ジョン・コールマン 地球温暖化など、ありゃしないよ

スポンサードリンク

さて、トランプさんがパリ協定脱退した話なんですが。

このブログでもかなり前から地球温暖化なんてないよ!
そりゃ寒冷化の間違いだよ。

早けりゃ2019年あたりからミニ氷河期来るんだよ。
そう言ってきたのですが、未だに地球温暖化を信じてる人は大勢いるんですね。

トランプ氏がパリ協定から脱退した。
それは公約を守ったってことでしょう。
だってトランプさんはずっと前から地球温暖化はでっちあげだと言ってましたからね。

トランプはあちら側に寝返ったと言う人もいるんですが、
CNNなどが連日のようにトランプ氏を叩いてます。

CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす

こういうのを見ると、本当に支配者連中はトランプさんを脅威と見なして、なんとしても追い出したい。
そう頑張ってるように見えるんですが。

以下、トランプ氏を支持する有名キャスター登場というお話です。

ウェザー・チャンネルの創始者が地球温暖化なんて元々ないんだよ。そういって暴露しているというお話です。
海外でもの凄い数シェアされてます。

http://thetruthdivision.com/2017/06/just-weather-channel-founder-backs-trump-tells-truth-global-warming/

JUST IN: Weather Channel Founder Backs Trump, Tells The TRUTH About Global Warming…
ウェザー・チャンネルの創始者がトランプさん支持を表明。地球温暖化の真実について話す

ドナルド・トランプ大統領は、米国がパリ気候協約から脱退の決定で非難されました。
しかし、1人の非常に影響力のある男 – ウェザーチャンネルの創設者であるジョン・コールマン はトランプ支持を表明しました。

コールマンは、一連のつぶやきや電子メールで、アル・ゴア氏や様々な民主党の支持者や団体に送りました。

地球温暖化を70年代に戻すと、地球温暖化の兆候はまったくない。
1978年以来、1度以下の温度変化だけで、1998年以降は温暖化はありませんでした。

政府は温暖化の情報をどこから入手してるのですか?

政府は気候のコンピュータモデルを操作しているのですよ。
これは、米国の納税者が、年間47億ドルも無意味な研究を行う組織に資金を提供してることを意味します。
アメリカの人々は偽の科学者に嘘をつかれてるということです。

二酸化炭素税のため、米国の平均的な家族(4名1家族)は、燃料、電力、食料品の費用を年平均で1000ドル上増しされてます。
トランプ大統領は、パリ気候協定を去るのが正しかったのです。
温暖化詐欺グループは、アメリカの納税者に頼り、何十億ドルもの浪費をさせてるのです。

このコールマンというおっちゃん。
面白いですね。
飄々としながら言っちゃいけないことを言ってますよ。

以下めちゃくちゃ長いが読んでみて下さい。 その動画を書き起こしたものです。

Sponsored Link

こんちは!ジョン・コールマンだよ。

このプレゼンのタイトルは、「重大な地球温暖化など、ありゃしない」だよ。
もはや確信してるね。

巨大石油会社から金もらってるんだろうと思うだろうね。いやいやいや。 。。。一銭ももらってないよ。
私は60年間にわたって天気予報キャスターだった。

気象学者でもあり、グッドモーニングアメリカの最初のお天気キャスターでもあり。。。
天気予報チャンネルの創立者でもある。これらが、私の成し遂げたことだよ。
米国放送気象学者会(AMS)から年間放送気象学者賞をもらったこともあるよ。
何年間もそこのプロメンバーだった。
最終的には辞めたけどね、明らかに。。。

「政治」が科学の道を阻んでいたからね。また後でしよう。

さて、2013-14年はどんな冬だったろう?
オハイオの弟に電話したら、彼の妻が「雪かきに忙しくて家にはいませんよ」というんだ。
カリフォルニアの人間と話すヒマはないとさ。
最も寒く、最も雪だらけで、辛い冬なのに、どう地球温暖化を話すってんだい?
30年にわたってアメリカで流布されているよね。

そして、厚かましいことに、
アメリカ海洋大気庁は宣言したのさ、
2013年は最も温かい年だったというんだ。
素晴らしいバカバカしさだね。
データの操作なんだよ。

さて、最初に明確にしておきたいんだが、
私はこの地球を愛してるよ。
この地球市民になって80年だね。
それが私の得たすべてさ。
もし我々人類が、この美しく小さな球体、我々の住む青い大理石にダメージを与えているなら、
ゾッとするね。
全力で我々のやってることを止めるだろうね。

しかし、私はいわゆる地球温暖化という問題について研究してみたんだ。
連中は今や気候変動と呼んでるけどね、温暖化はやめたらしい。
私はこの問題を注意深く、完全に研究してみたんだ。
科学者の良心にかけてね。そして、絶対的に頑丈な結論にたどりついたんだ。
地球温暖化なんか無いってね。

この地球は毎時17000マイルの速さで太陽を周り、
そして太陽とともに、
銀河系を毎時10万マイル以上のスピードで飛んでいる。
そして銀河系は宇宙を飛び続けている、ビッグバンの継続として宇宙が膨張し続けているのに伴ってね。
我々はものすごい速さで旅しているんだよ。
すごい乗り物だね。
地球は45億年間旅しているんだ。

私が精一杯言いたいことは、それは良好な状態だってことだよ。
今後40億年位はね。

しかしちょっとまってくれよ。
そのあいだに、氷河期があったし、
間氷期もあった。
こういった自然なバリエーションは引き続き起こるんだ、気候としてね。
しかし、人類による気候変動については、
私は確信するんだが、そんなものは無いね。

だから今日このツイートをしたんだ。
これはアル・ゴアに向けたものだよ。
そして、国連の気候変動政府間会議にもね。
シエラクラブにも。
民主党にも。
政策委員会にも。

ここで言ってることはだね、
「どこにあんたたちの言う地球温暖化があるってんだ!」
温度をチェックしてみればだな、1970年から現代までほとんど温暖化していないんだよ。

一度未満の温暖化だよ、1978年から。 (訳注:華氏と思われるので、摂氏だと0.6度未満)
そして1998年からは明らかに温暖化してないね。
これはどうなってんだい?

どうなってるかというと、アホの類なんだよね。
気候変動や地球温暖化を宣伝したいのに、
我々は、地球の気候として最も安定して美しい期間の一つにいるってことだね。

では、このごちゃごちゃした比較を見てみよう。
大気の温暖化のたくさんのモデルのスパゲッティだよ。

これは、政府から数百万ドル供与されたいろんな人達によるものだ。
連中は気候変動政府間会議に参加してるんだけどね。
ここにすべてのモデルの平均があって上昇してるように見えるけどね。

でも、下には実際の気温があるよ。
地球上と衛星から計測されたものだよ。

見たでしょ?起こってないじゃない。

だから私は今日facebookでこのメモを公開したんだ。・
いわゆる地球温暖化研究に年間47億ドルも税金を使ってる科学者と組織に向かってね。
連中に言ったんだ、悪い科学だってね。

「紳士淑女の皆さん、どうか地球温暖化と気候変動の恐怖キャンペーンはおやめください」
「我々の文明を前進させるのに有害です。」

「政府のアクション、いわゆる炭素・汚染に対する対応行動は既に燃料・電気・食料の価格を押し上げています。」
「平均的な4人家族の米国家庭で年1000ドルです。そして、年間47億ドルの税金があなた方の組織に支払われています。」

「大きく無意味な研究に対して与えられているのです。」
「これは、二酸化炭素が温暖化をもたらしているなどという、悪い科学にもとづいているのです。」
「これらのお金は、グラフェン、トリウム等をを含むエネルギー探査費用に用いられるべきです。」
「あなた方は気候のコンピュータモデルを操作しましたが、気温の変化予想にも、温暖化予想にも失敗しています。」
「間違いを認めてください。原則に戻るときです。」
「個人的な富と地位以上のものなのです。気候研究にける基本的な科学の原理に立ち戻ってください。」

このメモをポストしたんだ。
tweetもしたし。
わかってるよ、私の言うことが信じられないとね。
どうやったら、私なんかの言うことを信じられるのかね。

毎日毎日、毎年毎年、コンスタントに流れてくる地球温暖化のニュースを見ていればね。
ネットのサイトにもあるし、すべての新聞が未だに紙の上にインクでプリントしているんだが、
そいつを巻き上げて、あなたの家の私道に投げられ、あるいはマガジンスタンドに入れられ、
この話題でいっぱいだよね。

まさにこの話題だらけだ。
我々の政府でさえ、アメリカ海洋大気庁でさえ、気候変動を宣伝するウェブサイトを作ってるね。
もちろんニューヨーク・タイムズもだよ、この話題をずっとリードしてきたね。

お金の力ってやつだな。

年間47億ドルが、これらすべてのインチキ研究を作り、こういったインチキレポートを作っているんだ。

さて、ここで冷徹な事実を見てもらおうか。
tweetした時にも見せたけど、温暖化なんか起こってやしないし、何も重大なことは起きてやしないんだ。

すべてが極めて自然なバリエーションとしての気温の変化だね。
これが冷徹な事実ってやつさ。

この最近の温暖化があるけど、これは過去に何度も自然に起こった温暖化と何の違いもありゃしない。
ローマ帝国が栄えた頃の中世だね。

そして小氷河期だ。とってもついてないよね。
今はちょっと温暖化してるね。

大した事ない。
全く大したことはないんだよ。
大したことかどうかは、これが冷徹な事実ってことさ。

氷床コア(氷床から取り出された筒状の氷の柱)からわかるんだ。この地球では、極端な氷河期と、温暖な気候の美しい統合期の間を揺れ動くってね。
我々は最も近い間氷期に生きてるんだね。

これは1万二千年前から始まった。
おそらくあと1万か1万2千年位だね。
自然に次の氷河期が来るまではね。
うまく対処できるようになってるだろうね。

北極で氷が溶け出してるってのを聞いたことがあるだろう。
2007年は非常に少なかったんだ。
しかし、ここが最後の多い年だ。
衛星からの観測があるからね、35年位は。
ここに氷がある、大したことはない。

このホッキョクグマたちは、以前より多いんだよ。
彼らを数えだして以来ね。

北極の周りにはたくさんいるね。19位かね。 (訳注:集団が19という意味かも)
達者でやってるよ。これが冷徹な事実だね。

南極はどうかね。

南極については、これは夏の記録なんだが、
シーズンには氷の融解はピークになっているが、
しかし、平均よりも氷は多いんだね。

でもちょっとまって、海岸に水がおしよせてるかも。
本当かな?

100年ごとに6インチ(15cm)は上がってるね。
この統合期の一環としてね。

北アメリかが400フィート(120m)の氷で覆われたのだが、
前回の氷河期の終わりにだね、
海はもっと下だったんだ、
だから氷が溶けても何の影響もないんだよ、紳士のみなさん。

それとスーパーストームだね。
2013年は米国にハリケーンはこなかったね。
準備も大してしなかった。

いわゆるスーパーストームのサンディも全然大したことはない。
カトリーナやアンドリューに比べたらね。
その二つも、1900年のGalvestonハリケーンには比較にならないんだ。
大昔だから、気候には何の影響もないね。

おっと、竜巻はどうだろう?
竜巻のグラフがあるけど、強いのは少なくなっているね。
今は多くの良いレーダーがあるんだよ、
そして誰もがスマフォで写真を撮れるでしょ?
形成されたすべての竜巻が見れるんだ。
しかし、
少なく、弱くなっているね、干ばつによってね。

テキサスでは大きな干ばつがあり、竜巻は消えたね。
現在はカリフォルニアの日照りが問題だ、宣伝されているね。
記録を見てみれば、カリフォルニはは11,12年ごとに干ばつになるんだよ。

そしてエルニーニョが起これば、その雨でカリフォルニアは干ばつから救われる。
4千万人の人が砂漠に住んでいるんだが、
もちろん水問題が発生してるね。
だから何?

自然なものだ、人為的なものではないんだ。
なったりならなかったり、自然にそうなるんだ。

ヒートウェイブはどうだろう?
1950年代から、殺人的なヒートウェイブは発生してないね。
こういったすべての冷徹な事実を描いてみたよ。
メディアで語られることと比較してみよう。

言うだろうね、どこに違いがあるんだ?
現実とそこにあるものに。
コールマンの言うことが真実なのか?そっちに賭けた方がいいよ。毎日勉強してるからね。

しかし、この奇妙な奇妙な悪い科学は、
この地球温暖化や気候変動は、
この危機は、どのようにして始まったんだろう?それがお話ししたいことさ。

では、偉大な科学者ロジャー・レベルから始めよう。
カリフォルニア大学バークレー校卒業で、専攻は海洋学だ。
第二次大戦のあいだは海軍にいた。

後に、スクリップス海洋学研究所の理事長になった。
彼は核実験が環境に与える影響の調査の指揮をしていた。
大戦後に太平洋のエイトオール(?)で行われたものだ。
大気と海洋に与える影響をね。

これが終わりになると彼は、
スクリップス海洋研究所を小さな独立した組織から、大きなプロの組織として大きく変えたんだ。
たくさんの船、数百の従業員をかかえたものにね。
何か他のことをやろうとしていたのは明らかだ。

そのとき彼は何かが足りないと感じていた。
そしてこの男を雇ったんだ。ハン・スースだ。
シカゴ大学の教授だったが、大気における炭素の効果を研究したことなどない。
レベルは何かできると思ったんだろうね。

彼ら二人は研究論文を出したのだが、そこでこういった疑問を出した。
人類は化石燃料を使っているが。。。
家の暖房用の石炭や、
車の燃料用の油とか、

オールドファッションなガソリンと、オールドファッションな車だね、
これらすべては気候問題を起こしているのではないか、とね。
これは1950年代のことなんだよ。
当時は世界中スモッグだらけだった。私が少年の頃だからよく覚えているけどね。

視聴者の多くは若すぎるだろうから、言うんだけどね。
街をぶらつくと、息がつまるようだったね。
石炭を燃やすような冬の期間はね。
車は排気ガスを撒き散らすし。
醜い光景だね。

オールドファッションな何もされてない燃料とオールドファッションな車を何とかできなかったのだろうか(?)。
これが二人の出した論文の導入部だった。
この論文が、地球温暖化という狂乱の始まりというわけだ。

彼らがはじめたのさ。
そして、レベルはその後、力のある男になった。それを元にして、
彼の科学は、全世界の他の科学者のあいだで受け入れられるようになった。
そして彼はキャンペーンを始めたんだ、カリフォルニア大学を移動させようとして。
カリフォルニアのラホヤにある彼自身のスクリップス海洋研究所の隣にすべくね。

これが大変な問題だったんだ。何が起こったと思う?
そこに位置していたのだが、何かが起こった。
レベルは、彼自身の人生の脅威に直面していた。
彼は大学をそこに移設しようとキャンペーンを張ったが、
そして、大学の総長になろうとしていたのだが、

しかし政治からしっぺ返しを食らったんだ。
総長にはなれなかった。彼は傷ついた。
どうしたか?突然大きな動きをしたんだ。
人生を方向転換し、ハーバードに移転することにした。

そこで、人口研究センターを始めた。
1967年のボストンのことだね。
さて、これが地球温暖化ストーリーとどう関係しているんだろう?

これが関係者だね。
最初の年の彼の生徒に、この子がいたんだ。

アル・ゴアだ。
アル・ゴアが履修した唯一の科学クラスがレベルのものだったのさ。レベルは覚えてないけどね。
しかしコースを履修したアル・ゴアはたいそう感心したんだ。

彼はテネシー州選出議員の息子で、
そこで学んだことを元に地球温暖化キャンペーンを開始したんだ。
彼は「Earth In The Balance」という本を書き、上院議員に立候補した。
彼の主張としては、地球は化石燃料の燃焼に脅かされていると、
そして上院議員に当選した。

上院では科学者を呼んでのヒアリングを主催したのだが、
地球温暖化の恐怖を拡散していったってわけだね。
そして、政府のお金が研究に流れるようになったってわけ。
これが仕掛け地雷だったんだな。

いったん数十億ドルもの政府の財源が、国中のこういった組織、大学、研究期間に流れ始めると、
彼らにはそれを促進するアル・ゴアがバックにいるものだから、
この研究は積み重なっていったんだ。

もしあなたが若い科学者であれば、選択権は無い。
研究論文を出さずに、「温暖化って何?」なんて言ってると職を追い出されちまう。
仕事も、車も家族も失うだろうね。
そしてホームレスさ。
これを支持しなくちゃならないってわけ。

アル・ゴアはレベルとスースの論文を利用し、地球温暖化キャンペーンを始めた。
アル・ゴアは何て言ったか?彼は、
「ロジャー・レベルは私のメンターだ、私のヒーローだ」ってさ。
「彼こそが警報を鳴らしたんだ」と。

よろしい、ではもう一人の男を紹介しよう。
モーリス・ストロングだ。
彼は国連の官僚だった。

1972年に、ストックホルムで環境についてのコンファレンスを開催したのだが、
彼の全体的な目標としては、世界単一政府(One World Government)だった。
彼は地球温暖化の恐怖をその推進力にしようとしたんだ。

セルコンカンファレンスでね、
気候変動に関する政府間会議での発議を開始したんだ。
さてこれで、米国と国連の両方が気候変動を宣伝する役割になったってわけだ。
これはすべてレベルとスースの論文から来ているんだ。

そして、いまや巨額の金を追いかけるようになった研究からね。
そして、トップレベルを走っている男からね。
そして、IPPC、これは世界中からの科学者や官僚を抱えているのだが、

あるいは、世界野生生物協会やら、シエラクラブやら、
すべての環境保護が一緒になって、
地球温暖化は現実だ、に投票したんだ。

なんて言ったらいいんだい?科学ってのは投票で決めるもんじゃないよね。
これは政治問題じゃないんだ。
投票じゃなくて、科学でしょ?

しかし心配には及ばないよ。彼らはレポートを出した。
我々がいかに地球を破壊しているかを説明するのに多くの時間を使ってるしね。
そして素敵なミーティングとトロピカルな場所だね、世界的に見ても。
そして、地球温暖化を支持する科学者たちはこのミーティングのためのバケーション旅行の代金も出してもらった。

彼らの名前入りの本も出したよ。
これは大変なことだな。
アル・ゴアは何をしたか?
彼は二番目の本を出したよ、「不都合な真実」だね。
これがどうなったか知ってるよね。

ハリウッドにいる彼のリベラルな友人が、それをドキュメンタリーにしたんだ。
サイエンスフィクションドキュメンタリーだね、父さん。
すべて地球温暖化に関するものだね。
そして彼らは彼ら自身にオスカーを送ったんだ(アカデミー賞授与)。
2007年のベストドキュメンタリーフィルムとしてね。

そして振り返ってみると(?)、
アル・ゴアはIPCC議長と共に立ってるね。
彼らはノーベル平和賞を授与されたんだ。
我々を地球温暖化の恐怖に陥れたご褒美にね。
さて、この映画「不都合な真実」は米国の学校では絶対的な支持を受けたね。

学校に行ってたとき、何回見た?
何度も何度も何度もだね。
そして、地球温暖化の狂乱はまさにピークを迎えたのさ。
この男はどうなったんだろう、ロジャー・レベルは?
彼はこれを始めた偉大なる科学者だよ。

彼は、ハーバードの人口研究センターへの興味を失い、
ミスサンディエゴだと思うけど、美しい南カリフォルニアの気候だね、
彼は彼女を無条件で受け入れた。誘惑に勝てなかったんだねぇ。
戻ってカリフォルニア大学サンディエゴの教授になったんだ。

そこで彼は、
この手紙を書いた。見てほしいのだが、
最初のは、彼のデスクから米国議員のティム・ウィルスに向けられたものだ。

「我々は用心しなければならない」
「温暖化の進行率と大きさが明らかになる以前に温暖化を警告しすぎてはならない」
彼の他の手紙としてはこうだ。

ティム・ベイツ議員に対し、
「この問題に慣れ親しんでいるほとんどの科学者は、まだ気候問題、グリーンハウス温暖化という結果に賭ける気はない。」
「よく知られているように、気候というのは年毎に変動が激しいものだ」
「なぜなら、我々がまだ理解していないバリエーションがあるからだ」
「私の個人的な意見としては、本当に確信するまでにあと10年20年は待つ必要がある」
「グリーンハウスがポジティブにしろネガティブにしろ、我々人類に影響を及ぼすと確信するには」

こういうわけだ。
地球温暖化キャンペーンを始めた男が、
警告の旗を上げたってわけ。

「みんな!これは真実ではないかもよ。警告するよ!」

彼は記事を書いてさえいるんだ、ニュー・サイエンスマガジンのCOSMOSにね。
彼はフレッド・シンガー教授とチームで記事を書いた。
その記事は、

「グリーンハウス温暖化についてどうすべきか?飛ぶ前に見よ」
この記事の結論はこうだね。

「現在のところ、グリーンハウス温暖化の基礎というのは、正当化したりドラスチックな行動をするにはあまりに不確かだ。」

ワオ!
こいつを始めた男だよ?!

アル・ゴアはどんな反応を示したろう?
彼は言ったね、「私は既に心を決めている。いまやレベルは老いぼれだ。何も気にするつもりはない。」

議論は終了し、
あなたは既にこれを20年聞かされている。
アル・ゴアは誰とも議論するつもりはなく、ただ真実だと言うばかりだ。
我々はロジャー・レベルを失ったが、彼なしでも戦いは続くよ。
彼は1991年に心臓発作で亡くなった。

彼の死後、彼の家族は、
スクリップス研究所の人々に連携し、彼を地球温暖化の父と祭り上げたんだ。
連中は彼の否定論を拒否し、国連IPCCのようなことになった。

シンガー博士と言えば、
彼はスケープゴートになってしまった、連中は、彼がそうさせたのだと言って。
さて、私はついにシンガー博士にインタビューできたんだ、この論争についてね。
ワシントンDCからのライブです。シンガー博士、
二酸化炭素がグリーンハウスガスであるという点についてのロジャー・レベル氏の見解はどうでしただったのでしょう?

1990年のCOSMOSの記事を書いた時点でのですね。
それについては彼は非常に落ち着いていましたよ、基本的に、
これを大きな地球物理学的な実験とみなしていたんです。

彼と彼の協力者、デビッド・キーリングらですね、彼らがCO2が大気中で増加していることを発見したあと、
彼と彼の同僚は、これが気候に何らかの影響があるのだろうかと考えていました。
彼はその問題について、何の判断もしようとしてはいませんでしたが、
測定が済むまでは。

もちろん、1990年のその時点では、
我々には10年以上の衛星データがあり、
それは感知できるほどの温暖化は示していませんでした。
これが、この問題に私を引きずり込んだ原因となったんです。

何が起こっているんだろうと思いました。
結局、二酸化炭素はグリーンハウスガスなのか?増加しているのか?これは疑問の余地ありませんが。
しかし、どこに温暖化があるんでしょう?

結局のところ、大気というのは気候モデルよりもはるかに複雑なんです。
信念と温暖化は下駄を履かせているんです、
おそらくは、
雲からのネガティブなフィードバックによって、
そして大気中の水の蒸発によって。

こうおっしゃるのですね?1990年代にレベル氏は、
「地球温暖化」を引き起こしたという興奮について後悔していると。

レベルは、
その時には、
議員と(?)にいくつかの手紙を書き、
言ったのです、「落ち着いて興奮しないように」と。
そして「気候に何が起こるかを見てみよう」と。
言い換えれば、モデルがそう示しているからといって、温暖化が起こっているなどと仮定すべきでは無いということです。

レベルは気候モデルに非常に懐疑的でした。私よりもずっとね。
私は常に楽観的でしたよ、彼らは十分に改善できるのだろうと、
その後、彼らは大気に何が起こっているか完全にシミュレートできるのだろうと。
レベルはモデルにそれほど信頼を置いていませんでした。
その時点から、人々は、あなたがレベル氏を操作したんだと言っていますよね?
あなたが彼を落ち着かせ、彼の気分を変えたのだと。
そして一緒に記事を書いたと。

ゴア氏が言うには、あなたがあの論文を共著したとき、彼はほぼ老人だったと。
それゆえ、あなたは自身のCO2に対する見解を取り、
それをレベル氏のせいにし、
ともあれ、彼らはあなたを非難しているわけです。
それは絶対に真実ではありません。

ご存知のように、レベルは細部にまで非常に神経を尖らす人です。
そして、彼の心を変えさせることはできません。
いつも自分が何をしているのかわかっていました。
我々には書かれた証拠があるんです(?)。

レベルが議員にあてて書いた手紙もありますし。
インタビューも、アルバニーマガジンもあります。
つまり、多くの証拠があるんです、

彼が極めて独立した心であったという。
そして、彼は地球温暖化など信じてはいなかったのです、データがそれを示すまでは。
1990年までにそのようなものは無かったのです。

衛星データは温暖化を示していません。
あなたとレベル氏はゴアについては話されていないのですか?
ありません、一度も。
我々は科学について議論しただけです。

彼の政治は私のものはかなり違っていました。
私はゴアの支持者だと思っていたのですが。
彼はリベラルな民主党支持者でしたからね。
傾倒していました。

他の面ではそうでしたが、しかし科学については完全に一致していました。
シンガー博士だったけど、
彼は唯一の科学者ではないんだ。これをよく理解してもらいたい。
この地球温暖化狂乱に疑問を呈している科学者だね。
この気候変動恐怖だね。

事実、9千ものPh.Dが請願にサインしてるんだ、
CO2は地球温暖化を引き起こしてはいないという。
合計で3万1千人の科学者だ、
その請願にサインしたのは。
大きな組織ごとというケースもある。

NASAの大きなグループが最近国連に手紙を出した。
米国議会にも。
「どうか地球温暖化キャンペーンをやめてください」と。

大きなうねりがあるんだね、
地球温暖化に反対する。
メディアで聞いてことないって?

メディアにはアル・ゴアのリベラルバイアスがかかってるからね。
難しいんだよ。
そしてスクリップス海洋研究所はというと、
アル・ゴアをヒーローに祭り上げた。
彼らは彼に最初のロジャー・レベル賞を贈ったんだ。

スクリップス海洋研究所にて、賞が贈呈されました、彼の環境についての働きが認められたのです。
トム・ジョーダンがラ・ホヤから報告します。トム?
ポール、アル・ゴアはロジャーレベル賞の最初の受賞者となりました。
このスクリップス海洋研究所において。

環境保護の彼の働きに対し、今夜讃えられたのです。
熱狂的な聴衆です、環境への覚醒と保護のキャンペーンを継続している男に対する。
前副大統領アル・ゴアの努力が讃えられ、最初のロジャー・レベル賞が授与されました。

この名誉に対し、心底からの純粋な感謝を示したいと思います。
この授賞式が行われた席はロジャー・レベルの誕生100年をも記念しています。
彼はスクリップス海洋研究所を1952年から1964年のあいだ率いました。

ゴア氏はレベル氏のもと1960年代にハーバード大学で学び、
環境に対する情熱を燃やしました。
以前の教え子ですが、
未だに教え子です。
学ぼうと努力しています。しかし、
未だに偉大な先生に触発されるんです。

彼は偉大な科学者でもあり、偉大な男でもありました。
1960年代におけるレベル氏の仕事は現代では、革命的と考えられるでしょう。
こんにち、多くの科学者はそれを予言的だと考えます。
その時点で彼らは極めて短いレポートを書いたんです。

気候変動が問題になるだろうと。
地球は温暖化していると。
ですから、何かをしなければならないと。

アル・ゴア氏が言うには、彼はレベル氏の初期の仕事に非常に動かされたと。
そして現在彼は、地球温暖化ムーブメントの中心です。
ノーベル平和賞受賞者であり、アカデミー賞受賞のドキュメンタリー作家でもあります。
すべては彼の環境についての仕事から来ています。

今彼は、新しく特別で、個人的な栄誉をそのリストに加えたのです。
私はとてもとても感謝しています。
今夜のお祝いは三日間のロジャー・レベル生誕祭の一部です。
彼は明日で100歳になります。

ラホヤからライブでした、トム・ジョーダンKUSIニュースです。
ジョン・コールマン氏は、「人類による重大な温暖化は何も起こっていない」と信じています。
彼は国中をまわり、これについて話されています。
ジョンはロジャー・レベル氏の科学研究と、そのアル・ゴア氏への影響について本質を追求しようとしています。

レベル氏はパワフルな人でした。
科学者としてではなく、ここサンディエゴで力を持っていたのです、1950年代のことです。
スクリップス海洋研究所とそのフィールドへの強い影響力があったことは否定できません。
そして、カリフォルニア大学サンディエゴのラホヤへの移転についても。
スクリップスの理事としてのあいだ、レベル氏と研究者の一人が、
化石燃料の燃焼によって発生した二酸化炭素とグリーンハウス効果・大気温の上昇を結びつける論文を発表しました。

これがきっかけとなって、多くの研究が生み出され、
国連の気候変動に関する政府間会議を生み出すまでになったのです。
そして、地球温暖化ムーブメントも。
1960年代にレベル氏はハーバードに移ります。そして、人口研究センターを設立します。
ここでレベル教授は生徒アル・ゴア氏と出会います。

彼はゴア氏とそのクラスメートに、二酸化炭素研究からの表集計分析データを渡しますが、
ゴア氏はたいそう感心し、これについて1992年に本を書きます。「Earth In The Balance」です。
このストーリーを元に映画が作られます。「不都合な真実」です。これはアカデミー賞を取り、ノーベル賞も与えられました。

これにより1億ドル程度の見返りがあった、と観測する人もいます。
ロジャー・レベル氏が副大統領の椅子について大きな影響を持ったというのは疑い無いところでしょう。
しかし、1988年に若干のゆがみが生じました。ロジャー・レベル氏が考えを変えたのです。
二酸化炭素が重大なグリーンハウスガスであるかという点です。

彼は二人の議員に手紙を送りました。
1991年にはニュー・サイエンス雑誌COSMOSに共同で執筆しました。
そこで彼は、地球温暖化についての強い懸念を示し、
是正措置の前により多くの研究が必要だとしました。
この時点でゴア氏はレベル氏のことを「老いぼれ」と呼んでいます。
そして、地球温暖化に関する議論を拒否しました。

彼は議論を拒否し続け、議論に数千ドルを提供する申し出に対しても拒絶しています。
現在では、ゴア氏はメディアを避け、
このイベントでもメディアに対し、質問無し、インタビュー無しを強制しています。
私は、1991年にロジャー・レベル氏が最後のスピーチを行ったことを突き止めました。
力を持つ方々や政治家による、プライベートな夏季少数団サークルでのことです。
これは北カリフォルニアのボヘミアン・グローブにて行われました。

そこで彼は自身の研究について謝罪しました。非常に多くの方々を間違った方向、つまり地球温暖化という方向に向かわせてしまったと。
そして、国連IPCCとアル・ゴア氏が政治に及ぼす副次的影響を憂慮していました。
サンフランシスコに住むドン・マイクロ・シュメッドマンという人がその日、そこにいましたが、
彼が言うには、レベル氏は明白にスピーチされていたとのことです。彼は、それについて私に話してくれました。

この皮肉を考えてみてください。
本日、アル・ゴア氏は最初のロジャー・レベル賞を受賞しました。
この賞は、地球温暖化キャンペーンに彼を向かわせた男を讃えるものです。
しかし、レベル氏はそれを間違った警告だと認識していたのです。

そして、その科学はインチキだと、生前にそのように考えていたのです。
レベル氏は1991年に心臓発作でなくなりました。

もし彼が生きていたら、今夜の受賞に賛成したかどうかを考えることは興味深いです。
彼は、私と一緒に、ニューヨークにおける国際地球温暖化「懐疑」連盟のコンファレンスに参加するかもしれません、これは来週になります。

私が書いた地球温暖化に関する記事をお読みなりたければ、
kusi.comに行き、Coleman’s Cornerをクリックしてください。 (訳注:現在はそのようなバナーは無いが、John Colemanでの検索は可能)

これは非常に興味深いです、我々はこれまでそういった情報に触れたことがありませんでした。
私はこれらを発見するために、去年一年に渡り掘り下げてきたんです。
そして、ボヘミアングローブでのスピーチに辿りついて、非常に魅了されたんです。

これは全く文書化されていません。
あなたは、アル・ゴア氏とはこれが初対面なのですよね?
あなた方二人は同じ街に住んでいるが、我々が会わせられれば良いのですが。。。

もちろんです。
前副大統領であり、
大統領選挙でも5200万票をとった人です。政治家としての名誉も高い。
思うに彼は私を丁重に扱うと思いますよ。
彼と議論したいと思うのですね?

もちろんです、しかし、
政治ではありません。私はジャーナリストであり、
気象学者であり、興味があるのは科学だけです。
ありがとう、ジョン。
レポートは以上だよ。

絶対に思ってるだろうね、「こういったことを、なぜ聞いたことがなかったんだろう?」と。
「なぜメディアがレポートしなかったんだろう?」と。
「なぜ我々は、ずっと温暖化を聞かされ、それが文明の脅威だと言われてきたんだろう?」と。

年間47億ドルの税金だよ。
それが金の力ってやつさ。

このレポートで述べたすべてのこと、完全なインタビューも含めて、
シンガー博士のインタビューだね、紹介したのは一部だけだよ、
完全なインタビューとその他多くの材料は、
私のColeman Cornerウェブサイトにあるからね。
kusi.comのColeman’s Cornerだ。

見てくれると嬉しいね。
それと、私は「What’s Up With That」というコーナーにもレギュラーで出てるよ。
友人のアンソニーワッツと共に、地球温暖化研究の疑わしい論文を暴いているよ。
その手の研究が毎日毎日だされてるからね。
そして、この地球温暖化詐欺を打ち破るにはどうするかね?

難しいね。ダビデとゴリアテみたいだね。 (訳注:旧約聖書、少年ダビデが巨人ゴリアテを倒すという話)
47億ドルや民主党を打ち負かせられるとは思わないね。
あるいは国連や、
シエラクラブや野生動物保護団体、これらすべてはね。
彼らは、我々を、否定論者・意地悪じいさんと呼ぶからね。
そして彼らは、我々が巨大石油会社から金もらってると思ってるんだ、そうじゃないよ。
何の関係も無い。

ともあれ、我々が打ち負かすことはできないね。では何がといえば、時間だよ。
いくつか、もっと厳しい冬が来れば、
より寒い気候になり、
時間が経てば地球温暖化は失敗するんだ。
人々はそれを信じるようになる。

知ってるかい?最近のギャラップ世論調査によると、
より多くの人が地球温暖化は大したことじゃ無いと言い始めてるしね。
我々には大したことがたくさんあるんだよ、雇用とかね。
仕事とか、政府が大きすぎるとか、そういったこと。

彼らの関心リストはそんなところだ。
地球温暖化はリストの下の方だね。
このプレゼンを見てくれてありがとう。

私はジョン・コールマンだ。いつでもOKだよ、
コンタクトしてくれ、テキストかメールで。
[email protected]

いや長かったですが、まとめると。

アル・ゴアはロジャー・レベルという学者さんの教え子だった。 

アル・ゴアは最初、そのレベル氏に心酔して地球温暖化防止キャンペーンを始めた。

ところが、地球温暖化などなかったんだ。。
レベル氏自身が自分の研究の間違いに気づいて後悔するようになった。

ところが教え子のアルゴアはキャンペーンを中止するどころか、
彼は老いぼれたので話を聞く必要はない。
そのまま地球温暖化防止キャンペーンを継続した。

というお話だったんですね。
と言うわけで、地球温暖化なんてない。それは単なるインチキ話なんだよ。
そう暴露した勇気あるお天気ニュースキャスターのお話でした。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント: ブロックチェーンプログラミング独自通貨を作ろう in新宿 2017年6月30日(金)18:30~


スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう