地震情報 電通大早川教授の予知するアンテナ

スポンサードリンク

さて、このブログはその昔。
連日のように巨大地震くるくる。

月刊ムーの愛読者であったワタスは、その販促キャンペーンを完全に信じてしまい。

そ、そうなんだ。。
これからニビルがやってくるんだ。。
そしてポールシフトもやってくるんだ。
その年は、3.11などもあったこともあり。

いかん!
2012年に本当に本番が来るんだ。
完全信じ込んでしまったのを覚えています。

それで2012年。
待てど暮らせど、うんともすんとも巨大地震は来ませんでした。

いや、2012年はマヤ暦の計算間違いに違いない。
2015年秋こそ本番。

今度こそ。
大量の物資を蓄え長野の極寒の地にまで転居し。
そのようにして連日のように地震くるくると騒ぐワタス。

今思えば何をあのようにトチ狂っていたのか。
このスカポンピン!
目を覚ませ!
当時の自分を見たら穴があったら地中深くねじ込みたいぐらいです。

さて、このブログはそのようなハイパー過ぎる経緯もあってなのか。

未だに連日のように

玉蔵さん。
明日、M9来ます。ご注意下さい。
そのような読者様の熱烈なお便りが来ることがあるのでした。

そうですかM9ですね。
気をつけます。

って、あんたね。
そんな毎日M9M9って。
そんなに毎日M9が来てたら股間が激しく収縮して使い物にならなくなるわ。

もうそろそろ落ち着きましょう。

良いですか。
もうワタスは地震は卒業したんですよ。
地震くるくると騒いだあの頃。
大量の備蓄品をリュックに詰め込んだあの日。
まるで遠足の前日のように楽しかったですね。

でも、もうそれも良い思い出として今後はもっとお互い別の分野で頑張りましょう。
そのように読者様に菩薩のような心持ちで諭してあげたいぐらいなのです。

とかなんとか。

さて、とは言いつつ。
確かに先月2月はニュージーランドでクジラ600頭が打ち上げられた。
3.11の一ヶ月前に同様のことが起きました。
またぞろ、いつにも増して全国の地震ファンの方のお便りが増えることは無理からぬことです。

しかし、落ち着くんだ。
以下、各種グラフを見たのですが今のところそのような動きはありません。

地震を予知しよう!地震前兆グラフ集 保存版

スウェーデンのグラフには反応はありました。

しかし京大のグラフには反応はなかった。
柿岡(KAK) · 女満別(MMB) · 鹿屋(KNY) は変化なし。

http://wdc.kugi.kyoto-u.ac.jp/plot_realtime/quick/201703/index_20170307.html

と言うわけで、日本方面ではないかと思います。

Sponsored Link

ちなみにあの電通大の早川教授をご存じでしょうか。
早川教授は電離層の電波異常で地震予知をする人で、前にも何度か取り上げました。

この人は、最近かなり当ててますね。

で、この早川教授が新しいサイトを作ってました。予知するアンテナと言います。

http://yochisuru-antenna.jp/Page/index/pageid/1001/index.html

予知するアンテナ

 

有料サイトで月額500円でした。

このサイトは、現在の危険度を顔アイコンで教えてくれます。

今のところ危険度高の顔マークは出てませんでした。

直近は以下の警告が出てました。
茨城から東北にかけてM5程度。

先日に続き、南東北から北関東で揺れを感じる地震が起きそうです。陸域の地震ではM5.0程度、海域ではM5.5程度になる恐れがあります。

Sponsored Link

と言う訳で、M9来ますと言ってる人。
そこまで心配する状況じゃないんじゃないでしょうか。

ちなみにワタスは今は、東大村井教授と電通大早川教授の2名の情報を見てます。

村井教授の方は大まかな流れ、早川教授の方は直近の動き。
この2名をチェックすれば地震についてはだいたい事足りると思ってます。

ちなみに以下はおまけ情報。

連日、地震くるくると震えてるあなた。
ちょっと安心?できる情報を載っけときます。

前から言ってるように、ワタスには自称宇宙人というファンが沢山います。
そういう人達はてんでバラバラの情報を言うのですが
時々、共通してる話もあります。

こと大地震については、今のところ共通してるのが2018年冬です。
ここら辺は何故か自称宇宙人さんの中で災害が起きると言ってる人が多い。

そして2019年の氷河期。
これも多くの人が言ってます。

で、ちょっと以下。これは易経の人なのか。
災害と氷河期が微妙に同じ時期を言ってたので気になりました。
動心学というそうです。

トカナさんのサイト

http://tocana.jp/2017/03/post_12502_entry.html 

2019年に巨大地震、そして氷河期へ! 3.11と9.11を的中させた学問「動心学」で分析する戦慄の未来(みさと動心インタビュー)


「動心学」とは、自然科学の法則に基づき“運命を分析する科学”だという。動心学において生命の基本・宇宙の摂理は「6角形」、そして人間の運命は6の2倍である「12のサイクル」を持つと考えられている。みさと動心氏が動心学を創始したのは1991年だが、近年は東日本大震災やトランプ大統領誕生を的中させ、かつてないほど動心学への注目が高まっている。気さくでハッキリした物言い、そして知的な雰囲気を醸し出し、年齢を感じさせない美魔女であるみさと動心氏が語った“戦慄の近未来”とは……?

■東日本大震災とトランプ大統領誕生は動心学で説明できる

――まずはズバリお聞きします。なぜ、動心学では東日本大震災とトランプの勝利を予測できたのでしょうか?

みさと動心  東日本大震災に関しましては、2001年にアメリカで同時多発テロが起きた時から予測しておりました。日本とアメリカは「陰」と「陽」の関係ですから、アメリカで災いが起きれば、次は日本で起きます。

 アメリカは動心学でいうところの(成長しきった)「形成体の国」ですので、テロが起きやすい国です。同様に、中近東から北欧にかけてもテロが起きやすいです。一方の日本は(自然界と同じ運命を 歩んでいる)「成長体の国」ですから自然災害に見舞われやすい国なのです。

2019年に巨大地震、そして氷河期へ! 3.11と9.11を的中させた学問「動心学」で分析する戦慄の未来(みさと動心インタビュー)の画像2


動心学の「運命の時間」図
撮影:鈴木淳(しながわてれび放送)

 そして、動心学の「運命の時間」の計算から、巨大地震が起きるのは日本の無季地点(苦手を克服する時間。苦手なことが次から次へと訪れる)に当たる「卯の年」、つまり2011年だとわかりました。そして実際に、東日本大震災は「卯の年」「丑の日」「未の時間」に起きたのですが、これを動心学の図に当てはめると、トライアングルが形成されます。恐らく運命が引き合った結果だったのでしょう。もう一点、動心学において地震は「巳」に象徴され、その対極にある「亥」は核を象徴するのですが、日本で核といえば原発しかありませんね。原発事故も予期されていたのです。

――では、トランプ大統領の誕生については?

みさと動心  トランプさんの勝利は、動心学の分析によって「一つの時代が終わり、常識外れなことが次々と起きてしまう時代になる」ということがわかっていたため、不思議なことではありません。それに、トランプさんとヒラリーさんの運勢を分析すると、ヒラリーさんは2016年の運勢がひどく悪かったので、トランプさんの勝利を予測しました。

■今後、世界情勢も地球環境も「氷河期」に突入!?

――なるほど。今後も常識外れな出来事が次々と起きてしまうのでしょうか?

みさと動心  現在は、まさに激動の時代です。トランプ政権誕生、イギリスのEU離脱、各国の右翼政権台頭などは、すべて動心学的に起こるべくして起きたことです。民主的だった今までの「連山易」という時代が終わり、人類の歴史はさまざまなものが崩壊する「帰蔵易」という冬の時代を迎えようとしています。地球の気象も“氷河期”にさしかかり、かつ不毛な地帯が増える“砂漠化”へと向かうでしょう。そして政治・経済も氷河期・砂漠化です。貧富の差もますます拡大します。

 また、これからはエネルギーが足らず再生困難な時代に突入します。季節が一気に変わることがないように、時代も一気に変わることはありませんが、2020年を節目にがらりと変わるでしょうね。

■2020年の世界、東京オリンピックはどうなる!?

――その2020年といえば東京オリンピックが開催されますが、本当にこのまま実現されるのでしょうか?

みさと動心  東京オリンピックですが、放射能汚染問題が解決していない現在の日本に、果たしてどれほどの人が訪れてくれるでしょうか。中止となると大問題ですので、大地震が起きない限り実現されますが、日本は大赤字で富裕国ではなくなります。これを機に貧富の差も拡大するでしょう。

――オリンピック前に大地震が起きる可能性はありますか?

みさと動心  動心学的に分析すると、起きるとしたら2019年の亥年です。もともと亥年には地震が起きやすいのですが、動心学の図においてトライアングルが形成されるタイミングは、良きにつけ悪しきにつけ莫大なエネルギーが引き合い、地震が起きる可能性が高まります。先ほども述べましたが、実際に卯と丑と牛のトライアングルが東日本大震災を引き起こしましたし、アメリカ同時多発テロは巳と酉と丑のトライアングルが引き起こしました。

――そういえば、1923年の関東大震災、1983年の日本海中部地震、1995年の阪神淡路大震災、そして1707年に2万人以上の死者をだした宝永地震と富士山宝永噴火、いずれも亥年に起きていますね……!

うーん。2019年って。
後2年も先じゃないですか。

どうでしょうか。
ガクブルしてる人。
これでちょっとは安心できたでしょうか。

あんまりM9、M9と言ってると心も体も萎縮するというものです。
M9は19年頃になって言いましょう。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント: ブロックチェーン入門 2017年3月30日(木)19:00 in新宿

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう