東京の目の答え カドゥーリ一族

スポンサードリンク

ヒャッハー!

くほほほほ
くほほほ

さて、昨日は危なかった。。

奴らの目ん玉に吸い込まれ異次元に行ってますた。

今日、やっと抜け出して、現世に舞い戻ってきますた。
ふー危なかった。

この野郎~
東京のど真ん中に目ん玉なぞ作りおって!

蹴りを一発!
お灸をすえておきますた。

これでしばらくは大人しくしてるでしょう。

さて、この怪しいオブジェのある場所は、ここです。
皇居のすぐ横。

ペニンシュラホテル東京ですた。

その1階ロビーですた。
なんぞこれ?

良く知りませんが、これは濱恵泉(はまけいせん)さんという方が作ったオブジェのようですた。

うーん。
東京のど真ん中に目ん玉のオブジェ。

これは何かある。

ペニンシュラホテルってどこのどいつが経営してるんだ?
と調べたら。

なるほど。

香港上海銀行(HSBC)の一族。

あのアヘン貿易で儲けた麻薬一族のサッスーン家がありますね。

その番頭さん一族。
カドゥーリ家が経営してたのか。

知っての通り、アヘン貿易で名をはせたのは、
上海のジャーディーンマセソン商会とサッスーン商会です。

で、カドゥーリ一族は、サッスーンの番頭をやってる一族です。

最初に香港半島酒店=香港ペニンシュラホテルを作って、
色々ホテルを増やしていった。

このカドゥーリ一族は、奴らの保守本流。

なんとイギリスのスタンダード・チャータード銀行一族から嫁を貰って親戚になってますね。

スタンダードチャータード銀行と言えば、
あのシティバンクが経営難に陥った時に泣きついて助けてもらった銀行です。

世界の銀行の中のトップのトップ銀行。

そのイギリス、スタンダードチャータード銀行の本店は、
イタリアの

少しは儲かった?

という冗談みたいな名前の銀行です。

スコシア・モカッタ銀行。

その一族とは、言わずと知れたイタリアのベニスの商人。
デルバンコさんです。

デルバンコの英語名がウォーバーグ。
FRBの創業者がポール・ウォーバーグ。

つまり銀行=Bank(バンク)の語源となった銀行の頂点の一族です。

なるほど~

ペニンシュラホテルはカドゥーリ一一族というデルバンコから嫁を貰った野郎のホテルだったのか。

そりゃ東京の金融の中心地丸の内。
そのど真ん中に目を作るわ。。

あんた達、毎日忙しく動いてるけど、
少しは儲かった?
と人々を監視している。

ったく、この世は冗談みたいな世界です。

本当にありがとうございますた。

またクイズ出しときます。
ワタスはどこにいるでしょう?

昨日は、もう一つのペニンシュラに行ってきますたよ。


直近イベント:
・10/16(土)御嶽山de再生ツアー!in長野木曽

目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

10/1 超久しぶりに動画アップしますた。今回は地底人ネタです(笑)


メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)
ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう