Drive your Dreams! 日本の主要50社タックス・ヘイブン子会社リストについて

スポンサードリンク

おほぉ!!

こ、これは。

いや、今回のパナマ文章の騒動の余波なのか。
色々と出てきますね。

今度は主要50社タックス・ヘイブン子会社リストというのを見つけました。

※元情報は、
http://i.imgur.com/s46j0Xw.jpghttp://i.imgur.com/0d5QNwf.jpg より

AHO2CK20160324000392.jpg AHO2CK20160324000393.jpg

日本はアメリカに次ぐ55兆円をケイマン諸島へ投資

――日本におけるタックスヘイブン問題の実態はどうなっているのでしょうか?

日本のデータはあまり新聞報道されませんが、最近、『しんぶん赤旗』(2013年8月25日付)が報道したところによると、日本の大企業も例外ではなく、東証に上場している時価総額の上位50社のうち45社――つまり上位50社のほとんどが子会社をタックスヘイブンに持っており、子会社数は354にのぼり、その資本金の総額は8.7兆円にもなるということです。

これは具体的に有価証券報告書を調べた結果の数字で、そのベスト5を見ると、みずほフィイナンシャルグループのタックスヘイブン子会社が45社でトップ。続いてソニーが34社、三井住友フィナンシャルグループが27社、三井物産27社、三菱商事24社となっていて、銀行や商社が多くなっています。特に三井住友フィナンシャルグループはケイマン諸島だけで18の子会社を持っていて、その資本金は3兆円にものぼっています。国が出資しているNTTやJTも多額の資産をタックスヘイブンに投じているという事実が明らかになっています。

ケイマン諸島だけに限っても、日本の投資残高は55兆円に達していて、アメリカに次いで2位になっています。続いて、イギリス23兆円、フランス20兆円、ドイツ17兆円で、後に続く各国を合わせた額に相当するぐらい日本はタックスヘイブンを利用しているということがこの調査で明らかになっています。

ち、ちょっとそこのスケさんカクさん。
拡散!この情報は拡散しましょう。

2013年時点でもうこういう情報が出ててたのですね。
なんでか知りませんが、これは広まらなかった。。

まぁ、前から分かっていたことですが、
こういうのを見るともう真面目に働くのがバカらしくなってきますよね。

電通のみならず。
タックス・ヘブンを利用してる企業はCMの巨大スポンサーばかりじゃないですか。

これでは日本のマスコミ・メディアは報道できる訳がない。

6位 トヨタ。
すごいですね。

プリウスを売りまくっても売り上げはカリブ海のペーパーカンパニーで上げてるんですね。
素晴らしい。

Drive your Dreams!

ドラえもんを使ったCMもほのぼのとして子供に夢を与えていて素晴らしい。

31位 任天堂も素晴らしい。
きっと子供達のために優秀なゲームを作ろうと無税にして頑張ってるのでしょう。

大企業の皆様 今後もタックス・ヘイブンを利用して日本人に夢を与え続けて下さい!

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう