もどってきたアミ だれかに対して非難する心があれば、まだ綺麗じゃないんだよ

スポンサードリンク

さて、時たまこういう話を載せるのは気にしないで下さい。
自分が大事なことを忘れないようにするためです。

最近、この本をペラペラめくってたのですが。

可愛い表紙ですよね。

ワタスのお気に入りの本です。

こんな一節を読みました。

もし他人の非難すべき欠点を、克服できる欠点と見ることができるとき、きみはもうきれいな身になっているよ。
だれかに対して非難するようなものをもっているかぎり、まだまだきれいじゃないんだよ。

ちょっと、ハッとさせられる一文でした。

他の人を非難したり声を荒げて怒ったり。

最近は、なんとか学園の話。
アッキード事件とかなんとか連日テレビとかネットでやってますが。
ワタスは全然興味ないんでスルーしてるんですが。

最近はどうも世の中、ほんとに分かれて来た気がしますね。

他人をしきりに非難する人。スルーする人。

人間50年~。
とは織田信長さんが言ったことですが、現代はちょっとのびて80年。

富も名声も。
死んだらあの世に何も持って行ける訳でもなし。
何をそう人は争うのか。

当たり前ですが、持って行けるのは魂だけです。

ワタスは霊界に行くと、この世よりもっと似たもの同士が集まる世界にいく。
あの世は物理的制約がなくなって更に似た者同士がぴったりひっつく。
そういう話を聞いたことがありますが、
確かにそれはあるかもなぁと個人的には思ったりしてます。

だったら自分が人を批判するばっかりの人だったら、
そういう似たもの同士の魂の集まりに行ってしまう。
それが昔から言ういわゆる地獄と言えば地獄ではないでしょうか。

ワタスはそんな魂の集まりには行きたくない。

この世界で何を目指すのか。

富や名声。
そういう物質的なこと。
しきりにそれを目指してたら、そりゃ早く豊かになりたい。
そうやって気持ちがイガイガして他人も責めたくもなるでしょう。

人が気になってしょうがなくって、嫉妬の鬼になる。
ちょっとでも良い目を見てる人の足を引っ張りたくもなるでしょう。

でも、そんなこととはまったく関係ない方を目指すなら。

今日どんだけ苦労して働いたかも、それは魂を磨くため。
今日の嫌な出来事もどれだけ明るく楽しい方向に気持ちを向けられたかの練習。

今日もあの人に優しくしよう。
今日も明るく挨拶してみよう。
家族に優しくしてみよう。

ちょっとそっちの方向に気持ちを向けられるんじゃないかと思います。

世の中がうるさい中。
大事なことはなんなのか。
どっちを向いて生きるのか。

それで根本が大きく変わって来ますよね。

ちょっと久しぶりにアミに気づかされたことでした。

本当にありがとうございますた。

これはアミの朗読動画です。
とっても良いので聞いて見て下さい。


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう