ロシア・中国が米国債の投げ売りを開始?について

スポンサードリンク

さて、ちょっとイベントが続いていますた。

あっち行ったりこっち行ったり何たる忙しさでしょう。
ちょっとブログを書いてる暇ががありません。

ところで、ロシア・中国が米国債の投げ売りを始めたという情報があるようです。
詳細は長野に戻って書きましょう。

株価も強烈に下がってきてます。
やはり、あの1929年のグラフは正しかったのでしょうか。

ワタスをボコボコにして去って行ったモヒカン隊員達。
やはりワタスは正しかった。
反省して戻ってきてくれるのを待っています。

また、以下のようなメールが転送されてきますた。
ソースは不明ですが。
まぁ、今後のヒャッハーな世界がどうなるか。
イメージできるかと思います。

政府、議会ともデフォルトは、双方ですでに「規定の事実」になっている可能性があります。準備期間は10日足らずしかありません。早ければ、今月中旬には米国のデフォルトは現実になります。

*貿易が止まり食料や燃料が何ヶ月も入らない事態を想定して下さい。
*電気が供給されないことを想定して下さい。サバイバルの覚悟が必要です。
*日本政府もデフォルトすることを想定して下さい。そうなると円が「紙切れ」に なります。もちろん、ドルや主要通貨が紙切れになります。 日本円は、早急に全額1000円札に交換して下さい。
*金保有は意味がありません。金は食べられません。社会構造が崩壊の際には、 金には価値はありません。
*社会的な機能不全で、交通機関を使用しての移動が不可能になります。
移動は最悪徒歩のみとなります。
*失業率は日本でも60%超となります。世界中で数千万社が倒産します。
国家公務員も、地方公務員リストラされます。
*警察、消防署員もリストラされますので、犯罪にまきこまれたり、 出火をしても誰も助けてくれません。護身具も必要です。 日本でも暴行・略奪・放火など横行する筈です。
*他人が放棄した家屋には、勝手に住むことは自由です。

皆様もモヒカン刈りにして長野にお越し下さい。
モヒカンにしている方は誰でも受け付けます。

モヒカンなんて恥ずかしくてできない。という方は申し訳ないですが受け入れられません。
宜しくお願い致します。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう