ダウ急落と中国人民元の最安値更新

スポンサードリンク

さて、またおはギャーしてますなぁ。
なんだか最近、こういうの書いてて飽きて来たのですが。

株価もさることながら、こっちも凄い。

中国人民元が最安になりますた。
7ドル切る勢いです。

中国・人民元、史上最安値に急落

アジア市場の序盤、オフショアの人民元相場は前日の下げ幅を拡大し、
PBOC(中国人民銀行: People’s Bank of China)の人民元相場の下値を再び試す展開となった。
元の対米ドル相場は7.1925ドルまで下落した。
出典:Bloomberg 

で、米ドルもめっちゃ安くなってきてます。

今年の1月にあったフラッシュクラッシュ時の水準まで落ちてきてますね。


ドルも元も両方安くなってきた。

一方が紙屑にするのか?とケチをつけたら、だったらこっちが紙屑だとやり返す。
で、日本にはあまり影響がない。

まさにあの秋の予言通りになってきますた。

それと上のツィートに載ってたジブリの呪い。
ジブリ映画が放映されると株価が暴落するというアノマリーのことですた。

Wikiジブリの呪い

ジブリの呪い(ジブリののろい)とは、主に金融業界や投資家などの間で語られているアノマリー、ジンクスおよび都市伝説の一つである。

ジブリの法則という呼ばれ方をすることもある。

みんなの外為の編集スタッフが2013年に調査したところによると、2006年に金曜ロードショーにおいて、天空の城ラピュタが放映された段階から、「ジブリの呪い」または「ジブリの法則」という言葉が散見されるようになったとされている。

日本テレビ放送網(以下「日テレ」と表記する。)では、毎週金曜日に金曜ロードSHOW!(金曜ロードショー)という枠を設けており、この枠において、日テレおよび読売テレビや中京テレビなどの日テレ系各局では、スタジオジブリが制作したアニメ映画を放送することがある。

一方、金融市場に目を向けると、2010年1月から2013年7月までに、ジブリ作品は24回放映されているが、そのうち2/3近い回数で放映日翌日以降の最初の取引日には東京市場の為替相場で円高が起こり、約半数の場合で株価が下落しているほか、各種統計調査の結果の内容も芳しくないものが、かなりの割合で出されることが多いとされている。

この両者の相関関係から、ジブリ映画が放送されるたびに、東京市場では株式市場や外国為替相場が大荒れになるという噂が、2008年頃から株や市況を生業にしている人たちの間の一部で盛んに叫ばれるようになった。

その中でも米国雇用統計が発表される日と、金曜ロードショーにおいてジブリ作品が放映される日が重なる日は、とりわけ円高・株安に振れやすいと言われてもいるとされる。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

また8/30(金)に天空の城ラピュタが放映される。

ジブリ怖いぃぃ。


ちなみに以下は1998年の時のNYダウと株価チャートが似てるという指摘ですた。
これからまた一段安が来るかもしれない。

NYダウ(日足) 1998年と2019年のアナログモデル より

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2019/11/14 イギリス王家とロシア王家の関係 そっくりなエンペラー2人の関係

直近イベント:
重力から意識へ、物質の生立ち(変容と変性)?アセンションの意味前編 11月14日(木)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう