祝!黄金の甘酒を知らないか?発売! 甘酒の様々な効能について

スポンサードリンク

さて、も~いくつね~ると雛祭り~。

さて、今まで黄金のお米、黄金のとうもろこし、黄金のりんご。
そして黄金の卵、黄金のところてん。

長野県の名品の数々をお届けしてきました。
なんと今回は甘酒です。

以下、黄金の甘酒を発売することになりますた。

考えるな!購入するんだ!

ご購入はこちらから↓
http://www.haramura-green.jp/product-list/30

おほぉ。
これは素晴らしい。

さて、なぜ今、甘酒なんでしょうか。

甘酒は最近はその驚くべき効用が知れ渡り、若い女性の間で甘酒ブームが起きてます。

甘酒でお肌がツルツル。
甘酒で便秘が治る。
甘酒でニキビが治る。
甘酒ダイエット。

甘酒の酵素作用。
それが広く知れ渡りブームになっているのでした。

以下、ネット上でもいろんな記事が載ってます。
全部最近の記事です。

http://bujikorezakki.jp/2140.html
「飲む点滴」甘酒の5大健康効果とは!?テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」の甘酒まとめ

http://columii.jp/vote/beauty/article-1559.html
甘酒ブームの理由!ダイエットや美容健康効果は?

http://www.news24.jp/articles/2017/02/02/07353139.html
“飲む点滴”甘酒、女性にブームの理由

http://toyokeizai.net/articles/-/141394
森永製菓の「甘酒」が女性にバカ売れするワケブーム到来で百花繚乱、市場は100億円超え

なぜそれほどまでにブームになるのでしょうか。
以下、甘酒の効用がまとまってたので引用しときましょう。

https://allabout.co.jp/gm/gc/466463/
甘酒ブームの理由!ダイエットや美容健康効果は?

美容・健康・意識の高い人の間で、甘酒が空前の大ブームとなっています! そこで今回は、甘酒人気の理由、ダイエットや美容への効果効能、飲むタイミング、取り入れ方、生甘酒の作り方などを詳しく解説していきたいと思います。

甘酒はなぜ人気?ブームの理由に迫る!

甘酒がバカ売れしている理由とは!?

甘酒がバカ売れしている理由とは!?

「森永製菓の甘酒がバカ売れしている!」と話題になるほど、今、特に健康志向の女性の間で大ブームとなっているのが「甘酒」です。

そんな「甘酒」は、栄養豊富なことから“飲む点滴”とも呼ばれていますが、ダイエットや美容&健康への効果効能の数々を知れば、人気の理由も納得です!

そこで今回は、「甘酒」の効果効能、飲むタイミング、取り入れ方、「生甘酒」の簡単な作り方などを詳しく紹介していきたいと思います。

米麹の甘酒を選ぼう

米麹で作られた甘酒がベター

米麹で作られた甘酒がベター

「甘酒」には、酒粕から作られるものと、麹菌で米を発酵させて作られるものがあります。

どちらも栄養価は高いのですが、酒粕から作られる甘酒にはアルコールが少量入っているので、未成年はもちろん、妊婦の方やお子さんは飲むことができません。また、酒粕の甘酒は、砂糖を加えて作ることが多いので、ダイエット的にはあまりオススメできません。

いっぽう、米麹で作る甘酒は、ノンアルコールで砂糖も加えていないのが特徴です。発酵段階で作られる自然の甘味だけでも十分に甘いため、ダイエットや健康・美容を考えた場合、米麹の甘酒を選ぶのが良いでしょう。

ダイエット、美容&健康への効果効能とは?

甘酒でキレイ痩せが叶う!?

 

甘酒効果1 ビタミンB群が代謝アップを促進

甘酒には、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどのビタミンB群が豊富に含まれており、炭水化物、脂質、タンパク質をエネルギーに変えて代謝を促す働きがあります。

また、ビタミンB群は保湿性も高いため、美肌効果も期待できます。

甘酒効果2 アミノ酸が脂肪燃焼をサポート

甘酒には、9種の必須アミノ酸をはじめ、豊富なアミノ酸が含まれています。それにより、成長ホルモンが分泌されるのを助けるなど、痩せやすい体作りに役立ちます。

また、アルギニンやリジンなどのアミノ酸は、脂肪を燃焼する酵素リパーゼを構成し、さらにロイシンは、筋肉の再生を促して基礎代謝アップをサポートします。

甘酒効果3 酵素が痩せやすい体に

甘酒のダイエット効果は?

甘酒には生きた酵素が豊富に含まれているので、エネルギー代謝を活性化させ、太りにくい体質へと導きます。

ただし、酵素は70℃以上で加熱すると失われてしまうものなので、もし市販を購入する場合は、加熱されているかどうかをチェックすることが大事です。また、飲むときの温度もひと肌程度が良いでしょう。

甘酒効果4 ブドウ糖で満足感アップ

甘酒に含まれるブドウ糖は多糖類に分類されるもので、すみやかにエネルギーに変わり、身体に蓄積されにくいとされています。

また、甘酒を食前に飲むことで満腹中枢が刺激され、血糖値も上がって満腹感を得やすく、ドカ食いを防ぐことにもつながります。

甘酒効果5 乳酸菌で腸内環境改善

発酵食品である甘酒に含まれる乳酸菌は植物性なので、生きて大腸へ届きやすいのが特徴です。また、甘酒が作られる過程において、米麹菌の作用によりでんぷんが分解されてブドウ糖とオリゴ糖になるのですが、オリゴ糖は善玉菌のエサとなるため、どんどん善玉菌が増えることで腸内環境が整い、便秘改善効果が期待できます。

また、腸内環境が整うことで、吹き出物といった肌トラブルも改善します。

甘酒効果6 コウジ酸で美白効果

甘酒に含まれるコウジ酸には、シミ改善や美白効果が期待できます。酒蔵で働く人は手がキレイな人が多いと言われるのはその為です。

甘酒を継続的に取り入れることで、透き通るような美肌が手に入るかもしれません!

目的別!甘酒を飲むタイミングはいつ?

アンチエイジングなど、目的別に飲むタイミングを選ぶ!

■ダイエットには「おやつタイム」

甘酒のカロリーは100gあたり約80kcalなので、15時ぐらいのおやつタイムにチョコやクッキーなどのスイーツを食べる習慣がある人は、それを甘酒に変えるだけでもダイエット効果が期待できるでしょう。コップ一杯の甘酒だけでもスイーツを食べたい欲求がおさまります。

■便秘改善には「朝」

便秘解消には朝に飲むのがオススメ。朝に飲むことで、身体も内臓も温まり、腸が目覚めて活発化することで、便秘改善に役立ちます。

■プチ断食には「食べ過ぎた翌日」

点滴とほぼ同じ成分を含む甘酒は栄養が豊富なので、プチ断食の活用にもオススメです。食べ過ぎたと感じた翌日に食事の変わりに甘酒を飲めばOKです。

■アンチエイジングには「夜食」

甘酒には興奮を鎮めてリラックス状態へと導く作用があります。夕食後、ちょっと小腹がすいた時に甘酒を飲めば、副交感神経が優位になりリラックスすることでストレスも軽減。質の高い睡眠に繋がるため、アンチエイジングにも役立ちます。 

とにかく、甘酒の酵素パワー。
これが美肌になるし、太りにくい体質に変貌させる。

Sponsored Link

なんと今回発売する甘酒。
木曽御嶽山の天然水を使い、また130年来の麹(こうじ)菌を使った完全手作りの甘酒です。
機械化する店が多い中、古来からの伝統を守りそして手作りの甘酒。

木曽の老舗 小池麹店の甘酒の特徴:
米麹(こめこうじ)を使っている。
60度以下での処理してる。(70度以上では酵素が死んでしまう)
130年来の伝統の麹(こうじ)菌を使っている。

米麹(こめこうじ)とは蒸し米に麹菌をつけて発酵させたものです。
米麹をみると、ふわふわした白い菌糸が蒸し米の表面を花のように覆っているのがわかります。

というわけで是非購入下さい。

おまけに以下、天然熟成2年もののお味噌も発売します。

以下はワタスも頂きましたがちょっと好みが分かれるところです。
こ、これが2年ものの味か。。
ちょっと匂いがきつい。
ってチーズか!
という味です。

しかし酵素パワー最大のお味噌です。
味わってみたい方はどうぞ。

こちらの味はやや普通。

と言うわけで、今回の黄金シリーズ!
考えるな!購入するんだ!

皆様が大量に商品を買う

このブログの活動資金になる

今後、更にためになる素晴らしい記事が増える

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう