北朝鮮の真実の歴史 金一族の真実③

スポンサードリンク

ヒャッハー!

あんたも好きね~

さて、シリーズで書く金一族の真実。
こういう危険度が高い記事は公開ではひじょーに書きずらいため

全部を読みたい人はサポーター会員(メルマガ会員)になってお読みください。

という訳で、前回の続きです。

とその前に、気になるニュースです。
先週、16日に米ロ首脳会談ありましたね。

で、その裏で激しいやりとりがありました。

これ。

ロシアがTu-160戦略爆撃機(12発以上の核ミサイルを発射可能)をバルト海上空で飛行させる。

これに対してNATO側がF-35戦闘機がスクランブル発進させる。

そして、今度は逆に、太平洋上でアメリカのRC-135偵察機がロシア領空ギリギリを飛行。
これに対してロシア側がスクランブル発進させる。

アメリカのRC-135偵察機は、世界で3機しかない弾道ミサイルのデータを集めるコブラボールという機体だった。

いやはや。
ロシアのプーチン先輩はトランプとは仲が良かった。

しかしバイデンになってからのアメリカは完全に敵と認識してるのか。

で、以下がヤバイニュースです。

これは海外のベテランズTodayという退役軍人のサイトからですが。
ほんまこれ?

アメリカが何だか正体不明の存在に対して核魚雷を命中させたと出てます。
19日のニュースです。

ケープカナベラルというのはフロリダのケネディ宇宙センターがあるとこです。

ブレーク独占:海軍、ケープカナベラル沖で正体不明の 「ターゲット」 に10 KT原子力魚雷を命中

本日、米国海軍は10キロトンのW 34核弾頭を搭載したマーク45魚雷を、ケネディ宇宙センターに隣接するフロリダ沿岸105マイルにある 「敵対的」 と見なされた標的に発射した可能性が非常に高い。

この種の爆発を起こすための従来型の爆発物は8億ドル以上もするが、これは「衝撃テスト」としては少し高い。

また、誰かがこのような実験を行うのは地球上で最後の場所であり、通常は太平洋で行われるだろうと付け加える人もいるかもしれない。

・・

憶測ではあるが、これはロシアと中国に対しての可能性がある。

宇宙への米軍配備が最もセンシティブな地域で、沖合いに彼等の旗(何らかの基地か印)を立てることに対しての攻撃です。

米国は、力の誇示として核魚雷を使用したでしょうか?
答えはいくつかある。・・

ひゃー
なんだか物騒な話ですね。

で、ワタスがもっとヤバいと思ったのが以下です。

これは。。

以下より、黄金プロジェクト サポター会員(メルマガ会員)のみ読めます。

・・・

こちらからログインして下さい。

本当にありがとうございました。


直近イベント:
・11月3日(水・祝)漂流教室 DAY1 BBQ & 玉ちゃんお話会
・11月4(木)漂流教室 DAY2 昼の部☆自作ソーラーパネル発電講座
・11月4(木)漂流教室 DAY2 夜の部☆カラオケPARTY♫

目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

10/1 超久しぶりに動画アップしますた。今回は地底人ネタです(笑)


メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)
ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう