ヌーソロジーって何?

スポンサードリンク

さて、先日の大阪お疲れ様でした。
大阪やっぱり良いですね。

串かつ、たこ焼き、お好み焼き。
ヒャッハーー!

くほほほほほ。

さて、今回は波動理論から爪電気まで。
そして仮想通貨のお話などをしました。

やはりライブ。
途中ヤマーダ氏が伊勢エビとか車エビの話をし始めた時は、
話がどこに行ってしまうのかひじょーに心配になりますたが。
最後は共鳴の話になってまとまって良かったです。

ひじょーにタメになりかつ楽しかったですね。
会場の皆様も体をプルプルさせて喜んでおりますた。

途中ウルトラマンのポーズをしたり、合気上げをやったり。
大阪の皆様と一体感が感じられたライブでした。

参加して頂いた方ありがとうございますた。
また行きたいと思いますた。

さて、我々の芸風。
なんだか良く分からない波動漫才、共鳴漫才。

その後の金玉ナイトでお会いした方から我々と同じような話をしてる人がいる。
それはヌーソロジーと言うらしい。
そういうお話を聞きました。

ヌーソロジー?
なにそれ?

実はちょっと前にもののけのしおりちゃんという不思議な子をここで紹介したかと思いますが。
覚えてるでしょうか?

もののケのしおりちゃん

2017.02.27

で、その時も複数の方から、もののけのしおりちゃんの話を理論的に説明してる半田広宣さんという人がいる。

その半田さんが広めてるのがヌーソロジーだと教えてもらいました。
以下がその半田さんです。 

半田広宣

株式会社ヌースコーポレーション代表取締役 空間工学者 武蔵野大学院大学客員研究員
83年よりニューサイエンスの研究を糸口として、温覚的に意識や物質を新しい視座で捉えるアプローチの研究に入る。
92年より独自の宇宙理論「ヌース理論」を提唱。全国でのレクチャー展開や波動商品の開発など、幅広く活動。
著書に「2013:人類が神を見る日」「2013:シリウス革命」「光の箱舟」などがある。

以下、半田さんの説明です。張っときます。

http://tetugakunarehate.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-01e1.html

1989年のある日、半田広宣さんが、自身の物理学の研究に没頭していた頃、自分の意識の中に、自分とは異なる精神体が、シュルンシュルンと頭の中に入ってきました(寝ようとした時)。そして、その精神体は、自らを「OCOT」と名乗り、情報の提供と会話を初めてきたので、半田さんはそれを受けとらずにはいられない状況になりました。

元々、物理学者気質、アンチ宗教家気質な半田さんは、初めは、幻覚か、統合失調症にでもかかったのかと疑いつつ、半信半疑でその「OCOT」というものと向き合いましたが、次第に、その「OCOT」の提供してくる情報が、人間の精神を幾何学的な構造で解明し、森羅万象・この世のあらゆる物理現象の仕組みを、人間の意識進化のためのシステムとして捉えて、近代の科学と古来の神秘思想とを統合する可能性を秘めているような、とてつもない情報であるということが分かり、その情報を「シリウスファイル」というものにまとめることにしました。

そうして、「シリウスファイル」をまとめて出来た理論が、『ヌース理論』と名付けられ、それが現在、ヌースを探求する試みである、『ヌーソロジー』と改名されました。
・・
ちなみに、「OCOT」との交信は1989年~1995年の期間で終わり、現在は途絶えているようです。)

なんか見ると本を色々出してらっしゃる方のようです。

こんな勉強会もやってるようです。

http://metalogue.jugem.jp/?cid=23 東京ヌーソロジーレクチャー

うーん。
半田広宣さん。

チャネリングで得た情報というのはなんかヤマーダ氏に似てますね。

ヤマーダ氏の場合は「ビーちゃん」という意識体に教わったと言ってるんですが。
半田さんはOCOT(オコツト)という精神体から聞いてるようです。

読むとなんとなく似てるというか。
これは半田広宣さんファンの方のブログに載ってた図なんですが。

そうそう。これこれ。

これ、めちゃくちゃ分かりますね。
見る側だけじゃなくて、見られる側からの話もしないと、全体を正しく語れない。

見る側だけから言っても一方向からだけの話になってしまう。
ヤマーダ氏に言わせるとこれが前頭葉と後頭葉の話になるんですね。

例えば、数というのは人間の頭の中だけしか存在しない。
自然界に数なんて概念はない。

人間が勝手に自然を1,2,3,4,5・・と数をつけて数えてるに過ぎない。
で、水の結晶は綺麗な六角形になるのも、本当は前頭葉がそう見てるだけ。

本当は見られる側からの話もして、その両者の共鳴関係を語らないと真実は見えてこない。

Sponsored Link

半田さんも似たような話をしてます。

半田さんは現代社会の人たちはなんでもお金、お金。
物質的な価値観、世界観の中でみんな悩み苦しんでる。

でも、物質というのは本当は精神世界の写しであり影だ。
本当は精神の世界が先にある。

だからそれに気づけば今まで悩んでいたことは幻想の上で成り立ってるゲームの中で苦しんでたことが分かる。
それがある意味、解脱で、実はそういう動きが2013年から始まっていて今加速していて2039年まで続く。

今後は物質編重の社会から精神世界に移動する。
と言っています。

非常に興味深い。
かなり似たことを言ってます。

たぶん同じようなメッセージをヤマーダ氏はビーちゃんから聞いてヤマーダ氏なりに翻訳して伝えようとしてる。

半田さんはオコツトから聞いて伝えようとしていて、もののけのしおりちゃんもそうしている。

これはもののけのしおりちゃんが書いた図。

元はみんな同じことを言ってる。
それを違う表現方法で言ってるのでしょう。

ひじょーに興味深い。

ワタスの場合はオコツトならぬタマッコという宇宙存在からヤマーダ理論を学べとメッセージを受け取ったのです。
だからワタスはいつも金玉、金玉とうわごとのように言ってる。

タマッコに導かれワタスはヤマーダ理論、波動学を学び、それを広めてるいるのです。

ワタスが何だか知りませんがずーっと前から

地球の学問は遅れてる。未発達だ。
真理は他にある。
そう感じて来ました。

そして、今、やっとこれから本当の真理。本当の学問が広がっていくんだ。
そう感じています。
そのさきがけがヤマーダ理論なんですね。

ヌーソロジーやしおりちゃんも頑張ってる。

ワタスは更に、ヤマーダ理論、波動学を極めて広めたい。そう思いますた。

以上、同じような理論のヌーソロジーを載せときますた。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント: ブロックチェーンプログラミング独自通貨を作ろう in新宿 2017年6月30日(金)18:30~


スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう