南インド 熱血空手編 必殺の金玉拳について

スポンサードリンク

さて、しばらくインド旅行については書いていませんですた。

なぜなら、この極寒の毎日でちょっとでもインドに思いを馳せるとすぐインドロス。。

うぅっ。
なんでワタスはこんな寒いとこにいるんだ。。
猛烈なインドロスが襲ってくるからでした。

インドは良かった。
インドはこうですた、それに比べ日本は非常識です。
インド人ならこう言うでしょう。

二言目にはうなされたようにインドインドというワタス。
ワタスの妻もキレてしまい、そんなにインドが好きならもう帰って来なくて良いです!
死んだらインダス川に流してもらって来なさい!

そのようにワタスを河童の川流れのようにスルーするのです。

それもこれもこの寒さがいけない。
この寒さがワタスをしてインドを懐かしめるのです。

やらせはせん!
そうやってインドを思い出すのをしばらく忘れることにしたのですた。

って、あれから1ヶ月も経ち。。
インド旅行が夢のようだ。。

そろそろインド病も抑まったので熱血空手編の続きを書きます。
良いところで止まっていますた。

ちなみにひじょーに奥ゆかしいワタスは披露してこなかったのですが。
ワタスは以下のような技など朝飯前にできます。

アチョー。

これは練習すれば子供でもできます。

ちょっとブランクがかなり長かったのでワタスはインド行きのためかなり練習しますた。

以下は厳しい鍛錬をするワタス。

以下はプール前での稽古。

これは反射神経を鍛える訓練です。
食事中に不意をつかれたときに、とっさに逃げる訓練でした。

ヒャッハーー!

このような人には言えない地道な訓練をしてインドへ行ったのでした。

ちなみに以下がワタスの編み出した奥義。
必殺の金玉拳です。

とかなんとか。
以上、全部冗談です。

さて、と言うわけで熱血空手編。
さっそく並み居る黒帯達に稽古をつけるワタス。

動画がありますので載せときます。
黒帯達の演舞はなかなかのキレですね。


そこへさっそうとやってきたひとりの日本人がいた。
南インドへ空手を教えにいった日本人はもしかしたらワタスが最初かもしれません。

以下、漫画版をのせときます。
今回はワタスが熱を出して寝込むまでを載せましょう。

※漫画はワタスの実体の方で書いてます。
このブログは霊体の方が書いてるので見た目や年齢に開きがあるのはご了承下さい。

インド人の家借りたより

これはアレッピーの川下りボートの巻

Sponsored Link

これはインド本場のアーユベーダマッサージの巻。参加者の大学生が挑戦しますた。


 

ここからワタスは熱が出てしまったのですた。

 

 

さて、熱を出してフラフラのワタス。回復したのでしょうか。
次回いよいよクライマックス。熱血ならぬ流血空手編です。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブ波動学3回目 in新宿 2017年7月29日(土)18:30~
トークライブ in大阪 2017年8月11日(金)18:30~(満席御礼)

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう