地震情報 映画2012年のおさらい

スポンサードリンク

さて、昨日は静岡で震度5の地震があったようです。
ワタスの住んでいる場所も結構揺れたようですが、ワタスは眠りこけていてさっぱり気づきませんですた。

shizuoka_20110801.jpg jishin_20110801_1.jpg

そのちょっと前は福島で震度5強がありますた。

jishin_20110801_2.jpg

最近は、震度5が普通になってきてしまいましたね。
今も太陽黒点が100以上の日が続いています。太陽フレアも。C級のものが13回が続いてM級のものが1回来ているようです。

20110802_sunspot.jpg
http://swc.nict.go.jp/sunspot/latest30sunspot.php

あきらかに太陽活動とリンクしている。
ワタスは前からポールシフト、ポールシフトとしつこく言ってきたのですが。

はぁ?勤務シフト?
ポールシフトだこの野郎!
皆様の反応はそんな感じで、いまいちですた。
3/11のちょっと前にも6月頃から誰でも分かるようになると、ポールシフト記事を狂ったように書いていました。

映画2012については前から良く載せているのですが、おさらいを書いておきます。
ワタスは、この映画は単なる災害映画、SF娯楽大作ではなく、実際にこれから起こるであろう情報を元にして作ったシミュレーション映画だと前からしつこく言ってきますた。
久しぶりに映画2012年の場面をもう一度載せておきます。

太陽からの放射線と地層内部の物質の化学反応、ケミカルな反応が起きている。今起きているのは単純に科学反応なのです。
000154.jpg

000155.jpg 000156.jpg

映画の始まりは2011年です。
000157.jpg

主人公の父親は日本行きの船に乗るのでしたね。
000158.jpg

磁場が徐々に弱くなっていき、急激にゼロになる。
000159.jpg

日本沿岸で大地震が起きる。そうして父親の乗った船は津波にのまれるという場面です。
000160.jpg

000161.jpg

この映画では日本海岸に地震があることになっていますが。
000164.jpg

ニュースで流れる東京の地震
000165.jpg

かなりの規模で水没したというニュースに呆然とする場面
000166.jpg

何をバカな。。単なる映画の話でしょ。
そう思う人は思えば良い。

これだけ、地震が起きていてまだ、海岸沿いや都市圏に住んでいる人。
鈍すぎる。。
一般常識レベルの類推で、ここにいては危ないと普通に思うでしょう。何を考えているんでしょうか。

まぁ、シュールレアリズム。
音と映像の出る電気箱ばかり見て洗脳されているので、本能が働かないのでしょう。未だに福島に住んでいる人もそうですが。救いたくても救えない。もう助けられない。

未だにこのスカポンチンな資本主義経済システムが続くと思って、会社を辞められない。会社に通うしかないなどと未だに寿司詰め電車で津波で水没する地域に通っている。
あれこれ打算ばかり、辞めると再就職できないとか。
貯金はこれだけで、今辞めると家のローンの支払いがどうだとか。
そういう計算ばかりしているからそうなってしまう。

未来など誰も分からない。
今後どうなるかなどどこにも載ってない。ネットを検索したって出てこない。
出てくるのはまぁ、予言とか噂話の類で、このブログに書いてるのも確たる証拠があるものではない。

考えるな感じるんだ。
あれこれ打算で生きるのではなく、自分の直感に従え。
自分が危ないと思えば、辺りかまわず逃げるんだ。
いつもそう書いてきているのに。
まぁ、もはや直感どうのこうののレベルではなく常識のレベルになってきている。

この期に及んで都市部や、海岸近くに住みつづける人は覚悟を決めた方が良い。
完全自己責任です。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう