波動学 匂いや香りは脳に直結する

スポンサードリンク

くほほほ。

さて、昨日の波動学。
皆様お疲れ様でした。

ったく、あんたも好きね~。
今回も沢山の皆様がやってきました。

以下、昨日の波動学でお話した内容を載せておきます。

昨日の内容は、要約すると「自分の尻の穴の匂いを嗅げ!」
考えるな嗅ぐんだ!

そういう内容ですた。

途中で入って来た人が驚いていました。
部屋に入ると50人近くの人が、何やらお経のようなものを唱えていて、
前を見ると尻の匂いを嗅げと書いてある。

どんな集団なんだ。

正直、怖かったと言ってますた。

ガクガクガクガク
確かに新宿にワタスもいきなりこんな集団を見たら。
なんてカルト集団なんだ。

正直、膝の震えが止まらないことでしょう。

地底人さんは言いました。
目で見る視覚、耳で聞く聴覚。
これらは信号を一度処理してから脳に入れてる。

でも、臭いの嗅覚は別なんだ。
これは脳みそに直結してるんだ。

だから臭いは、一番ダイレクトに脳に伝わるんだ。

良く、犬や猫が初めてあうとお互いにお尻の匂いを嗅ぎあいのは
あれは相手がどういう人物なのか。
育った環境。所属組織、家族構成。
等々、臭いを嗅ぐとその人物の背景が分かってしまう。

だからあれは名刺交換みたいなものなんだ。
そう言ってました。

うーん。素晴らしい。
確かに動物はお尻の匂いを嗅ぎあう。
あれは名刺交換だったんだ。。

そして地底人さんはこうも言いました。

将来、人間も名刺代わりにお尻の匂いを交換する時代がやってくる。

まず自分の手をア●ルに持っていき、それを相手の鼻先に持っていく。
えーっと私はこういうものです。

くんくん。

なるほど、そういう方だったんですね。
それで相手の背景が一瞬で分かる。

そうやって情報交換する時代がやってくると言ってました。

ワタスは絶対そうならないと思いますた。
っていうか、なってほしくないわ。

市役所に行くとアナルマイスターという人の肛門の匂いの嗅ぎ分けの達人がいて、
それで色んな出生届とか移転届とかの手続きが進む。

そうなる時代が来るでしょうと言っていました。

来る訳ねぇだろ!
当たり前ですが、そう心の中で突っ込んだのは言うまでもありません。

ところで、この話で思い出したのは、以下の話です。

うつ病の人は、ミカンだとかレモンだとか。
そういう柑橘系の香りを嗅ぐと治るという話です。

http://www.utsu-academy.com/lecture/life/limonene_l_150907/
三重大学で行われた実験では、10人のうつ病患者に対してレモンの香りを毎日嗅ぐよう指示しました。
2カ月間嗅ぎ続けてもらった結果、10人中9人は抗うつ剤を必要としなくなり、残りの1人も、抗うつ剤の量が半分程度になったと報告されています。

これも、嗅覚が脳にダイレクトにつながってるせいなのでしょう。

うーん。

自分のお尻の匂いを嗅げだとか。

毎度毎度、ギャグだか本当だか分からない話をする地底人さん。
地球人を変態道に誘い込もうとする地底人さん。

でも、実は地球科学が進んでないだけで、本当のことを言っているのでは?
そう思いました。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう