祝!リップル取引所代表逮捕!リップルゲートウェイ詐欺

スポンサードリンク

さて、仮想通貨に興味のない人はスルーで。

おほぉ! なにこのニュース。

「リップル」取引所代表逮捕=仮想通貨預かり金詐取容疑―警視庁

仮想通貨「リップル」の取引をめぐり、客から預かった金をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課などは18日、詐欺容疑で、取引所「リップルトレードジャパン(RTJ)」代表竹中優樹容疑者(31)=京都市山科区勧修寺西金ケ崎=を逮捕した。

容疑を大筋で認めているという。
2015年2~3月に全国の40人以上から約1700万円をだまし取っていた疑いがあり、同課が裏付け捜査を進めている。

逮捕容疑は、同社の経営が悪化し、事実上破綻していた15年3月3日、払い戻す能力がないのに宮城県内の男性(41)から現金140万円を同社口座に振り込ませ、詐取した疑い。

同課によると、同社は15年初めごろには既に資金が枯渇していたとみられ、同年3月ごろから竹中容疑者と連絡が取れない状態になっていた。だまし取った金は遊興費などに充てていたとみられる。 

どうも預り金を使い込んでたようですね。

仮想通貨取引所の元代表、預かり金詐取容疑

逮捕状が出ているのは、2015年に経営破綻した取引所「リップルトレードジャパン(RTJ)」元代表で、京都市内に住む30歳代の男。捜査関係者によると、男は15年3月、RTJの経営が悪化して預金を払い戻す能力がないのに、宮城県内の男性から取引のために現金約150万円を預かり、だまし取った疑い。RTJは直後にリップルの取引を停止した。RTJは破綻直前、ほかにも複数の顧客から現金を預かっており、同庁が被害の把握を進めている。

それにしても、この逮捕のタイミング。

素晴らしい!

カナダのトロントでリップルのイベントが始まり、
ビル・ゲイツメリンダ財団との提携の発表と同時にこのニュース。
なんつぅタイミングでしょうか。

おかげで30円以上まで急騰してたリップルが急落してます。

Coincheck より

ヒャッハー! 警視庁ナイス!

なんでしょうこのタイミング。
これは通常では考えられない。
完全に今回のイベントにぶつけて来たように見えます。

どうもこれは、奴らへの反撃なんでしょうか。

まさか警視庁に大岡越前がいる?国内の愛国勢力の反撃?

いや、それとも支配者層の仲間割れ?

ちょっと前にR3コンソーシアムを紹介したんですが。
以前R3とつるんでたリップルが、今やR3 vs リップルで訴訟合戦やってます。

http://xn--zck9awe6dx83p2uw267du0f.com/news-ripple-r3-court-partnership/
仮想通貨ニュース パートナシップも解消?リップルとR3の法定戦争は泥沼化

Sponsored Link

今回の件は、奴らの仲間割れの表面化なんでしょうか?

そう言えばJPモルガンはけちょんけちょんの糞味噌にビットコインをけなしてるのに
ゴールドマンの方はビットコインを擁護してます。

こりゃどういうことなんでしょう。
ひじょーに不可解な動きです。

とかなんとか。

ちなみに、今回のリップルタイーホの件で、他の仮想通貨も怪しいと言ってる人が出てきてます。

おいおい。
落ち着け。

前から行ってるようにリップルは、他の仮想通貨と根本から仕組みが違う。
一緒にするんじゃない。

リップルは今の銀行システムの置き換えです。
だから仕組み上、こういう詐欺が起きやすいのです。

リップルは、まずゲートウェイという取引代理店に日本円だとかドルだとかなんらかの資産を預ける。
そしてIOUという預り証を発行してもらう。
で、その預り証(IOU)自体が仮想通貨として流通する仕組みです。

だから、その預り証の価値を保証してるのは、あくまで取引代理店(ゲートウェイ)です。

リップルネットワーク自体は単なる送金システムであってIOUの交換保証はしてない。
リップル(XRP)自体はIOUとIOUの間の単なるブリッジ通貨です。

ここを分かってるんでしょうかね。

とにかく、預り証(IOU)を保証してるのは取引代理店(ゲートウェイ)

だから、ゲートウェイがトンズラしたり、倒産すれば預り証の価値はパーです。

bitflyerさんがこういうコメントを出してます。

どうも今回逮捕された野郎は架空のIOUを自分宛てに発行してたらしい。

これは銀行とまったく同じシステムだからなのです。
本来、銀行だって、規模が大きいだけで同じ仕組みをやってるのです。

この動画に出てます。

その昔、どうもあの銀行は怪しい。
なぜか最近やたらに景気が良さそうだ。
怪しんだ住民たちが、一斉に銀行に押しかけて預り証の返済を求めました。
いわゆる取り付け騒ぎです。

そしたら案の定、住民の貯金は使い込まれていて残ってなかった。
銀行は、預かってる以上のお金を貸し出してたのでした。
つまり持ってもない架空の預り証を大量に発行していたのです。

例えば、現代でも、ある銀行の貯金者が全員お金をおろしに行ってみたらどうなるでしょう。
たぶん、全員分のお金なんて持ってない。

あなたが住宅ローンを組む時は銀行は、コンピューターの端末に はい3000万貸しますた。
そうやって打ってるだけです。
単なるコンピューター上の架空マネーを貸し出してるのです。

銀行は規模は違えど、リップルトレードジャパンと同じことをやってるのです。

リップルも同じ仕組みだから、突然、今回のように貯金者が取引代理店に引き出しに行ったら
やっぱり引き出せませんでした。 
とタイーホされるのです。

リップルトレードジャパンは規模が小さいから捕まっただけです。

本来、銀行も同じことをやってるのに、規模がでかすぎて、
しかも銀行同士カルテルを組んでやってるから捕まらないのです。
取り付け騒ぎが一つの銀行で起きても他の銀行がカバーするので、資金が枯渇することがないのです。

まぁ、それにしても。

警視庁ナイス!
素晴らしい。

ヒャッハーー!

リップルの仕組みは限りなく怪しい。
ゲートウェイ詐欺。

こんな詐欺を仮想通貨の世界にも流行らせてはいけない。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブin新宿 ハチソン効果 11/29(水) 18:00~ (30日→29日に変更になりました)
当日払いは立見席になります
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう