サウジ大量逮捕はフランスロスチャイルド系

スポンサードリンク

くほほほほ。
くほほほ。

さて、天高く秋晴れの昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワタスは、先日は畑に行ってサツマイモや食用ほおずきを大量に収穫していますたよ。

以下、その模様です。
最近は、サクッとスマホで思い出ムービー作りができるんですね。

見ればわかるように途中からカフェの様子になっています。

言ってはいませんでしたが、
我々の畑作業とは、1/3が畑作業、残りはまったりカフェでお茶タイムです。
八ヶ岳おろしが吹きすさぶ中、長時間畑作業などやったら凍え死んでしまいます。

1時間やったら2時間はカフェでおしゃべり。
2時間やったら4時間はカフェでくつろぐ。
そういうお気楽まったり農業が金玉農園なのです。

宜しくお願いします。

さて、仮想通貨云々の方に注目していてスルーしてたんですが、
なんだか最近、変な動きが相次いでますね。

なんでしょうね。これ。
サウジアラビアで大量逮捕ありますたね。

http://toyokeizai.net/articles/-/196704
サウジの王子が11人も逮捕された事情

サウジアラビアで皇太子の命令によって行われた11月4日の一斉逮捕では、何十人もの影響力ある人々が拘束された。その中には、王子11人も含まれている。逮捕はムハンマド・ビン・サルマン皇太子が命じたもので、逮捕容疑は明らかでなく、法的な手続きも取られていない。ただ、腐敗を取り締まるためと説明されている。

11人王子の関係者合わせると数百人以上の逮捕だとか。
これはほぼクーデーターではないですか。

見ると、あのアルワリード王子も逮捕されてるんですね。
驚きました。
アルワリード王子といえば、一時は、世界第三位の富豪だった人ではないですか。

以下の左がアルワリード王子。

フランスのサルコジ大統領と握手してますね。

これはアルワリード王子のプライベートジェット。
どんだけ豪華なんだ。

The interior of Saudi Prince Alwaleed bin Talal’s private Boeing 747 airplane in Riyadh, Saudi Arabia, on Tuesday, April 27, 2010. Alwaleed said he will continue working with Goldman Sachs Group Inc. after the U.S. regulator sued the most profitable securities firm in Wall Street history for misleading its investors. Photographer: Waseem Obaidi/Bloomberg via Getty Images

アルワリード王子といえば、シティバンクとかツィッターとかアップルの株主で知られてます。
あと、映画の21世紀フォックスとかタイム・ワーナーの株主でもあります。

カリフォルニア周辺のIT企業やハリウッドはサウジの資金で動いてるのです。
要するにサウジ=ロックフェラー石油資本。

米ドル基軸通貨システム(ペトロダラーシステム)の一部がサウジですから当たり前といえば当たり前です。

で、アルワリド王子は選挙戦でトランプをこき下ろしてますたね。
アメリカ人の恥!大統領選から撤退せよ!

まぁ、要するにヒラリー陣営だったのです。
で、ヒラリーさんは元々フランスのセメント会社ラファージュの弁護士だったので、
本当は、さかのぼるとフランス系なんですね。

ロックフェラー系とは本当は
フランス・ロスチャイルド系なのです。

ワタスは今年の3月15日。日本でサウジの王様とフリーメーソンさんの集会が合ったことがありました。
今回の件は、これと関係してる気がします。

3月15日 今週都内でフリーメーソンの大規模集会という情報

2017.03.14

今回の大量逮捕はヒラリー=フランス系が捕まってる。

奴らの中でも過激派。
イスラム国ISISに資金援助してる連中。
911の資金の出どころサウジ。

こんな記事がありました。
11/4にヒラリー側が、パープル革命をやる計画があったとか。

<11月4日にジョージ・ソロス、クリントン、オバマ、民主党、ディープステートが主導するパープル革命が勃発します。>
http://beforeitsnews.com/politics/2017/11/november-4th-coup-the-barbarians-are-inside-the-gate-2954078.html
(一部)
11月1日

11月4日にトランプ政権を倒すためのパープル革命が本格始動します。
パープル革命を計画しているジョージ・ソロス、クリントン、オバマを中心とするリベラル派は実際は社会主義社、マルクス主義者、共産主義者であり、彼らは根本的に冷酷無比なボルシェビキ(過激派)なのです。

彼らは気が狂ったサイコパスの犯罪者集団であり、傭兵を雇ってアメリカで革命を起こそうとしています。

8年間のオバマ政権下でソロス、ヒラリー、オバマの連携によりアメリカにマルクス主義が徐々に(わからないうちに)浸透していきました。彼らの最終目的はアメリカを破壊することです。

彼らの計画通りに物事が進めば、11月4日(土)の狩猟月(血色の月)にパープル革命が本格始動するでしょう。
アメリカのテロリスト集団のアンティファは11月4日を現政権を倒す日に指定しました。彼らはフェースブックで「ファシズムを拒否せよ!」と呼び掛けながらトランプ政権を倒す仲間を集めています。
反トランプの極左集団は11月4日に現政権を倒すための内戦を勃発させようとしています。

また、先月、米国防総省は、太陽嵐により送電網が破壊され国民がパニックに陥ったケースを想定した軍事演習を11月4日から6日まで行うと発表しました。あくまでも太陽嵐の被害を想定した軍事演習と発表されていますが、演習期間がパープル革命の予定日と一致しているため疑念を抱かざるを得ません。過去にも軍事演習と同時並行して偽旗テロ事件が何度も起こされました。

つまり11月4日~6日に予定されている今回の軍事演習は、何等かの偽旗テロ事件に合わせた可能性があるということです。

水面下でトランプ政権を倒すために本格的な革命が計画されています。
最近、極左で反トランプ+国賊新聞のニューヨークタイムズ紙は、極左テロ集団アンティファの革命呼び掛け広告を一面に掲載したのです。
訳は日本や世界や宇宙の動向さんより

どうもこれはトランプ氏のアジア歴訪のスケジュールに合致してます。
トランプ氏は5日から12日にかけて国外に行ってました。

もしかしたら、このパープル革命を避けるため?
で、逆にトランプさんの留守の間に反撃されてヒラリー陣営がタイーホされてしまった。

最近、パラダイス文章というのが出てきましたが、その煽りでアップルが巨額の脱税で騒がれてます。

前のパナマ文章は、フランス→イギリス系への攻撃。
今回のパラダイス文章は逆のイギリス系→フランス系の反撃。
だからフランス系のアップルがやられてる。

とかなんとか。
そんな風に見えます。

それにしても。
今まで散々テロ等々で人を怖がらせてた連中が捕まり始めてる。
これは、ひじょーにめでたいお話ですね。

もっとやってほしい。

日本ではジャニーズがぶっ潰れ。
電通には強制捜査が入り。
山口組も分解されつつある。

怖いよ~怖いよ~。
以下、ホラー映画を見て震えるネコちゃん。

今頃、奴らもこのように震えあがってるのでしょうか。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブin新宿 ハチソン効果 11/29(水) 18:00~ (30日→29日に変更になりました)
当日払いは立見席になります
トークライブin大阪 12/27(水) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう