日月神示 そしてポール・ソロモンの予言

スポンサードリンク

さて、昨日はこんな動画を見てケタケタ笑っていますた。
ヒットラーさんの空耳集です。
これは人のいる場所で見るとマズイ。

うーん。確かにおっぱいプルルーンって言ってるわ。。

さて、先日は草も口にできなくなる。
今回の選挙でもう未来の戦争への流れは決まった。
そう書きました。

あのヒットラーさんは言いましたね。

結局、いまの文明は砂漠しか残さない。
しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。

ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。

今の文明は荒廃していく。
そして文明は二極化していくだろう。

最終的にその究極の出来事が起こり、一方はロボットのような奴隷人間になってしまう。
その一方で「ヒト科ヒト」を超えた「カミ科カミヒト」のような新人類が生まれる。
そう予言してます。

これは、あの日月神示にも同じ記述が出てきます。

富士の巻 第19帖 (099)
 神世のひみつと知らしてあるが、いよいよとなりたら地震かみなりばかりでないぞ、臣民アフンとして、これは何とした事ぞと、口あいたまま何うすることも出来んことになるのぞ、四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ 獣は獣の性来いよいよ出すのぞ、火と水の災難が何んなに恐ろしいか、今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ。

以下も不思議な記述があります。
半霊半物質の世界に移行するとあります。

五葉の巻 第十六帖

マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組。

ワタスはカミ科カミヒトというのは、この半身半霊の存在ではないかと前から思っていました。

ヒットラーさんは、結局、今の文明は砂漠しか残さない。
そして日月神示も、灰にせざる得ないところがある。

と言ってます。
なぜ、まったく違う予言が同じことを言ってるのでしょうか。

今の大量不用品文明、メガドンキ文明。
ワタスはそのことに思いが及ぶと、他のことが当たらないとしてもここだけ当たるのではと常々思ってます。

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)は、知っての通り、麻賀多神社(まかたじんじゃ)という千葉県成田市の神社でおろされた神示です。

以下は、麻賀多神社(まかたじんじゃ)です。

場所はここ。

千葉の成田市にあるんですね。
今度都内に行った時に寄ってきます。

1944年。
神典研究家で画家の岡本天明さんという人の筆先が突然
漢数字、独特の記号、抽象絵、そして、かなの混じった訳の分からない文字を書きなぐり始めました。

その当時は、書いた本人の天明さんにもほとんど読むことが出来ませんでした。
その後、その文字を神典研究家などの仲間が協力して解読したのが日月神示です。
神示の中に「この筆示は8通りに読めるのであるぞ」と書かれていました。

日月神示は、日本神話の最初の神さま
国常立尊(くにとこたちのみこと)(別名、国之常立神 くいとこたちのかみ)が書かせたものと言われてます。

で、日月神示の言ってること。

これは他にも同じようなことを言ってる人がいるんですね。

以前、ワタスと一緒に講演したこともある山田高明さん(元と学会)が指摘していて面白かったので張っときます。

ポール・ソロモンという人の予言です。
ポール・ソロモンさんとは、以下のような牧師さんです。

Sponsored Link

http://tocana.jp/2015/05/post_6404_entry.html

ポール・ソロモンという人物をご存知だろうか。
すでに故人(1994年没)だが、アメリカの牧師兼霊能力者で、エドガー・ケイシーと同じように、トランス状態においてリーディング能力を発揮したとされる。

しかも、キリスト教の既成概念を超えて輪廻転生を肯定し、太古のアトランティスや未来予言についても語っていることもケイシーと酷似している。  
また、現実の奉仕活動を主宰した点も特徴で、93年にはタイで奴隷状態にある子どもたちの解放に尽力した功績によりノーベル平和賞に推薦までされているため、その辺の自称霊能者の方々とは次元を異にすることがわかろう。

山田高明さんのブログの記事を張っときます。

山田高明さんのブログ 新世界より

同じ危機を訴える日月神示とポール・ソロモン

以前に、ポール・ソロモンさんと、日月神示などの「大本教系神諭」との類似性について触れました。どうも両者に降りた神霊は同じではないかと。

それゆえ、両者とも聖書時代を引き継ぐ現代の「預言」とも考えられる。

ちょっと薄いですが、拙著『神々のアジェンダ』ではこんな表を載せました。

同じ危機を訴える日月神示とポール・ソロモン

 さて、終末についてですが、日月神示はこう記しています。

「二度とない大立替」

「天地まぜまぜとなるのぞ、ひっくり変えるのぞ」

同じ様に、ポール・ソロモンのリーディングもこう言っている。

「この世代は、あなた方の知っている地球の記憶の中ですら見られたことのないほど大いなる変化、地球表面、大陸表面の変化を見ることになろう」

このように、両者とも私たちが想像もできない天変地異の到来を予告している。

しかし、つい右往左往したがる私たちを次のように戒めてもいる。

まず日月神示。(*以下、赤字は筆者による)

「どこへ逃げたら助かるのぞと云う心我よしぞ。何処に居ても救う者は救ふと申してあろうが」

身魂みがけた人間ばかり、神が拾い上げてミロクの世の人間とするのぞ、どこへ逃げても逃げ所ないと申してあろうがな」

次にポール・ソロモンのリーディング。

「変動が起きる時、多くの者たちが移動するであろう。しかし、物質的にどこそこということにはとらわれないようにせよ。神への同調にもっと、もっと心を配りなさい。」

あちこちから安全な土地に移るというのではなく、至高の神に心を合わせるのである。神が彼らを動かしむるであろう。なぜなら神はその民を世話されるからである。彼らをして、内なる主のみ声に目覚めよ。その声が、来たるべき破滅への準備、移動について、彼らに導きと教化を与えるであろう。」

身魂を磨くということと、神へ同調する・心を合わせるということは同じ意味でしょう。やはり、岡本天明さんとポール・ソロモンさんの「バック」は同じかもしれない。

しかし、じゃあ人間の側は何もしなくていいのか、ただ神様に祈ってひたすら心を浄化していればいいのか、という疑問が起こります。

そうでもないんですね。お二人ともそうまで言っていない。

やはり、自分でできることはやっておかなければならない。日月神示は「自分だけ逃げて助かりたい」という利己主義を戒めているのであって、危機の際にも都会の真ん中にデンと坐っていればいいと勧めているわけではありません。

できる限り何らかの努力をして、自分なりにベストを尽くして、その上で「天にゆだねる」というのが正しいでしょう。俗にいう「人事を尽くして天命を待つ」です。

まさにその点で参考になればと思ったのが、当シリーズを記した動機です。

再び、林陽氏訳の『地球の変動と新惑星地球』(EARTH CHANGES and the new planet earth 1980)から引用させていただきたいと思います。

互いに愛し合い、時代のかけ橋となるための共同体たれ

(以下引用)

我々はこれらのコミュニティーを我々自身の保護のために作るのではなく、たとえ地球に何の変動も起こらなくてもそのような生活方法が、最良であるから形成するべきである。

「このことが時代の関心事となるように。互いに集まり、資源を開発し、能力を開発し、自然に生き、来たるべき変動のために生きるのではなく、あるべき生命を生きること――急な考えではなく、常にそうであるべき生命を生きることである。」(704 )(略)

「さて、心の目でこのことを見よ。それらに準備せよ。あなた方の目前にあることを少しでも考えよ。そう先のことではない。人は一なる神が、共に集まり合って神を礼拝することが、神を知ること神がみ備わしたもうことを信じることの強さが必要であることを理解し始めなければならない。あなた方は準備、食物と避難所、このような基本的なものを用意するのがよい。というのは主があなた方に語られたからだ。ほとんど続かぬものに多くの時間が費やされている。あなた方の金は全く無意味になろう。

その時身を隠し、このことをせよ。一体となって礼拝し、奉仕し、学び、成長し、建設し、全てのものを共同にし、中心目的を持ち、神の自覚のために互いに献身せよ」(929-7)

「そのような共同体が設立されるならば、その中心は入口、キリストの現前への入口となるあの定め、あの性質でなければならない」(797-10)

このような共同体はまた、愛の上に基礎づけられなければならない。

「あらゆることに対する準備の仕方は、互いに一つになること、互いに愛し合うこと、力強い共同体を作ることを通してあるべきである。だが、準備は食料集めやその保存、そのような計画と同じ程、霊的同調にあるべきである。

我々は共同体を、家族にするような状況の形成を言っているのである。兄弟が「我れは兄弟の番人」と言うまで、そこには外部の状況全てに対し力を与えるあの互いの愛し合いの再建があろう。その種の形成である。

同時に、このような時代について教えるために出てゆく者たちを支えるようにせよ。終末の予言者たちよ、あなた方は来たるべき地球の変動や恐るべきものごとを警告するのではなく、我々が互いに励まし合い、愛し合わなければならない時が来たというメッセージを伝えるために行くのである。生残る者たちは、自分のために利己的に蓄積するよりも、人の必要を気づかうことに頼るであろう。」( 704 )(略)

同様に共同体形成にとってのもっとも大きな目的がこの時代にはある。ある人はこのように言われている。

「初期の変動期の間に、神殿、この世界に生まれる人々の特別な進化を目的とした神殿が建立された。生命体を一つの摂理からもう一つのそれに移すのは困難であり、神殿はその目的、谷のかけ橋のために建立されたことを理解せよ。そのかけ橋の時代がまた来ている。それら新しい魂、新しく誕生した者たちは、あなた方が今体の物質的現われと見なしているものとは、およそ違ったものであることがわかろう。

心と体を完成させ、それをまた魂の成長に融合させる方法をまとめる能力をもつ者たちが、この時代に生まれつつある。癒し、研究学習、発達のような方法が新時代へのかけ橋の一部とならなくてはならない。

能力を物語ってきた者たちが、これらかけ橋の形成にむけて集められつつある。過渡期に対しあなた自身を準備すること以上に重要な時間と労力の使い道はない。あなたが物質的に保有するもの、才能や知識や理解の中に持っているもの全てが、この一つの目的、方向に向けて、共同体形成、単なる共同体ではなく、時代のかけ橋のための、魂の、心の、一人ひとりの共同体の形成のために集め合わされ、導かれるべきである。」(718-2)

「あなた方の日的は、結束し合うことにある。あの到来に準備するため、主のこの時代への到来、新時代の誕生、新しい日の幕明けを体内に宿す期待に満ちた者となるために。それゆえ、あの発達のために、成長のために、学習のために、教育のために、新時代の先ぶれのために結束しあうことに、あなた方の配慮があるようにせよ。またこのような警告がある。

きわめて多くのグループ、共同体がこの時代に設立されつつあるが、これらは変動を恐れている。経済と地表のそれとを。恐怖のもと、物質的なものを守るための壁と固い基盤で形づくられた共同体は失敗するであろう。ちょうど蛾が炎に引きつけられるのと同じく、自らが恐怖するものをその身に引きよせることになろう。

一つの共同体として結束しようとするあなた方の目的は、物理的な変化を回避したり、あれこれの経済的欠乏に備えたりというような目的のためにあってはならない。結束する中心目的は、新時代への学習、教育、準備のため互いに支え合うことのためにあるようにせよ。」(898)

「・・・新しい日の夜明け、新しい理想と価値体系の先ぶれの一部となれ。この国の政治組織が腐敗し変化し始めるまで、そう間はない。その腐敗とともに、いわゆる金銭は交換の意味で事実上変化させられてしまう。だが、共に価値あるものに基づく価値体系を自ら設立している者たちは、僅かしか持たない者、他の全てを失った者たちが癒しのため、教育のため、指導のため、新時代の新秩序の建設のために頼ってくる、山々の如き人々と呼ばれるであろう。」(822-6)

(以上、引用終わり。出典『地球の変動と新惑星地球』P65~P70)

ワタスはこの記事に深く共感したのでした。

互いに一つになること、
我々が互いに励まし合い、愛し合わなければならない時が来たのだぞ。

ワタスはなぜかその声に導かれて活動している気がしています。

良く色んな人に言われます。

玉蔵さんはブロックチェーン本を出したりAI講座をやったり、それでいて畑をやって野菜を育ててる。
まったく真逆の分野をやって、まさに既知外ではないですか。

いいえ。ワタスはそうは思わない。

その時がそろそろ近い。
また離れてバラバラになってしまったものが集まる時。

弱いもの同士いたわり合い助けあう時が来た。
また集まりましょう。
また昔のように一つ屋根の下、助け合って生きましょう。

それは漠然としたイメージです。
感覚。
予感。

もうバカだのアホだの既知外だのと言われ。
でも、何かに導かれて八ヶ岳で畑なんかやってる。

論理的にまったく説明できなくても、
ワタスはいよいよ何か近づいて来たと思っているのです。

日月神示とポールソロモンさんの予言を載せときました。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブin新宿 ハチソン効果 11/29(水) 18:00~ (30日→29日に変更になりました)
当日払いは立見席になります
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう