祝!米金融崩壊スタート 取引停止続出中! 米シリコンバレー銀行破綻の次はクレディスイス?

スポンサードリンク

ヒャッハー!

ワクワクo(´)o
ワクワクが止まらないぃ〜

このブログではずーっと前から、紙幣などたぬきの葉っぱ。

皆がありがたがって拝んでるものは、もうすぐドロンと消えてなくなるよ。

と言い続けていますた。

もう米ドルは価値がなくなった。
だから輸入できず、インフレに喘いでる。

前から言ってたことですが、ワタスが言わなくなると来る法則。

先日、27兆円規模のアメリカの銀行。
シリコンバレー銀行(SVB: Silicon Valley Bank)が破綻しますたね。

こんな風に取り付け騒ぎ。

シンプソンズがまた予言した?!
とかなんとか出てますたが。

破綻規模でいうとリーマンショック以来最大。

リーマンブラザーズの総資産が66兆円。

今回のシリコンバレー銀行は28兆円なので半分ぐらい。

既に経営陣はトンズラしてた。
まぁ、前からの計画だったんでしょう。

で、連鎖倒産で他の3つの銀行が逝った!

シグネチャー銀行は、資産規模は14兆円だったようですた。
リーマンの1/6ですね。

おほぉ。
そのため、銀行株で取引停止が続出中のようですた。

 

今日、シリコンバレー銀行の預金保護と出てますたが。
こうやって救済して、また破綻して。

ウダウダやってるうちに、破綻が広がるシナリオなのでしょう。

これは米国の銀行が、どんだけ株価が下がってるか。

昨日まで、一番株価が下がってたFRC(ファーストリパブリックバンク)が破綻。

以下、アメリカの中堅銀行や地銀の株価です。
めっちゃ急落してますね。

WAL(ウェスタンアライアンス)、CMA(コメリカ)、ZION(ザイオンズ・バンコープ)、PACW(パックウェスト・バンコープ)、HBAN(ハンチントン・バンクシェアーズ)、EWBC(イースト・ウエスト・バンコープ)、TFC(トゥルイスト・ファイナンシャル)などなど。

これを見れば次に逝くとこが分かるというものです。

おほぉ。
で、次に逝くのはアメリカの銀行ではなく。
あのクレディスイスかもしれない。

以下はクレディスイスのCDS(クレジットデフォルトスワップ)の値段です。

昨日、急騰して史上最高値になってしまいますた。

CDS(クレジットデフォルトスワップ)とは、まぁ、いわば倒産保険というものです。
値段が上がれば上がるほど、その会社が倒産すると誰もが見てるってことです。

 

 

最近、クレディスイスの株主が保有してた株式を全部売却した。

クレディスイス秒読みかもしれない。

だとすると、こっちはリーマン以上。

以下、世界の銀行ランキング。
クレディスイスは45位。

総資産は90兆円ほどあります。

おほぉ。
リーマンブラザーズは66兆円の破綻であの2008年リーマンショック。

クレディスイス90兆破綻なら。

ヒャッハー!

わーい

くほほほほほ
やっとワタスの春が来た。

苦節10年以上。
言い続けバカにされ続け。いよいよ来た。

とかなんとか。

って、まぁ、何を今更。

これはずっと前に載せた、日銀さんのツィートです。

新円切り替え。
2024年の上期に発行予定してますた。

つまり2024年までにやるって予定なのです。
前から言ってたではないですか。

2023年春になってしまった。
そろそろおっ始めないと予定が合わないからやってるだけでしょう。

で、これもずっと前から言ってる話ですが。

これは完全今年でしょう。

流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

マスク解禁になって次のフェーズに入る。

次は戦争と食糧危機だとずっと前から言ってるでしょーが。

まぁ、もう言いすぎて完全飽きてしまったのですが。

本当にありがとうござますた。

イベント情報:
2023年3月19日(日) 黄金村 総決起集会! in山梨

 

人工石油サステイナブルエネルギー社見学 →4月に延期
(申込者にメール済み、ご確認下さい)

全国コロナワクチン非接種者ネットワーク開始:
参加申し込みフォーム(受付再開しました)

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓このブログの新刊!


スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう