南インド 熱血空手 感動の完結編!

スポンサードリンク

さて、あれからはや二ヶ月。
楽しかった南インド旅行。

ちょっと熱血空手編の続きをすっかり書くのを忘れていますた。

続きまだ~?
さっさと続き書け!

そういう突っ込みがあったので思い出しました。

そう、前回は以下でした。

南インド 熱血空手編 必殺の金玉拳について

熱が出てしまったワタス。
なのに大勢の前での空手の演舞をしなきゃなりません。
一体、どうなってしまうのでしょうか。

感動の完結編。
実はこの出来事で、ワタスがモヒカンにするまでつながるのです。

くほほほ。
ヒャッハーー!
以下お読み下さい。

インド人の家借りた さんより

演舞の前日、道場主のマドゥ氏がやってきました。
マドゥ氏は南インドではかなり知られた空手家です。
たぶん2020年の東京オリンピックに空手のインド選手団の中にまじってやってくることでしょう。
それぐらいの有名人でした。


夜は楽しい飲み会でした。

Sponsored Link

さて、いよいよ空手演武の当日です。

ガクガクガク。なんでこんなに一杯いるの?

大勢の道場生の前にイタイケなワタスは思わず緊張してしまいますた。

日本から来た先生として紹介されてしまうワタス。
どうなることでしょう。

もう覚悟を決めよう。

こうなったらワタスの普段からの信念。
武道とはなんなのか。
その真髄をこのインドで広めて見せる。

Don’t think  feel !
考えるな感じるんだ!

戦いの中においてもリラックス。
刀の切っ先でケタケタ笑うこと。
それが極意です。
金玉拳の極意をインドの皆さんに伝えることにしたのですた。

さて、ここから約束組手です。

道場主のマドゥ氏は空手のみならず、ボクシング、空手、柔道。
昔、総合格闘技にも出てた人でした。
闘気(とうき)が他とは全然違いました。

いかん。

約束組手とはお約束で相手には当てないものなのです。
寸止めというやつです。
でも、良くあることですが。

弱くやるよ~ん。
は~い。
はじめはそう言ってはじめたのに、だんだん熱くなってきて

この野郎!
ヒートアップしてしまい打撃が本気になってしまう。
良くあることなのです。

マドゥの闘気にワタスも熱くなってしまいますた。

Sponsored Link

つぁ。
いけない。
ワタスは昨日まで熱で寝込んでたんだ。
張り切ってはいけない。

ここで止めてればよかったのでした。

しかし、一瞬の出来事ですた。


つぁぁああああああ。
バキッ!
マドゥの拳が当たってしまったのでした。

普段のワタスならくほほほほ。
華麗なるバックステップで避けるのに。


名誉にかけて言いますが、断じてクリーンヒットではない。
かすっただけなんだ。

でも、ちょびっと流血してしまいますた。

ごめーん。当たっちゃた。
大丈夫?

ごめんね!平謝りに謝るマドゥ。

ったくこの野郎。

当てないのがお約束でしょ。当てるなんて卑怯でしょ!
金玉蹴り潰したろか!

と心のなかで思いつつ笑って許してあげますた。

という訳で、いよいよ大勢の前で空手演武。

その翌日です。

なぜでしょうか。
全身が熱い。
なぜか全身に闘気がみなぎっていました。

マドゥの拳を受けたワタスは体中からみなぎる闘気を押さえられませんでした。

何故かなんでもできる気がする。

ヒャッハーー!
日本でもやったことのないマグロサバキに挑戦しますた。

 


Sponsored Link

おほぉ。
なんでしょう。

なぜかまだ闘気が押さえられずモヒカンにすることにしますた。
  


という訳で、インドで一発入魂。

なんと楽しい旅だったでしょう。
いよいよインドを去るときが来たのでした。


という訳で、本当に楽しく心に残る旅でした。

インドはワタスに何かをくれた。
生まれ変わった気がした。

今回、一緒に行った皆さんとは今度もまたどっか一緒に行こう~という話になってます。(次は台湾?)
決まったらここで告知しましょう。

以下、ワタスの脳内のインドでの思い出です。

以上、感動の熱血空手インド編。
お楽しみいただけましたでしょうか。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント: ブロックチェーンプログラミング独自通貨を作ろう in新宿 2017年6月30日(金)18:30~


スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう