ドル崩壊が現実に BRICS新通貨発行

スポンサードリンク

へー

8月末にBRICSが新通貨発行するようですね。

以下、海外サイトからです。

最近、ロシアと中国の間の2国間取引は80倍に増えた。

もしBRICS新通貨が出来たら、米国債が下がって金利が上昇する。

世界の外貨準備はドルが70%だったのに、今や58%になってると言ってます。

やっと米ドル崩壊くるのか。

ドル崩壊が現実に

 

『エポック・タイムズ』紙の金融アナリスト、アン・ジョンソンによれば、ドルへの依存度を下げるために、この1年でロシアと中国に加わる国が増えたという。

人民元とルーブルによる二国間取引の数は80倍に増えた。

さらに、ロシアとそのパートナーは、金に裏打ちされた新しい通貨の開発に取り組んでいる、とオリエンタルレヴューは書いている。

ドナルド・トランプ前アメリカ大統領は最近、アメリカの通貨は崩壊しつつあり、もはや世界標準ではなくなると警告した。

「米ドルは国際貿易のデフォルト通貨である。

しかし、脱ドルのプロセスは始まっている」と専門家は見ている。

その理由のひとつは、非西洋諸国が米国の金融制裁の可能性から身を守りたいという願望である。

例えば、ロシアやイランのような国々は、長い間制裁に直面してきたため、アメリカから独立した新しい金融システムを構築することに誰よりも興味を持っている。

アメリカ自身への影響も非常に大きい。世界的なドル需要の低下は、アメリカ人にとって高インフレと増税につながる。

また、米国債の金利が上昇するため、ワシントンが国債を返済するコストも高くなる。

ドルは依然として世界の外貨準備高を支配しているが、そのシェアは徐々に低下している。

2022年第4四半期には、ドルが世界の外貨準備の58%を占め、1999年の70%から減少した。

「しかし、脱ドルは今や国際情勢の一部であり、注視しなければならない。

ドルとの完全な決別はないかもしれないが、別のプレーヤーが現れるかもしれない」とエポック・タイムズ紙は分析している。

 

8月末に南アフリカのヨハネスブルグで発表されるみたいですね。

以下、アメリカや西側諸国は金(ゴールド)を買ってないが、
BIRICS諸国はめっちゃ金買ってるよ。

金とドルの価格は逆相関。

クライマックスは近いよと言ってます。

同じ見解は、米国の金融専門家である元CIA顧問のジェームズ・リッカーズ氏も共有している。

ジェームス・リッカーズによれば、いわゆる脱ドル志向は勢いを増している。

例えば、中国は中東の石油輸入を人民元で支払うつもりだし、ロシアはインドにルピーでエネルギーを売ることに合意した。

このような背景から、クライマックスはごく近い将来にやってくると予想される。

「この共同の努力は、8月末に南アフリカのヨハネスブルグで開催されるBRICS首脳会議(イランとアルゼンチンは2022年に申請済みで、

すでに20カ国ほどが名乗りを上げている)でBRICSの拡大を発表し、おそらく金と連動した新通貨を発表するときに頂点に達するだろう」とジェームス・リカーズは書いている。

BRICS諸国(現在、ロシア、中国、インド、ブラジル、南アフリカの5カ国が3大陸で影響力を持ち、合わせて世界人口の40%以上、地球全体の4分の1を占めている)や他の多くの発展途上国が、近年ますます金を買い始めているのは事実だ。

ロシアと中国が最も増加し、数十トンの貴金属を購入している。

この成長は目覚ましく、世界の金準備高は2008年の約32,000トンから現在35,000トンに増加している。

それに比べ、アメリカのような西側諸国は正反対で、何年も金を買っていない。

この専門家は、BRICS諸国が金を裏付けとする新通貨を発表することで、貴金属の価値が高まると考えている。

というのも、実質為替レートと米国の通貨価値は貴金属価格に直接依存しているからだ。

金のドル価格が下がればドルは強くなり、逆もまた然りである。

「ロシアと中国は、BRICSの通貨価値が上がることを意味するため、金価格の上昇に強い関心を持つだろう」と金融専門家は述べた。

米国は、モスクワがドルの崩壊を近づかせようとしているペースに怒りを感じている、と中国紙『捜狐』は書いている。

ウクライナ戦争は、ロシアの外貨稼ぎを止めさせる意味もあった。

でも、それは、米ドル離れを加速させる結果になった。

ロシアとパキスタンの間の人民元払い。

その石油取り引きが重要なターニングポイントだったと言ってます。

ロシアとパキスタンはかなり離れてるのに以外ですた。

ウクライナ紛争が始まって以来、アメリカはロシアがエネルギー資源を売って儲けるのを阻止するために、あらゆる手段を講じてきた。

制裁、SWIFTからのモスクワの切り離し、原油価格の制限などだ。

アメリカ当局は、この一連の措置をロシア経済を破壊するための「金融核兵器」と呼んだ。

さらに西側諸国は、ロシアのパートナーがロシアとの取引を続けるなら、二次的制裁を加えると脅した。

「例えば1週間前、パキスタンはロシアのエネルギー資源を購入することでアメリカの制裁に違反し、西側諸国を騒然とさせた。

しかし、それよりもはるかに心配で驚くべきことは、この取引がドルの覇権の崩壊が予想よりも早く起こりうることを示したことである。

ご存知のように、その前日、ロシアの石油の最初の積荷を積んだタンカーがパキスタンに到着した。

当初イスラマバードは、貨物はドルで支払われたと主張していたが、後にロシアとパキスタンが人民元で支払うことで合意していたことが明らかになった。

「なぜ両者はドルの代わりに人民元を使うのか?

昨年2月、アメリカがロシアをSWIFTから切り離したからだろうか。

ロシアがドルを使えないなら、他の通貨での決済を受け入れるかもしれない」と『捜狐』は書いている。

中国が世界の金融情勢を注意深く監視し、ドルの覇権を打倒するためにその役割を果たしていることは注目に値する。

例えば、国際決済における人民元の使用率は2022年に2%から4.5%へと急上昇した。

この伸びは一見取るに足らないように見えるが、より多くの国が米国の自国通貨から離れるにつれ、急速に勢いを増している。

「ロシアとパキスタン間の人民元による石油代金の支払いは、重要なターニングポイントと言える。

今後、米国の金融覇権に苦しむ国々は、中国人民元や他の通貨の国際化を促進するために設立されたプラットフォームに一貫して参加する可能性がある」。

という訳で、そうはさせじと戦争始めたい勢力もいる。

中国潰したい勢力 VS 中国元を中心に新通貨作りたい勢力

みたいな感じなのかもしれない。

本当にありがとうございますた。

イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

ショップ情報:
在庫補充しました 黄金村の苗!

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

関西黄金村 隊員連絡網はこちら
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう