本当はみんな家族

スポンサードリンク

さて、資本主義崩壊や地震の話はさておき。
お盆の季節なので親類が家に来ています。
今日と明日は、恒例の家族そろったバーベキュー大会、花火大会なのです。
これから買いだしに行ってきます。
一年に一回はみんなで揃ってご飯を食べる。お盆は家族で集まる。

さて、ワタスはかなり古臭い車に乗っています。
人が見ると、かなり年期の入った車なので親類は買い変えたら?というのですが。
ワタスは気にせずのっています。

良く言われるので、これは外車のビンテージものでかなり高いのですよ。
くほほほほ などと冗談を言っているのです。良く見ると国産車のマークがついていたりするのですが。いつか外車シールを買ってきてカモフラージュしようと思っています。

ワタスはいつも思います。
世の中にはいろんなタイプの車がありますね。
しかし、車は車ですよね。なんだって言うんでしょう。ベンツだとかBMWだとか。プリウスだのマーチだの、セレナだのヴィッツだの。いろんな名前の車がありますが。何なんでしょうか。何が違うんでしょうか。いろいろこういう車が良いとか、高級車に乗って自慢しているのですが。

それは車に乗っているのではなく、三重ナンバーの見栄ぐるまに乗っている。

見栄。

何とも人間の不要なゴミ。
巨大な遊び。
本来人間とはものを食べてウンコをして寝るだけの生物です。
であればそれほどエネルギーは消費しないですよね。
ワタスなどキュウリの味噌づけを食べて、翌朝キュウリのようなウンコをするだけです。
この河童野郎!
ちょっと脅したりすると物陰に隠れてプルプル金玉を震わせて怯える。
キュウキュウ。
何とも可愛らしくエコな生物です。
そこに見栄という馬鹿げた妄想をくっつけると巨大なエネルギー消費を行う。
可愛らしい生物が何もかも食べつくすモンスター生物に変身してしまう。
怪獣ミエゴンです。
円谷プロの作品にカネゴンという怪獣が出てきますたが。

bb9731-item300.jpg

あなたが都会の高層マンションに住んでいる。
それって見栄に住んでるのですよね。

洋服を着ている。いえ、見栄を着ているのです。

勉強をしている?いいえ。知識を身につけているのではなく見栄を身につけているのです。

そんな見栄のために何十年ローンを組んで、寿司詰め電車に乗って。
大変ですね。。
地震や放射能の中で見栄のために死ぬわけですか。
ご苦労なことですね。。

ワタスは伊勢女さんの予言、以下のフレーズが心に残っています。
偽りの都は滅びる
偽りの都は滅びるの偽りの都はどこ? →けがれた地のこと。(高層ビル群・東京スカイツリー?・巨大な観覧車・港)

実は外面は綺麗に着飾っても、水面下でジタバタしている人の集まり。
偽りの都なのです。

そういう見栄という妄想。
どこかの誰かが作り出した妄想。物差し。
そのようなもので自分を塗り固め、追い求めてひーこらローンを抱えて生きている。

マスゴミでは華やかに笑ったタレントがグルメやお笑い番組をやっている。
例えばです。
マスゴミが今日からこういうふんどし姿の日本男児が今のトレンドです。
眼鏡をかけてはげ頭で、半裸体で。
これが今はやりのイケメンです。
「嵐」、ならぬ「ふんどし」などというアイドルグループが出き上がる。
松純ならぬ玉純とか。
電通マスゴミを使って一大キャンペーンを張ったとしましょう。

全然関係ないですが、これは嵐のモンスター

え、ぇえ?
そうか、今はあんなのがイケメンなんだ。
エステに行って髪の毛ぬいてこよう。眼鏡をかけなきゃ。
ふんどしはどこだ。
あのような純白のふんどしを買うんだ。
電車の中でも半裸体の人が増えて行きます。

どっかの誰かがそのような基準を決める。
あなたは普通に生きてるだけなのに、その基準に合わないだけでとたんに不完全な存在、イケてない駄目な人になってしまう。本来の自分を曲げて、スカポンチンな基準に合わせようと無理をしだす。

例えばです。
犬が歩いているとします。
ある犬は綺麗に毛並みがカットされ、ペット用の服まできせられたプードルだとしましょう。
ある犬は、健康的で可愛らしい柴犬だったとします。
別にどっちが上とか下とか。

犬は犬じゃないか。
普通にそう思うだけです。

世の中にあふれる基準など、そんなものです。
人工的で不自然極まりない。単なる妄想です。

良く考えてみて下さい。
劣等感と優越感というのはまったく同じものです。
方向が逆なので別物と思っているでしょうが、まったく同じ心の動きです。

スカポンチンな物差しで測って、人を否定するのが優越感。
その物差しで、自分を否定するのが劣等感です。

まったく同じことです。

たいていの人はいつも心の中でこういうことをやっています。
「俺の方があいつよりも数学の点数で勝った。くほほほ」
「今日は、私の方があの人よりも売り上げで勝ったわ」
「私はあの人よりスタイルが良くて美人。勝ち組ね」
「あいつは俺より狭い家に住んでいる」
「私の方が精神性は上だ、私は選ばれて生き残る」

下らない妄想ですね。
そういう妄想を取り払えば、実は人間はみんな同じ。
兄弟だと思い出すでしょう。

兄弟の中で、俺は弟よりも優れている。俺は姉よりもできる。
馬鹿ですか。
同じ家族じゃないですか。

外の基準を追い求めることはつまり、家族から離れるということです。
家族なのに、外の基準に照らし合わせて俺が上、あなたは下。
それは元々つながっているものからの分離独立です。
そっちに行ってはならない。そっちは寂しくつらいだけの道なのです。

汚い車に乗っていようと、綺麗に着飾って外車にのっていようと。
人間は人間。

何か食べてウンコして寝る生物です。
ただそれだけです。
馬鹿な基準を追い求めるのはやめろ。
心の中のお馬鹿な雑音をうち消せ。

そうすれば、心の中の本当の声が聞こえて来る。
家族達の声が聞こえる。あなたを受け入れ守ってくれる家族達の声。
本当はつながっているのです。他人と思っているだけで本当は一緒の家族なのです。
そちらに耳を澄ますことです。
本当の家族、みんな同じ。
つながることです。
早く思いだして繋がることです。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう