にすら入っていけないのです。

これからどう生きるべきなのか。
あなたは何を根拠に生きてきましたか。

良くこういうことはありませんか。
本当はこうしたいんだけど、世の中の常識的には、ちょっと。。
親がどういうか分からないとか。世間がどう思うか分からないとか。
本当はこれが好きなんだけど、人がどう思うか分からないからやめとこう。

あなたが世の中の常識と思うもの
放射能まみれの福島産牛乳を知事さん達が腰に手を当ててグビグビ豪快に飲み干す。学校の給食にもばんばん出す。
へー
そういうのが常識なんですね。素晴らしい。

放射能に汚染されているのにぽぽぽぽーん。テレビではまた以前と同じことを始めています。グルメ番組、お笑い番組。
ぇええ?
この秋から福島の人達が被曝症状が出て大量に死んでいくのに。福島で既に初期症状が出始めているという情報があるのに。これから子どもたちが大量に死んでいくのにぽぽぽぽーん?
それが常識?
へー

ルネマグリッドさんやサルバドールダリさんも目ん玉をひんむいて驚くでしょう。
こ、これは芸術活動なんだ。この21世紀の極東でこのようなシュルレアリズムの爆発を見ることができるとは。

dari3.jpg

ダリさんも乳房をわしづかみしながら驚嘆していることでしょう。(なんか苦しそうですね。。)
命を賭けた豪快な芸術表現。

前から言ってきました。
こういう事態になって頼るべきは何ですか。
あなたの心。
答えは心の中にある。

考えるな。感じるんだ。

ああでもない。こうでもない。
こうすれば助かる。右往左往する時期は過ぎましたよ。
外の世界の物差しに依拠しながら生きると今後頭がおかしくなりますよ。
シュールレアリズム運動になる。
いまさら芸術活動をしてどうするんですか。

心の中の声に集中せよ。
気づいて。気づいて。
もう時間がない。

世の中にはいろんな物差しがあります。誰かが決めた基準。物差し。
全て、どっかの誰かが勝手に決めたスカポンチンな幻想にすぎないのです。

内側にあるあなたの心の中の羅針盤をぶち壊され、意味不明なシュルレアリスムの外界の物差しを正しいと信じてしまっているあなた。
今のシステムの常識についていってはダメだ。それはもう壊れ始めている。
その先は断崖絶壁なんだ。

あなたを縛るものはもはやないのですよ。なぜ気付かないんですか。

ブロ友様の何名かはすでに世の中の常識が通じない人達になってますよ。ワタスも毎日モヒカン刈りでパンツ一丁で暮らしています。

考えるな。感じるんだ。

外界に答えはない。
早く心の中の光を思い出すこと。
誰にでもある心のなかの光。全神経を集中すること。

内からの声はあまりに精妙で弱々しく、しかし根気よくずっとあなたにささやきかけて来た。
光が導いてくれる。

今後、シリーズで書きます。
大峠の超え方シリーズです。

続きはまた。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう