北朝鮮と陸軍中野学校

スポンサードリンク

まぁ、その。
北朝鮮は日本陸軍が作った国というのは、ある程度知ってる人なら常識なのですが。

こんな動画があったので張っときます。

歴史は色々深い。
過去を調べるとなぜ現代がこうなってしまってるのか分かるというものです。

日本陸軍の人たちは終戦後、命からがらもちろん日本に帰った人達が多数なのですが。
でも、現地に残って現地人になった人達もいたんですね。
残留日本兵です。

第二次世界大戦中、陸軍中野学校というのがありました。
あのJR中央線の中野にあったから中野学校です。

いわゆる当時の諜報員(スパイ)養成所でしたが、その中野学校の人たちも現地に残った人たちもいた。
それを残地諜者(ざんちちょうじゃ)と言ったのでした。
それで、日本人名を名乗らないまま、そのまま現地人と同化してしまったのです。

なぜ第二次世界大戦後、アジア各国は次々に欧米の植民地から独立できたのでしょうか。
インドネシア、マレーシア、ビルマ、タイだとかインドとか。
アジアの人たちは軍隊経験がまったくなかったのに、なぜか第二次大戦後、欧米列強の軍隊を次々に追い払った。

それは現地人に同化した残留日本兵や残地諜者がやったのです。
日本陸軍の人達が現地人たちを教育して、当時軍人としてまったく役に立たなかったのを苦労して軍人として育て上げて士官学校を作って独立するよう仕向けたのです。
それで欧米列強の軍隊を追い払ったのでした。

そういう現地人と同化した人達は歴史に名前はまったく出てこない無名の人たちですが、
ある意味英雄的な人たちだったのでした。

で、本当は北朝鮮にもそういう人達がいっぱいいた。
北朝鮮には金策(キムチェク)という名前がつく場所がいっぱいあります。
金策軍官学校、金策工業総合大学、金策航空大学。

その金策という言葉は、この動画はある特定の人物と言ってますが、
そうではなく日本陸軍の居残り謀者(つまり陸軍中野学校のエリート軍人)の総称なのでした。

本当は国に帰りたかったのに、お国のためと信じてわざわざ現地に残って理想のために戦った人達がいた。
あのフィリピンに居残った小野田少尉も中野学校出身の人でした。

でも、そういう純粋な人たちの心は得てして利用され踏みにじられることが多い。
その昔は純粋だった目的が変な方向に捻じ曲げられておバカなヤラセをやるようになっちゃったのです。
ワタスは今はそういう昔の理想を信じた人達の心が利用されてるのだと見てます。

歴史というのは、いろいろ調べると奥が深いのでした。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブ 波動学 in新宿 10/9(月) 18:30~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう