石油の暴落とリチャード・ロックフェラーさんの飛行機事故について

スポンサードリンク

さて、昨日のオバマさんが寝返った?という話ですが。
まぁ、本当かどうか分からないのですが。

ワタスが気になってるのは今年の2014年6月13日ですね。
13日の金曜日の出来ごとです。

ロックフェラー家の次男のリチャード・ロックフェラーさんが飛行機事故で死にましたよね。
このように新聞に書かれていますた。

c781ZCVA_000002616.jpg

リチャードさんは単なる医師と言われてましたが、本当はロックフェラー系企業のかなりの利権を持つ人ですた。

で、最近の逆石油ショック。

ぁ、ああああ。
という感じでメチャクチャ価格が下がってます。

c781ZCVA_000002617.jpg

この暴落が始まったあたりが今年のちょうど6月13日ですよね。

先日の、リンゼイ・ウィリアムズ氏の話。
もはやエリートが石油価格を管理してない。
そのエリートというのは、このロックフェラー家のことではないでしょうか。

ワタスはリチャードさんの飛行機事故は普通に考えて暗殺だと思ってます。

リンゼイ・ウィリアムズさんは、今後、石油はタダになると言ってましたが。
元々、石油など、1リットル1円ぐらいなのです。

それを1リットル100円で売る詐欺の元締めロックフェラー家。
それが、なんだか知らないが、暗殺されてしまった。

だから本当に今後タダになるのかもしれません。

それと確かにオバマさんについて調べると、彼の政権下では、
ちょっと多すぎ?
なほど米軍のトップが解任や辞任が相次いでます。

例えば2012年11月ごろのこと。
その時はイランとの緊張が高まった時でした。

オバマさんは、その当時のCIA長官デヴィッド・ペトレイアス氏を首にしてます。
こんな人。
c781ZCVA_000002618.jpg

表向きは、なんかのスキャンダルで辞任と報道されてますが。
調べると、同時期にチャールズ・ガーウェッテ少将という米軍の高官も辞任してます。
その他、同時期に200人以上の幹部が辞任している。

その当時、2012年12月22日世界が終るなどと言われてた頃の話です。
ネット上の噂では、その際、ペルシャ湾に空母3隻を沈めてイランのせいにして
第三次世界大戦を起こそうとする偽旗計画があった言われています。

もしかしたら、オバマさんがそれを阻止するために、首を切ったのかもしれません。

その他にも、2013年11月ごろアメリカ空軍司令官のマイケル・カーリー将軍と言う人が解任になってます。
こんな人。

c781ZCVA_000002619.jpg

解任の理由は、個人的な理由と報道されてますが、
同時期に、多くの高官が辞任しています。

他にも調べると、米軍の幹部の辞任とか解任というのが一杯出てきます。
ちょっと数が多すぎる気がします。

何か米国では、今までの石油資本、戦争利権にぶら下がって甘い汁を吸ってた連中がパージ(一掃)されてる。

まぁ、真相は良く分かりませんが。

もしかしたら本当にオバマさんは寝返った?
のかもしれません。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう