北朝鮮に動きが出て来た② 新型弾道ミサイル搭載潜水艦を準備中

スポンサードリンク

おほぉ。

さて米大統領選の混乱に始まり2021年は戦争の年。

で、国内ではさっぱり報道してないですが。

北朝鮮の動きを監視してる38 ノースというアメリカのサイト。
こんなツィートしてますた。

北朝鮮の新補市の浮きドッグに新型弾道ミサイル搭載潜水艦が停泊中だと言ってます。

 

北朝鮮は新型弾道ミサイル搭載の潜水艦準備の可能性:38ノース

北朝鮮の造船所の衛星画像は、近い将来、新しい弾道ミサイル潜水艦を打ち上げる準備ができているかもしれないことを示唆する不審活動を検出した、と北朝鮮を監視している米国の専門家ウェブサイトは述べた。

38 Northは、東海岸にある北朝鮮の造船所の最近の商業衛星画像が、通常は近くの桟橋に係留されている、浮いている乾ドックが最近、建設ホールの潜水艦発射岸壁に沿って再配置されたことを示していると、金曜日に報告しました。

このような取り決めは通常ではないことに留意し、「数年前から建造されている新型弾道ミサイル搭載潜水艦が完成に近づいているか、近い将来に展開・発射される準備が整っている」とそのウェブサイトは述べた。

また、この場所からはまだ潜水艦が発射されていないことが分かっているため、乾ドックは岸壁上のものとの軌道調整のために設置される可能性もあるという。

北朝鮮は、潜水艦発射弾道ミサイル (SLBM) を三つ搭載できる3,000トン級の潜水艦を建造中だ。
北朝鮮は2019年7月に初めてこの新しい資産を公開しました。

北朝鮮は現在、ロミオ級潜水艦約20隻 (1,800トン級) を含む70隻の潜水艦を保有しているとされる。しかし、それらのほとんどは時代遅れで、沿岸水域を越えた作戦には適さないことが知られていた。(ヨンハップ)

北朝鮮の新補造船所とはここ。

ゼロヘッジさんにもこのような記事を載せてますた。

スティムソンセンターのシンクタンクの専門家が38ノースのウェブサイトに掲載した画像の分析は、新しい船を示唆しています「完成に近づいているかもしれないし、近い将来に展開して進水式をする準備ができているかもしれない」。

今年1月、国営メディアは金正恩が主催する軍事パレードで「世界最強の武器」と称する新型の潜水艦発射弾道ミサイルの発表を大々的に宣伝した。

・・・

アナリストらは、「現在建造中の2,720トンの船舶は、弾道ミサイル3基を搭載すると考えられており、理論的には太平洋に進出してハワイや米国本土の米軍施設を脅かすことも可能である。」と予想している。

これは興味深い。
金正恩先輩も戦争シナリオ遂行に頑張っているようですた。

一方、台湾の方でも動きも活発化してます。

北朝鮮の韓国進攻。
そして中国の台湾進行。

ワタスは、今年の同時期ぐらいにおっぱじめると見てるんですが。

そもそも、経済が行き詰まれば戦争。
一度、更地にして立て替えなきゃ経済は回らない。

ずっと金融緩和で札束を刷りまくってる訳にもいかない。
そろそろ、ちゃぶ台返しをやって一からやり直す必要があるのです。

まぁとにかくグレートリセットは今年中にやると見てます。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・5/4(祝・火)地底人さんが来る!波動学Live in山梨

・波動学4月16日(金)
メルマガ始めました:
2021/3/31 いよいよ今年か? 戦争になったら日本で一番危険な場所

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう