テレパシーが使えるようになる?2025年7月

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、ワタスは明後日に収穫祭を控えとーっても忙しい。
今日は、野外ステージで使う発電機をいじってますた。

ビリリリ つぁっ

触るところを間違えて、したたかに体に電流が流れてしまいますた。

つぁあぁあ

注意1秒、ショック3分。
しばらくの間うずくまっていたのは言うまでもありません。

皆様も発電する時はお気をつけ下さい。
まだ股間が震えています。

さて、昨日も載せた2025年7月の話。

そもそもこのブログでずーっと前から書いていたこと。

外界は内側の写しだよ。

内は~外、外は~内。

外側の世界に変化が現れる。
それすなわち、内側にも変化が現れるってことです。

内側の変化が外界に映し出されるだけなのです。

2025年7月。
みんな流されちゃう。

もし、日本の人口の半分が流されるような、

そんなとんでもない地殻変動があるとするなら。

それは、当たり前ですが、同じくとんでもない人体内部の変動があるのです。

外界だけ独立した現象はあり得ないのです。

さて、それはなんなんでしょうか。

はい。
実は、先月の波動学オンラインで地底人さんは、きっぱりと言ってたのですた。

これはその時の説明図ですた。

なんと2025年7月、人はテレパシー能力を使えるになるよ。

脳にはウェルニッケ野とブローカー野というのがある。

ブローカ野

人の脳の領域の一部で、運動性言語中枢とも呼ばれ、言語処理、及び音声言語、手話の産出と理解に関わっている。
ごく単純に言えば、ノド、唇、舌などを動かして言語を発する役目を負っている。

そして

ウェルニッケ野

ヒトの皮質の一部を形成する大脳の一部で、上側頭回の後部に位置する。知覚性言語中枢とも呼ばれ、他人の言語を理解するはたらきをする。

ブローカ野は言葉機能をつかさどる。
だから、そこが機能しなくなるとリンゴって言いたくても言えなくなる。

ウェルニッケ野が壊れると人の言ってる意味が分からなくなる。
だから、良い天気ですね。と言われてもあさってな返事をするようになる。

で、ブローカ野とウェルニッケ野の間に外側溝(がいそくこう)というのがある。
その奥にある島皮質が発達する。

それが外界にも現れ、地殻の変化として現れる。
つまり地盤が隆起するのですた。

人の脳の変化が地盤の隆起として外界に現れるのですた。

で、島皮質が発達する人。
そういう人はテレパシーが使えるようになる。

でも、それは全ての人に起こる訳じゃない。

テレパシー能力を獲得できる人は、側頭葉と後頭葉を良く使う人です。

前頭葉ばかり使ってる人は、テレパシー能力を獲得できない。

前頭葉ばっかり使ってる人は、損か得か。

プラスかマイナスか。

ジャッジ(判断)ばっかりやってる人です。

前頭葉は平均律で動いてる。
共鳴できない代わりに、2値化能力がある。だからジャッジ脳。

それに比べ、側頭葉と後頭葉は純正律で動いてる。
そこは共鳴してる。

それは、統合して物事を見れる脳ということです。

あっちからもこっちも。
色んな角度で物事を見ることができる。

そういう人は色んなものに共鳴しているのでテレパシー能力に目覚めやすいのです。

ちょっと難しいでしょうか。

人はこれから別れ始める。
針の目を通った先。

だからこそ、バシャールさんも、許しましょう。

手放しましょう。

我々から言わせると、ユルユルしましょう。
ヒャッハー!しましょうになるのです。

例えば、これは玉金だ!

あなたが股間を刺して叫ぶとします。

でも、あなたがその呼び方に固執するとしたら、
こんな突っ込みもあるかもしれません。

でも、金玉でもありますよね。

そこであなたはムカッとして執着してはいけない。

呼び方なんてどうでも良いじゃない。
プニプニしてて可愛いし。

触るとアハっ
気持ちいいし。

呼び方なんかなんでもいい。
ヒャッハーしよう。

分かるでしょうか。
この感覚。

全てを受け入れる心。

そういう人は縄文の時にあった能力。

いよいよ大地の覚醒と共に目覚めるということなのです。

本当にありがとうござますた。

  イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓このブログの新刊!


スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう