行き過ぎれば逆に行く

スポンサードリンク

さて、まぁ、これはワタスが年末年始感じただけのことですが。
ワタスは年末の紅白とか。
他のいろんなTV番組を見て思ったことですた。

「この時代に生きる 私たちの矛盾」

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使っているが 得る物は少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

より便利になったが 時間は前よりもない
知識は増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

長生きするようになったが 長らく今を生きていない
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない
たくさん書いているが 学びはせず

情報を手に入れ 多くのコンピュータを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない
夫婦でかせいでも、離婚も増え
家は良くなったが 家庭は壊れている

今の日本は来るべきところまで来てしまったなぁと思ったものでした。

今の日本は違和感だけ感じる世界になってしまった。

もう文化が、外人文化というか。

TVにはアニメだか外人だか良く分からないヘンテコな人がいっぱい出て来て。
文字通り、街は外人だらけになってしまいましたし。

日月神示には日本の国は一度つぶれた様になるとありましたが、
まさに今なんじゃないかと思いますた。

人には直感というものがある。

動物なども災害前は不思議なもので、ほとんどいなくなってる。
山火事とか、噴火とか。地震とか。

動物にはちゃんとそういう本能があります。

人間だけ欲に目がくらんで
私の方が肩書が上、収入が上、勝ち組だ。

そんなことを言いつつ、自然からのメッセージに目を向けず、
煌びやかなネオンの下に留まってる。

こういうことを書くとインチキ宇宙人チャネラーなどが
ネガティブなことを言うとネガティブを引き寄せてしまいますよ。

そんな間違った引き寄せを言ってくるのですが。

こういう馬鹿な思想が流行るのも行き過ぎた象徴ですよね。

その理屈で言えば、
災害にあった地域の人はいつもネガティブに目をむけて生きてたことになっちゃいます。

3.11では福島の人たち。
最近のインドネシアで津波で死んだ人たちはいつもネガティブなことばかり目を向けてたのでしょうか。

他の地域の人と同じだったと思いますが。

災害は忘れた頃にやってくる。
なーんも意識してない時にやってくる。

別に引き寄せ等とは関係ない。
誰にも等しくやってくる。

だからといって別にいつも将来を不安に思って暮らせと言ってる訳ではないですが。

何事もバランス。
行きすぎれば、逆に行く。

自然を痛めつけ、大量消費、大量廃棄。
人間の楽しみさえ追求してればそれで良い。

我良し。

2020年にやる東京オリンピックはその最たるものでしょう。

人を苦しめても儲かればそれで良い。
庶民はバカなのでボランティアで使ってやればそれで良い。

我良しの祭典。
表面の煌びやかさだけに目を向けてると何も見えてこない。

今の日本は変だ。
変が極まった。
もう長くないと思いますた。

これは新聞に載ってた13才の少女の投稿。

今年は、大きな揺り戻しが来る。

不思議なことにこの年末年始はその思いを頭からぬぐいさることができませんですた。

直感で分かる人は従った方が良い。

まぁ、いつもの独り言です。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
玉蔵&山田貢司 トークライブ in新宿 6月27日(木)
(満員御礼) 戸隠水輪お泊り会&麻糸つむぎ会 5月25日~26日(土日)

メルマガ始めました:
5月18日号 最新の定量分析情報 今後の株価と仮想通貨の動き

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう