2回目接種 国民の半数達成! 同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、あのデマ太郎。

じゃなかった河野太郎さんが今日、
自慢気にこんなツィートしてますたね。

おほぉ!
2回目国民の半数完了。

ついに、2回目が半数超えた!

一方、アメリカ・ニューヨークではこんなニュース出てますた。

違反店には11万円から55万円の罰金だそうですた。

おフランスやイタリアもオランダも。
そして日本も12月から。

いよいよ来ますたね。

ところで、先日のイベント時。

ワタスは、隊員達から世間の現状。
生の声をいろいろ聞いておりますた。

例えば、会社勤めをしてるある隊員は、職場でワクチン打ってないのは自分だけ。
同調圧力が酷いと言ってますた。

まだ打ってないの?と心底心配されて、

色々なニュースサイトの陰謀論にはまった可哀想な人達とか。
こんなデマがあるよとか。

Lineで色々リンクが送られて来て、返事に困ると嘆いてますた。

くほほほほ。
世間では我々は心配される側だった。

完全に世界は2分されつつある。

にしてもあっち側の人々は、以下のニュースどう思うのでしょう。
イスラエルに続きシンガポールも騒がれ始めた。

 

驚いたのはこんな記事がヤフーニュースに出てたことです。

mRNA型じゃないワクチンの開発者さん。
口内に噴霧するワクチンを商品化するというのも驚いたんですが、

ポロっと真実を載せてるところに驚きますた。

すべての新型コロナ変異株に対応?「口内に噴霧」の非mRNA型予防薬、商品化へ

・・

【寄稿】パンデミック収束に、ワクチンは重要な役割を担う|東京理科大学名誉教授 村上康文

非mRNA型予防薬「murak抗体(ムラック抗体)」の開発者、東京理科大学名誉教授 村上康文氏は、「同一の抗原で繰り返し免疫化を行った場合、5回目から死亡する例が激増。

7~8回繰り返すと半分近くが死亡するという動物での研究結果もある」とも話すが、Forbes JAPANでは上記(「まず、国が推奨しているように2回の接種を行うことが一般的な選択肢である」)を前提に、村上康文氏に、今後についての提言を寄稿していただいた。

「ブースター接種」には慎重なアプローチを

一方で3回目以降の「ブースター接種」についてですが、とくに慎重に進めていくべきであると考える研究者は、私を含め、少なくありません。

「すべての新型コロナ変異株に対応?『口内に噴霧』の非mRNA型予防薬、商品化へ」でも述べたように、現状認可され、世界で使われているワクチンはすべてウイルスの(毒性のある)スパイクタンパクの全長を使ったワクチンです。

これを、5回とか6回とか7回、人体に接種することにはリスクが伴う可能性があることを、ワクチン開発者は認識すべきでしょう。

またこのことが、われわれが今回、「口内噴霧型」、非mRNA予防薬開発に着手したそもそもの端緒でもあります。

動物での研究結果もあるって言ってますよね。

これは本来載せちゃいけない記事でしょう。

これは4回打つなどと言い始めたイスラエルさんが激怒する記事です。

今のうちにちょびっと伏線張っとくつもりなんでしょうか。

とにかく、ついに2回目接種半数達成の日本。

この秋冬が見ものかと思いますた。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・9/11(土)山梨清里ハイキング&キャンプ

メルマガ始めました:
2021/5/20 金一族、北朝鮮の真実 そして統一朝鮮国家の建設計画

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう