アメリカ州独立の動き?州政府が州防衛軍を再結成の動きについて

スポンサードリンク

さて、昨日は、5.11でしたが、なーんもなかったですね。
ちょっと忙しくて更新できなかったのですが。

まぁ、もともと5.11は根拠がニューズウィーク誌の絵なだけなので、それほど騒ぐことでもないのですが。

ワタスはどちらかというと5.22ぐちゃぐちゃの方を心配しています。
まぁ、この調子だと5.22も何もないかもしれませんね。

ところで、ワタスはずーっと前からアメリカの今後について
女性大統領が生まれた時、アメリカは分裂する。
それはヒラリークリキントン女史が当選した時だと、ずーっと前から言ってきますた。

オバマは何らかの理由で非難轟々のうちに退陣。
そしてヒラリーが出てくる。

これはイルミナティカード。

Backlash(バックラッシュ=反発)カード
これはオバマさんなのでは?
gh529625ca.jpg

ヒラリーさんの雄姿。ムチをもってます。オラオラ~しばいたろか!
3756524702_fef43cbb80.jpg

以下は、それにつながる気になる動きです。
イスラエルとつながってる州が独立を目指す動きをしているということです。
イスラエル派、つまりヒラリー側ですね。
それでオバマ派はそうはさせじと、州軍を国有化して独立を抑える動きに出てます。

ヒラリー(イスラエル)vsオバマです。

http://beforeitsnews.com/power-elite/2015/05/14-united-state-governors-prepare-state-militia-defenses-to-counter-obamas-rogue-federal-forces-2448924.html
(概要)
5月8日付け

アメリカの14の州の州知事は、オバマの連邦部隊に対抗するために民兵組織としての州防衛軍の再結成を行っています。
terrorist-network-map.gif

オバマ政権に批判的な州政府の反乱を恐れているをオバマは、これらの州の国家警備隊(州軍)の国有化行いました。
→ ジョージア、アラバマ、カンザス、ミネソタ、バージニア、ルイジアナ、サウスカロライナ、他

アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、バージニアは今でも国家警備隊を州政府の指揮下に置いています。

彼らは米政府の指揮下にある連邦部隊と戦うために立ち上がろうとしています。
アメリカでは国家警備隊が州防衛軍に加わることを禁止する法律はありません。
アメリカの市民戦争でも、民兵が連邦政府の命令を無視し州政府の命令に従ったというジレンマが起きました。
オバマは州防衛軍を再結成させた州知事に激怒しています。

州防衛軍は州と連邦法によって公認されており、各州知事の指揮下で行動します。
州防衛軍は州の国家警備隊とは区別されます。州防衛軍は連邦政府の軍隊にはなれません。

オバマは州防衛軍を恐れています。なぜならオバマは彼らを支配することができないからです。米軍兵士の多くが海外の戦場に派遣された中で、複数の州で、州知事が直接指揮できる州防衛軍が活発化しています。
(VN: 2002年~2003年に作成された以下の地図をご覧ください。この地図は、9.11テロ事件後に使用されたものですが、彼らのプロパガンダと偽情報が満 載です。しかし彼らの計画は失敗に終わりました。この事件はイスラム教徒とは全く関係がなかったのです。犯人は、自分達をハザール人と名乗っているが、ハ ザール人の中のトルコ人とモンゴル人です。現在、彼らはイスラエルとサウジアラビアを支配しています。
[Terrorist.network.map]

州 防衛軍の再結成を主導しているのが、ミネソタのポウレントリー知事とテキサスのペリー知事です。彼らは、「オバマはアメリカを破壊しているアメリカの敵で あり、アメリカの最重要の同盟国であるイスラエルと距離を置いている。」とオバマを非難しています。またテキサス州知事は、オバマはテキサス全域に何万人 もの不法移民を流入させテキサスを不当に扱っている、とオバマを非難しました。
※訳は日本と世界と宇宙の動向さんより

こちらも気になりますね。
あれだけ騒ぎになったメロン好きのISISちゃん。
最近さぱーり見なくなりましたが、アメリカ国内で動きを活発化させているようです。
ISISはアメリカ国内で人員を集めを開始してるようです。

そもそもISIS=イスラエル一派なのですから、
まぁ、これもアメリカを分裂させる動きなんでしょう。

http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2015/05/finally-the-fbi-wakes-up-or-maybe-not-3006084.html
(概要)
5月7日付け:
米政府は意図的に血に飢えた月の神を讃えるために、死をも恐れず罪のない市民を大量虐殺する作戦隊員(イスラム・テロリスト)を大量に国内に侵入させています。
米政府は、1941年にFDRが何千人ものナチスのシンパらをアメリカに入国させ、アメリカ国内の各シナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)を記した地図を彼らに手渡したのと同じようなことを行っています。
FBIのコメイ長官によると、現在、アメリカ国内で何千人もの人々がアメリカ国内でテロ攻撃を計画しているテロリスト集団(ISIS)から採用案内を受け取っています。
ISISはツイッターや他のプラットフォームなど通じてメッセージをスマートフォンに送信しています。彼らはアメリカ国内でテロ攻撃を遂行するために、ソーシャルメディアを使って大勢の人員を集めています。
これはまるで彼らの肩に乗っている悪魔が、殺せ、殺せ、殺せと彼らに命令しているかのようです。
国の安全保障にとって保守派と退役軍人が最大の脅威だと言われたのはつい最近のことです。また、2011年には、オバマは、政府による対テロ訓練の広報からイスラムという言葉を削除させたのです。

Source: http://itdontmakesense.blogspot.com/2015/05/finally-fbi-wakes-up-and-maybe-not.html

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう