今の状況は2013年末に決まってた?

スポンサードリンク

さて、ちょっと久しぶりに読んで驚きだったのでもう一回載っけときます。

以下の記事は2016年の1月にまだトランプさんが大統領になるなどと夢にも思わない時期に載っけた記事です。

ベテランズ・トゥデイというアメリカの退役軍人がやってるサイトの記事ですた。
このサイトはかなり良い線いってる情報を載せたりするのでワタスは時々チェックしてます。

この記事では、何か強力な力を持ったグループがやってきてハザールマフィアをやっつけた。

今の経済システムはもう無理だから一度リセットしろや!
そうやってリセット協定を結ばせて、一部のハザールマフィアが嫌がって未だに抵抗してる。
そういう記事でした。

ハザールマフィアをやっつけた謎のグループ。
その強力な力を持ってるグループはロシアの軍事力と、アメリカ軍のNATOとイスラエルを加えた以上の力を持ってる。
そして不思議なことに西側によるどの核攻撃に対する完全な防御がなされていると言ってます。

以下の記事です。

http://www.veteranstoday.com/2016/01/09/the-secret-global-reset-agreement/
AECZEBORLC2016000348.jpg

以下、意訳です。

The Secret Global Reset Agreement
秘密の世界リセット合意について

2013年にG20会合が三回行われ、一度はモスクワ(2月)、二度ワシントンDC(4月と10月)で行われました。

これは2013年5月~6月 ロシア サンクトペテルブルグで撮られたG20の集合写真
AECZEBORLC2016000346.jpg

ワシントンDCにおける4月の第2回目の会合はIMFと世界銀行による会合でした。
これらの会合の間、ハザール中央銀行システムは、もはや維持不可能であると言う認識で、
秘密のリセット協定が合意されたようでした。
また米ドルのペトロダラー体制も排除すべきだと確認されました。

G20では、非常に強力な力を持ったグループがこの提案を行いました。そして、この秘密の合意が為された正確な日付は2013年末であったようです。

これは、ロンドンシティのドラゴンの銅像

AECZEBORLC2016000347.jpg

ロンドンのドラゴン像は、ハザールマフィアが歴史上最大の人類の寄生虫であることを示しています。
そのドラゴンは、他のさらに強力な人間性にあふれたグループに打ち負かされたのでしょうか?

この新しいグループはロシア連邦と未確認のアメリカ防衛省の内部に深いところの派閥と同盟を結んでいるようでした。
この秘密の協定の情報を入手することは今、非常に困難です。

この新グループはG20のメンバーに現在の金融システムは維持不可能で世界はもはやこれを受け入れないし、許さないと伝えました。
また、この会合で石油を米ドルから切り離し、世界準備通貨として米石油ドルに代替として調整された通貨バスケット体制が提案され、承認されました。

伝えられるところによると現在、この新世界金融システムを打ち出し、現在の金融システムを一つずつ置き換えて行く計画が実行されています。

そして、現在は、この秘密リセット協定が合意されたにもかかわらず、今のところまだハザールマフィアとその手下によって抵抗されている状況です。

疑問が沸き上がるのですが、果たしてハザールマフィアのような強力な集団が第一次世界大戦から乗取った世界の権力を放棄するのかどうなのか。
我々はその質問に対する完全な答えを持っていません。

しかし、このグループはロシア連邦の一部と思わしき実質的な防衛軍事力を持っているのと、アメリカ軍のNATOとイスラエルを加えた以上の力を持っているように見えます。
不思議なことに西側によるどの核攻撃に対する完全な防御がなされていると信じるにたる技術を持ってるように見えます。

結論
この秘密のリセット協定が初めて公表されれば、輸入品は最初の月20%値上がりし他の物も20%値上がりするでしょう。飛行機による渡航も制限される可能性もあります。そしてアメリカの標準的生活は、1年か2年でメキシコ並みのレベルに落ちる可能性が高いでしょう。

ハザールマフィアがアメリカの警察を軍隊化して一生懸命、全ての法執行機関と情報を警察国家組織、国家保安省(DHS)の長官下に統合しようしているのはこのためです。そして数百万の弾丸、AR-19Sの9mmピストル、グレネード・ランチャー、装甲車、ボディアーマーを訓練もしていない教育省やEPA、米郵政公社等が購入しようとしている理由もこれです。

ハザールマフィアに代わってアメリカにおいて物事を管理している手先の連中はハザールマフィアが解体した後も権力に必死にしがみ付くことが予想されます。そして彼らはリセットの間に権力を握ることができるかも知れないと思っているのでアメリカの支配に依然として残っているかも知れません。

ハザールマフィアが調印した秘密のリセット協定は、ハザールマフィアにとっても、ここアメリカにいる我々にとってもハードランディングになることでしょう。
1913年の以来、通貨配布システムを作って来た以来少なくとも100年、アメリカに寄生してきた連中が排除されるのです。

これは記念碑的偉業であると言えるでしょう。

Sponsored Link

ワタスはこの記事の時点ではまさかトランプさんが出てくるとはまったく思いも寄りませんでした。

トランプ政権の国務長官ティラーソンさん。

この人はエクソンモービルの元CEOで、ロシアのプーチンさんと非常に仲が良いロシア人脈の人です。
なので、この人事でベテランズ・トゥデイの記事は本当でしょう。

トランプさんの背後にいるのはNATOやイスラエルも上回る軍事力を持ったグループ。
それはロシアの一部とペンタゴンの内部の深いとこの同盟グループだった。

で、IMFがアメリカを見限ってこのグループに加わった。
IMFというのはマルタ騎士団ということです。

元々IMFは米国CIAと連携して動いてたのにCIAを切り捨てた。
だから今、CIA内部の色んな情報が出てきてる。

で、今後はやっぱりFRBはぶっ潰す方向に向かう。
米ドルと石油体制(ペトロダラー体制)が潰される。
だからサウジ国王がやってきて。メーソンさん達も集まってる。

今後アメリカは生活レベルが落ちる。
それを知った一部の富豪達がニュージーランドなどに逃げてる。

とそんな状況でしょうか。

いやそれにしても2013年末に今の状況が決まってたというのが驚きです。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう