暴落もゴールドマンサックスは強気予想 ビットコイン年内価格予想

スポンサードリンク

さて、暴落中のビットコインなんですが。
ワタスの見たところここら辺が底じゃないでしょうかね。
Coincheck さんより

トレンドラインを引くと110万辺りが底のように見えます。

昨日120万が底だと思って買い増しますた。

つぁぁ。
まだ下がるのかよ!

株の格言で、落ちてくるナイフはつかむなという言葉がありますが。

昨日は、焦って基本を忘れてしまいますた。
皆様は底を確認してから買いましょう。

トレンドラインを引いてみると
普通はこんな風にジグザグに上がっていくものです。


冷静に考えればビットコインは長期では上がってる。

最近は上昇速度が早すぎただけ。
だから、普通の速度に戻っただけです。
トレンドラインで行けば、ビットコインはずーっと上昇基調です。

Sponsored Link

ちなみに以下面白い。
これは市場のアノマリー(根拠はないけど良くあたる経験則)なのか。

なんとビットコインは毎年1月15日前後には暴落が起きてます。

なんで毎年こうなんでしょうか。
これは不思議です。

1月15日前後というとウォール街の動きと関係しているのか。
ネットにはこんなツィートもありますた。

何かウォール街の動きと関係しているようです。

とにかくビットコインはなぜか1月中旬に暴落する。
この法則は覚えておきましょう。

ワタスはこの暴落はチャーーーーンス!!
と買い増ししてるのですが。

チャンス!といくらワタスが言っても信じないので
他の人をのっけときます。

あのゴールドマンサックス。
我らがシバ・ジャファリ女史の力強いお言葉です。

この人は当たる。
過去の発言を見れば、予測の正確さではピカ一です。

みなさーーん。
反転しますよ~~

ゴールドマンサックスのテクニカル分析チームが16日、市場の急落のさ中、ビットコイン価格が「興味深いレベル」に達したとして最新の価格予測を発表した。

 同行のFICC(債権、通貨、コモディティー)部門マーケットストラクチャー戦略チームのバイス・プレジデントであるシェバ・ジャファリ(Sheba Jafari)氏はビットコイン価格について、次のようにのべている。

 9978ドルで底入れサインを観察せよ。9836ドル割れでこの底入れの可能性が弱まる。7882ドル割れでニュートラル/注意が必要となる。

 同氏によると今回の下げは上昇トレンドにおける調整として見るべきで、9978ドルで値固め後反転する可能性がある。

 ただしビットコイン価格は日本時間で17日深夜にも9500ドル付近まで下げており、底入れの条件は弱まっているとする見方もできる。

 ちなみに同分析の根拠となっている「エリオット波動理論」とよばれるテクニカル分析は大手金融機関にも使用されることがあるが、正確性には見解がわかれる。「5つの波」の起点や波動の長さをどう設定するかで結論がかわってしまうからだ。

 ビットコインが10000ドル以下で取引されたのは17年11月以来。

ワタスも同じ見方です。
今はエリオット波動の次の波に移行する時期です。

以下も載せときます。
前に載せたWebbotの最新の予測です。
こちらはもっとアグレッシブです。

ぇえ?年内1100万?

Webbotとはネット上のビッグデータを収集して解析する未来予測プログラムのことでした。

ビットコイン価格は2018年内に1100万円(10万ドル)を突破する

・最近ビットコインは40%近く急落したが、これはビットコインの先物市場が解禁となり、膨大な資金がなだれ込んだ結果だと思われる。先物市場にとっては、遊ぶための新しいおもちゃがあたえられたかのような状況だ。

・このため、以前のウェブボットのレポートで予告したような「ワニの歯」に似た乱高下のパターンになったのだ。だが、30%や40%という変動はあまりにも激しいため、先物市場の投資家の多くは吹き飛んでしまう。

この「ワニの歯」に似た乱高下のパターンはしばらく続く。そして2月半ばからは155万円(13880ドル)を底値として、そこから急上昇の過程に入る。5月になると驚くような価格水準になっているはずだ。

ビットコイン価格は2018年内に1100万円(10万ドル)を突破する
・ところで、ウェブボットの予想が前倒しで早期に実現しているので、タイミングは的中してはいないのではないかという指摘がある。ウェブボットでは2018年2月には155万円になると予想し、またその後は220万円になるという予想だったが、これらの水準は早期に実現してしまった。

・しかし、ウェブボットが予測しているのは、これ以上下落しないという底値なのである。「ワニの歯」のような乱高下を繰り返している状況での最高値を予測しているわけでは必ずしもない。

・ウェブボットのデータでは、いま世界人口の1.2%程度の人々が仮想通貨市場に投資しているとある。しかし2018年には、これが13.8%に拡大する。新しい人々が一気に仮想通貨市場になだれ込むのである。

これが引き起こす価格の上昇は激しい。まず710万円(6万4000ドル)まで上昇し、その後2018年内に1100万円(10万ドル)を突破するとある。だがいつものように、710万円の水準に達すると30%を越える調整があることは間違いない。

・・略・・

・ところで金だが、2月にはビットコインの3分の1程度の価格水準になるだろう。その後秘密が暴かれ、金の保有量が公式に発表されている水準よりもはるかに低いことが判明する。これが金価格に影響を与えるだろう。

イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ダッシュ(Dash)モネロ(XMR)ネオ(NEO)の相場予想は、メルマガに載ってます。
→ 続きは、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

ぇーーー。
年内1100万?
今の10倍!!

つぉぉお。

バーゲンセール開催中!
もうこの価格で買えることはない!

買え。買っとけ!
ヒャッハーー!!

とかなんとか。

もちろんこのウェブボット予言は話半分です。
去年などは2018年秋に220万と言ってました。

まぁ、とにかく、ワタスはブロックチェーンは将来のインフラになる。
そういう現実的かつ技術的な予測の見通しの元で買い増ししてます。

者ども続け!

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
玉蔵トークライブin 福岡 6/24(日) 18:00~21:00


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

人気ブログランキング ↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう