奇妙な現象 ワクチン未接種者が、コロナワクチン接種者の周囲で病気になり続けている?

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、今日はスーパームーン。
今年最大の満月で皆既月食だそうですた。

スーパームーンの日には願いが叶うと言います。

神様仏様いつもありがとうございます。

ワタスは、いつも楽しくおバカでヒャッハーさせて頂いております。
これ以上なく幸せです。
いつもお守り頂きありがとうございます。

願いとは、これから起きて欲しいことを願うのではない。
既に願いが叶ったかのように念じることです。

とかなんとか。
今日はお団子を食べながらお月様感謝しようと思いますた。

さて、先週も載せた、どっかの病院に張られた張り紙。

遺伝子改変作用がワクチン打ってない人にも伝搬するって?

まさかな~
これは聞き捨てならない。

で、複数の方から色んな情報を貰ったのですが。

うーん。

特に以下のカナダのニュース記事。
ワクチン接種者の周りにいると具合が悪くなる人が多数との報告があるようです。

((((;゚Д゚))))ガクブル

どうもワクチン接種者の周りにいると生殖機能が異常をきたす。
特に女性に多いそうですた。

・激しい生理痛。
・生理がこなくなる。
・制御不能な出血をする。
・生理が一度もなかった 10歳の女の子が突然初潮を迎える。
・閉経期の女性が突然再び出血する。
・流産が増える。
・突然奇妙な打撲傷に覆われる

等々。

ワクチン接種者の近くにいるだけで?
ほんま?

奇妙な現象:ワクチン未接種者が、コロナワクチン接種者の周囲で病気になり続けている

ブロガーのIN DEEPさんの翻訳を拝借。

Bizarre Phenomenon: Unvaccinated Getting Sick Being Around the COVID Vaxxed
Global Research 2021/04/28

ワクチン接種者の周囲にいるワクチン接種を受けていない人が悪影響を受けているという奇妙な事象について、世界中で数え切れないほどの報告やエピソードが確認されている。・・

いったい何が起こっているのか。

ワクチンを接種した女性は、ワクチン未接種の女性たちの月経周期に大きく悪影響を及ぼしている

女性が一緒に暮らしたり、近くで時間を過ごしたりすると、その人たちの月経周期が自然に同期することはよく知られている。これは自然現象だが、最近起こっていることは明らかに不自然だ。

ホリスティック医学での生殖の実践者としてドゥーラ(産前ケアや産後ケアを行う人)として働き、出産と妊娠のコミュニティと接触しているクロエ・アンジェリン氏は先週動画を公開し、人々、特に女性に、「ワクチン接種をした他の女性に注意するよう」に警告した。

ワクチン未接種の女性たちは、ワクチン接種を受けた女性の周りにいるだけで、激しい生理痛に苦しんでいると彼女は言う。

彼女は、コロナワクチンが不妊症に直接関係していることを示唆する。

彼女が動画で述べていたことは次のとおりだ。

女性たちは、月経中であろうとなかろうと、この接種を受けた周囲の人々から深刻な副作用を経験しています。

何が起きているのか私にはよくわかりません。それは私たちが本当のことを知る以前に、あまりにも早く起こっています

女性たちに生理が来ないことを私は見続けています。女性たちは人生で最も耐え難い時期を過ごしており、出血がひどくて完全に性格がおかしくなっています。

閉経期の女性たちの場合は、閉経したのに月経が復活した場合もありました。このコミュニティでは、女性が閉経後に出血した場合、それはガンであるということはよく知られています。

人類の健康のために立ち上がらなければならないのではないでしょうか。何かが起きており、それが女性たちの健康を蝕んでいます。

また、男性の精子数も大幅に減少しています。男性もまた不妊になっています。そして流産の件数が、ほぼ 400%増加しているのを私は見てきました 。

コロナワクチン接種後の人たちが他人のペットに触れただけで、そのペットが死亡してしまったという報告を受けた看護師からの動画もある。

彼女は彼女のウェブサイトでたくさんの情報を集めた。
看護師は動画で以下のように言っている。

多くの人たちがそれ(ワクチン接種者がふれたペットがすぐに死亡したこと)をウイルスの排出(shedding)と考えてたいと思っていますが、排出について考えるとき、彼らは、弱体化した(接種された)ウイルスについて考えていますが、それはそうではありません。

これ(コロナワクチン)は、体にこれらのスパイクタンパク質を作らせる遺伝子治療です。

mRNA 遺伝子治療です。これは…人間を使った実験です。これのようなメカニズムは以前に人に対して行われたことではありませんでした。

実際、それは人体の構成を変えています。そのプロセスは人体から始まり、止まりません。それは彼らの息の中から出てきて、彼らの毛穴から出てきているもので、スパイクタンパク質…これが人々の生殖問題を引き起こしているものであり、これが人々の不妊を引き起こしています。

ワクチン接種をした人々と接触した女性たち…そして男性たち…彼らは、突然奇妙な打撲傷に覆われるようになりました。

… 10歳の女の子に生理が早く始まり、11歳の女の子では、月経が月 2回となりました。

重度の片頭痛を患っている方…拳ほどの大きさの血餅を持っている方、何年も閉経していた方が突然重度の月経をしている。配偶者がワクチンを接種した男性は寝て起きると、あざに覆われて目を覚ましました。

ワクチン接種者の人たちの周りにいると、妊娠に影響を及ぼし、流産を引き起こす可能性があり、死産や胎児の損傷のリスクがあります。

人体がこの生成メカニズムを遮断するかどうかを知る方法はありません。

このスパイクタンパク質は、接種した人たちは永遠にそれらを体内で生成する可能性があります。

確かに奇妙な現象だ。この 2人の医療関係の女性だけがそれについて警告しているわけではない。

また、「予防接種を受けていない女性が予防接種を受けた人々との交流後の流産を報告する」というタイトルの報道記事があり、これが広範な現象になりつつあることを示している。

最近の会議で、COVID詐欺の暴露で率直に発言した5人の有名な医師(シェリー・テンペニー博士、ラリー・パブロフクシー博士、キャリー・マジェ博士、クリスティアン・ノースラップ博士、リー・メリット博士)がこの現象を分析した。

しかし、答えよりもまだ疑問のほうが多い。

テンペニー博士は、起こっていることは、(ウイルスの)排出ではなく、ある種の「伝播」であると確信していると述べた。

パブロフクシー博士は、新型コロナウイルス感染症の臨床症状は、典型的なウイルス感染ではなく、血液凝固と低血中酸素濃度に見られる「血液中毒」であることを私たちに思い出させる。

・・

最終的な推測

制御不能な出血をしている女性たち。生理が一度もなかった 10歳の女の子が突然初潮を迎える。

あるいは、閉経期の女性が突然再び出血する。

これらの例を見ると、この、ワクチンと呼ばれている遺伝子治療は、明らかに私たちの生殖システムを標的にして大混乱を引き起こしている。

この現象は非常に最近のもののため、今の段階でできることは、とにかくデータを収集し、データにもとづいて質問することだけだ。

COVIDワクチン接種者が、ワクチンを打っていない人にこれらの奇妙な影響を与える正確なメカニズムを知っているのは誰なのだろうか。

なお、COVIDワクチンを接種していない人たちが、その人々の遺伝暗号を再配線することによって、彼らの身体的およびエネルギー的分野にも影響を及ぼしていることがわかったとしても、私は驚かないだろう。

あるいは、フィールドでのこの変化または混乱は、目に見えないレベルで、共鳴または周波数を介して近くの人々に影響を及ぼしている可能性もある。

いや、日本の病院のいくつかがワクチン接種者を拒否してる。
それはプロの目からしても明らかにおかしな点があるからでしょう。

そして今のところは推測に過ぎないが、
徐々に真実が明るみになってパニックになる。

とかなんとか。

まぁ、現段階では話半分なのですが。

ワクチン接種者から周りの人に何かが伝搬してる可能性は、
頭に入れとこうと思いますた。

本当にありがとうございますた。

これは前に流行った日本のゾンビ映画。
遺伝子組み換え人間が伝搬するって、ゾンビみたいですよね。

この映画のように富士山に逃げるようになるのか。

メルマガ始めました:
2021/5/20 金一族、北朝鮮の真実 そして統一朝鮮国家の建設計画

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう