2011年3月11日→2016年4月14日→次は2018年8月10日!?相撲界と大地震の法則

スポンサードリンク

さて、なんだかテレビをつけると相撲のことばかりやってますね。

ちなみに今では広く知られた事実ですが
ワタスはウルトラマンで、変身アイテムはウルトラ業界では珍しくふんどしです。

ふんどしを脱ぎ捨てると、辺りがまばゆいばかりの光に包まれウルトラマンに変身する。

しかし、以前変身中に通報されてしまったことがあり、それ以来変身できなくなっているのです。
他意はございません。

で、同じふんどし仲間でシンパシーを感じるのが相撲界なのですが。

今回の件は、八百長が原因?
と、まことしやかに噂が広がってますね。
まぁ、うわさレベルですが。

本当かもなぁとちょっと思ってしまいますた。

Sponsored Link


ところで以下。
現在、相撲界には4人の横綱がいますね。

白鵬(はくほう)
モンゴル ウランバートル出身、本名:ムンフバト・ダワージャルガルさん

日馬富士(はるまふじ)
本名:モンゴル ゴビアルタイ出身、本名:ダワーニャミーン・ビャンバドルジさん

鶴竜(かくりゅう)
本名:モンゴル スフバートル出身、本名:マンガラジャラブ・アナンダさん

稀勢の里(きせのさと)
本名:茨城県牛久市出身、本名:萩原寛(はぎわら ゆたか)さん

うーん。
4人のうち3人がモンゴル出身?
これじゃモンゴル相撲じゃないか。

日本相撲界とはモンゴル相撲界のことだった。
まぁ、こう言うと人種差別等々言われそうなので止めときますが。

以下、4人の誕生日と、横綱昇進の時期です。

  白鵬 日馬富士 鶴竜 稀勢の里
誕生日 1985年3月11日 1984年4月14日 1985年8月10日 1986年7月3日
横綱昇進 2007年7月 2012年11月 2014年5月 2017年3月

おほぉ?!

こりゃ本当だ。
偶然にしては出来過ぎてる。

皆様はこれを見て何か気づかないでしょうか。

以下の記事を読みました。

相撲の横綱の誕生日に大きい地震が起きてることについて
http://okadasa.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

そう。
地震。

横綱昇進の4年後に地震が起きてる。
で、横綱の誕生日に起きてる。。

こりゃ偶然なんでしょうか。

白鵬の誕生日は3.11で横綱昇進が2007年です。
4年後が2011年3月11日です。

日馬富士は4.14で横綱昇進が2012年。
4年後の2016年 4月14日が熊本大地震。

つぉぉおお。
では次は鶴竜?

鶴竜の横綱昇進は2014年だから4年後は2018年。
誕生日は8月10日だから2018年8月10日に起きる?

で、それ以前の日本人横綱にこの法則は当てはまりませんですた。
地震に関係してるのはモンゴル出身者の横綱の時だけです。
だから稀勢の里では起きないのかも。

日本の横綱を外国勢にまかせたりするから日本の土地の神様が怒るのでは?
日本男児の不甲斐なさに日本古来の神が怒ってる?

とかなんとか。

もちろんこれはワタスの完全な妄想です。

ちなみに3.11の時、大阪場所2011年3月13日(日)~3月27日(日)が八百長事件で中止になりますたね。
こんなニュースがありますた。

https://news.ameba.jp/entry/20110313-70 Amebaニュースより
三陸沖を震源とするこんかいの大地震が起きた理由は「大相撲を開催しないから!」

大相撲の元十両・日出ノ国関が11日の自身のブログでつづったが、12日に「すいませんでした」と謝罪している。

11日のエントリーには「相撲は神事でもあり、四股を踏むと言うのは、四股と言われる魔物を踏みつける意味があるのに……。場所を開催しないから、こんな大地震が起きるんですよ!! 相撲の神様が怒ってる!力士は、新築の家を建てる土地でも地鎮祭に呼ばれてその土地で、四股を踏むんです。早く、場所を開催して下さい。ごっちゃんです」とある。

だが、炎上したためか、ことの重さを受け止めてこのエントリーを削除。翌12日には「私は、震災にあった1人です。家の瓦も崩れて…多くの方の気持ちを考えないでコメントしてしまい、本当にすいませんでした。相撲を愛するが為に、不謹慎な発言を心からお詫びいたします」とお詫びした。

いや、この元十両さんの発言は一理ある。
相撲界が荒れると土地も荒れる。

相撲は、昔から地鎮祭です。

四股【しこ】
力士が土俵の上で片足を高くあげ,強く地を踏む所作。相撲稽古(けいこ)の重要な一方法だが,他方で地を踏み鎮めるという宗教的意味をもつ。日本各地の祭礼で行う民俗相撲では,力士の四股によって大地の邪悪な霊を踏み鎮め,あるいは踏むことで春先の大地を目ざめさせて豊作を約束させると伝えるものが多い。

横綱の土俵入りは完全にご神事(しんじ)ですよね。

横綱が腰にしめ縄を張って拍手(かしわで)を打ち四股を踏む。
その横で行事が祭文(さいぶん)と呼ばれる祝詞(のりと)を唱える。

ハッケヨイ、ハッケヨイという掛け声もハッケヨイとは易占いの八卦が良いということです。

相撲の四股を踏む風習は飛鳥時代からで江戸時代まで続きました。
昔から完全な地鎮祭だったのでした。

だから、相撲と地震にはかなり関係がある。

地鎮祭をやらないと地震が起きる。
そして、外国の土地の住人に任せても地震が起きる。

その土地の住人が大地への感謝を忘れ、心が荒れるのなら。

その意識の共鳴が外側に現実を作り出す。
荒れた相撲界の心。その心が映し出されるのは来年夏頃なのかもしれません。

8月10日。
この日付はちょっと覚えときましょう。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

歴史スペシャル 真実の世界史 in 新宿 12月26日(火)18:00~

ヒカルランド出版記念セミナー これからの社会とお金の未来予想図 1/27(土) 16:30~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう