自民圧勝と2019年以降戦争への流れへ 安倍ちゃん男人形決定!

スポンサードリンク

さて、選挙では自民が圧勝とか。

まぁ、最初からこの結果は分かってたので馬鹿馬鹿しいので選挙云々は取り上げませんでしたが。

選挙前は希望の党や小池百合子さんを持ち上げて騒いでた人がいましたが。

選挙の味付け役。ガス抜き役に引っかかってバカなんでしょうか。
あれは、ちょびっとだけ馬鹿な市民に希望を与えおこうか。
それだけのことです。

大山鳴動して自民圧勝。
こんなことは最初から分かってたではないですか。

そんなことよりワタスが着目したのは以下です。

池上無双、新兵器「悪魔辞典」で爆笑起こす 【希望】…失望までのつかの間の喜び
http://news.livedoor.com/article/detail/13784486/

衆院選が開票された22日夜、テレビ東京が放送した“池上無双”でおなじみの開票特番「池上彰の総選挙」で、冒頭、司会の池上彰氏が事前に秘密兵器と称していた「政界悪魔の辞典」を披露した。
池上氏が「政界・選挙で聞く“あの言葉”」を風刺を効かせて解説したもので、画面上で次々に映し出された内容に、出演者が笑いをこらえる場面も。
ネット上では「悪魔辞典すげえ」「悪魔辞典おもしろすぎる」と爆笑するコメントが殺到した。
以下は紹介された一部。

【リベラル】 左翼と呼ばれたくない人たちの自称。
【総選挙】政権選択選挙。AKB48のセンター選びの方が有名。
【公約】投票前は多くの人に知ってほしい。選挙後は早く忘れて欲しい。
【赤旗】共産党の機関誌。スポーツや芸能面が意外に充実。
【解散】全員を一瞬で無職にさせる総理の宝刀。乱用にご注意。
【開票速報】翌日になればわかることに必死になること
【希望】失望までのつかの間の喜び。
【供託金】お金持ちはこの金を没収されてもいいから有名になりたい。
【下馬評】誰が当選するか無責任に予想するが意外に当たる。
【カバン】中にたくさんの選挙資金が入った鞄。皆から狙われる。

くほほほほ。
いや、池上さん良いですね。
こういう簡潔表現。風刺が効いて素晴らしい。

まぁ、普通に考えて一般常識のある人なら分かるでしょう。
今まで通ってきた法案の数々。

・特定秘密保護法成立(13年12月)
・集団的自衛権容認(14年7月)
・日米防衛協力ガイドライン18年ぶり改定(15年4月)
・集団的自衛権行使の安全保障関連法が成立(15年9月)
・共謀罪成立(17年6月)

アホか。

こういう戦争関連法案がちょっとずつ通ってるのに
今回の選挙でひっくり返るわけがないでしょう。

支配者層は、ずーっと前から準備してるのです。
それで今回は北朝鮮もぶっ放した後の唐突な選挙。

いよいよ仕上げに入るか。
ただそれだけのことです。

もう提灯新聞、いや産経新聞が書いてるではないですか。

http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220062-n1.html
第48回衆院選は22日、投票が行われ、一部地域を除き開票された。自民、公明両党で定数465の過半数(233議席)を制し大勝した。
最終的に憲法改正の国会発議が可能となる3分の2(310議席)が確実な情勢だ。安倍晋三首相(自民党総裁)の約5年間の政権運営が信任され、来年秋の総裁選3選に向けて道が開けた。

次に来るのは憲法改正。
そして戦争。

普通に一般常識があれば、そうなるのは猿でも分かることです。
こんなのは、ずーっと前から決まってることです。

だいたい選挙など、一般庶民にちゃんと民意を反映してますよ~。
国民主権ですよ~。
そう思わせるための劇場装置に過ぎないのですから。

野党も与党も両方コントロールしてる単なるお笑い劇場なのです。

前からtwo partyシステムだと書いてるではないですか。

裏では日本赤十字社の理事になるような貴族達が全部決めてるのです。

選挙云々、希望の党応援とか立憲なんとかの枝野さんを応援とか。
アホか。。
最初から応援するだけ無駄な話です。

で、ワタスは選挙云々ではなく、貴族のメッセージ。
以下に注目しました。

これで、戦争は2019年半ば以降だと思いますた。

https://mainichi.jp/articles/20171021/k00/00m/010/094000c

天皇陛下退位「19年3月末」有力 新元号は4月から
天皇陛下の退位日を2019年3月末とし、同年4月1日に皇太子さまが新天皇に即位される日程が政府内で有力になった。「平成」に代わる新元号は、4月1日から施行される見通しだ。政府は22日投開票の衆院選後、年内にも首相ら三権の長と皇族らで構成する皇室会議を開いて日程を正式決定する。

Sponsored Link


以前の、トークライブに来てた人は覚えてるかもしれませんが。
地底人さんが爪電気で言ってましたね。

2019年の半ばから感覚がなくなる。
こっから先が進まない。

以下2013年に載せた記事を再度載せときましょう。
あの世見の松原さんが書いたものです。
覚えてるでしょうか。

今回の選挙で、この松原さんの25年前の予言がいよいよ現実味を増してきましたね。

興味深いので再度載っけときます。

ムーのブログさんより

数日前から、「世見」の松原照子氏による25年前の予言が話題になっています。  
松原氏は1987年1月に宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ(現代書林)という、災害に関する予言が満載の貴重な本を出版している。 すでに絶版で、現在古書サイトでは、定価820円の本に1万円以上の値がついているところもある。
一部のオカルト通からすると、喉から手が出るほどほしい本だろう。  

本書が出た頃、松原氏は、「JAL羽田沖墜落事故(1982年)」「フォークランド紛争(1982年)」「メキシコ大地震(1985年)」「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故(1986年)」「三宅島・大島などの火山噴火」など、さまざまな予言を的中させていた。当時からすでにオカルト系雑誌『ムー』(学研)にも取材され、日本有数の予言者となっていたのだ。  

ところで、本書には、「政治はこう変わる」という見出しで、当時の中曽根首相や、竹下氏、宮沢氏、福田氏といった自民党の主要人物が今後どうなるかを書いた後、日本の政界の今後を予言した部分に、謎めいた記述がある。

恐怖の男・安倍氏は、男に生まれながら男人形として、日本の名で世界を歩くでしょう。『はい、わかりました』、この言葉をためらわず言える政治家は生き少しでも躊躇した政治家に、いい役が回ることはありません」  これは、大国アメリカの操り人形として動く政治家のみが生き残るという意味ではないか。

「恐怖の男・安倍氏」というのは、普通に解釈すれば、現在の安倍晋三首相の父である安倍晋太郎氏のことを言っていると取れる。だが、本書の出版時、安倍晋太郎氏は自民党総務会長で、次に自民党幹事長にもなったが、本が出た翌年にはすい臓がんを患い政界を退いたという経歴を見ても「恐怖の男」と呼ぶべき要素はないように思われる。
とすると、これは1987年に安倍晋太郎氏の幹事長秘書となった次男の晋三、つまり現在の安倍首相に対する予言なのではないか。

松原氏の言葉は、こう続く。 その人こそ、わが国が『戦争』の言葉を身近に感じる流れを作る人物であり、操り人形です。政治家たちのランクを、国民1人ひとりが見極め、日本の国のために命を捧げられるほどの人間選びをしなければ、草も口にできなくなります  今月の参議院議員選挙で、安倍首相率いる自民党が圧勝したが、安倍氏の政策では、「戦争」「原発」の2つのキーワードが「恐怖の男」と呼ばれるに相応しいものとして浮かび上がってくる。  

安倍首相といえば、憲法改正論者であり、15日に行われた長崎国際テレビのインタビューでも「われわれは9条を改正し、その(自衛隊)存在と役割を明記していく。これがむしろ正しい姿だろう」と述べている。
これは、「戦争の言葉を身近に感じる流れを作る人物」という描写に当てはまるのではないだろうか。  次に、もう1つのキーワード「原発」について。松原氏が述べた「草も口にできなくなる」という表現は、原発事故と関係があると考えられないだろうか? 今後起こるである南海トラフ地震などで原発事故が発生すれば、そういった状況は想像に難くない。  

そして、この章の節の最後に、「人形政治家を選んだのもまた国民ということです。これもひとつの人災です」とあるが、安倍首相が人形政治家であるならば。これは現在の日本について言っているのではないかと解釈できないだろうか。

『宇宙からの大予言』が書かれた1987年には、まだ現在の安倍晋三氏は自民党幹事長である父の秘書であり、政治家にもなっていなかった。そんな人物の25年も先のことを本当に予言していたということだ。自民党を選択したのは日本国民であるが、松原氏の予言どおり、原発事故や戦争が待ち受けているとしたら、大変な選択をしてしまったかもしれない。
ほかの予言に関しては、また別の機会に紹介することにしたい。

そう。

はい。分かりますた!!
そうやって貴族様の命令のままに動く安倍ちゃん。

超絶無双な男人形安倍ちゃん。

もちろん攻め込む先は北朝鮮、そしてその先の中国東北部に決まってます。

2019年半ばに北朝鮮から核ミサイル被弾。
そしてその報復に日本が大陸に殴り込む。
シナリオは決まってるのです。

反対するだけ無駄。

一般庶民ができることと言えば、早めに抜け出して山の上から高みの見物。

その昔、あの関が原の戦いでも付近の農民は、お弁当持参で山の上から見物してたと言います。

ったく、馬鹿な世の中だな~
勝手にやってろ!

まぁ、ワタスはその日のために毎日、長野の極寒の山の上から見物しているのですが。

本当にありがとうございますた。

 

 


※直近イベント:
トークライブin新宿 ハチソン効果 11/29(水) 18:00~ (30日→29日に変更になりました)
当日払いは立見席になります
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう

1 個のコメント