黄金の金玉を知らないか?

2013年よりツルんとすべった総合エンターテイメントブログ。イベント、コンサート、ツアー、カフェ、ネットショップ情報配信中。続け者ども!伝説はここから始まる!
HOME

明後日、いよいよ第3回スミルノフ学寺子屋開催!8/29(金)

さて、いよいよスミルノフ学派 第三回。
明後日に近づいてきますた。

今回は、佐野さんのロシアのサンクトペテルブルグの土産話が聞けると思います。
b001terakoya.jpg

参加したい方は以下からどうぞ

素美流之夫学 寺子屋 第3回 !!
【開催日時】8/29(金)19:00~21:30(2時間半)
【開講場所】東京 水道橋駅前
チケットは電子メールにて送ります。


今回はさらに濃い内容になること間違いなしです。
今回のお題はこんな感じです。

・ボイル・シャルルの法則をニュートンの動的作用反作用の公理から導く
・プラズマ中の拡散方程式をニュートンの動的作用反作用の公理から導く
・微細構造定数をニュートンの動的作用反作用の公理から導く
・日の出時に西の空に残る顕著な上弦の月
・その他


ワタスは微細構造定数の話が楽しみです。

考えるな参加するんだ!
くほほほほ

本当にありがとうございますた。

↓一日一回応援クリック
ranking_2014_banner_funassy1.png
[ 2014/08/27 08:50:23 ] テクノロジー

今年の9.11が危ない!?777はこれ?

さて、今日は長野は雨模様です。
時間もできたので陰謀ネタでも書きましょう。
前から言ってますが、こういう情報は根を詰めて読まないこと。

ガクガクガクガク
はー恐かった。
でも楽しかった!とさらっと読んでランチでも行くように。

このブログでは以前から
こんな記事を書いてきますた。

空に333の文字が出た時。
謎の飛行機雲アートについて謎の飛行機雲アートについて その2

お台場にヘンテコな絵があった時の記事。
気になる絵シリーズ その3 世界の終り この問いが分かるでしょうか。
気になる絵シリーズ その4 世界の終りの絵の考察
気になる絵シリーズ その5 回答について

だいたいからして、いつどこで何かが起こる等々。
そんなことが分かったら神様です。

その不可能なことに挑戦する。
読者みんなで未来を予測する。こんな楽しいことはない。
このブログはこのノリが分からなければ読んではいけないのですた。
今後とも無我夢中、叱咤激励宜しくお願いします。

さて、今回ワタスが注目したのは以下の情報です。
来月の9.11にまたアメリカで大規模なテ口が起きるという情報です。

ぇあ?
また9.11?

いかん!
き、金玉がぁぁ。
以下、久しぶりに股間を抑えてうずくまってしまいますた。

以前、IMFの専務理事クリスティーヌ・ラガルド女史の数秘術発言について書いたのを覚えているでしょう。
その時は2014.7.27では?
という推理を載せますた。

過去記事より抜粋します。
------
ラガルドさんが今年の年頭に数秘術(numerology)などという単語を使って演説した奇妙な演説が話題になってます。
以下の動画です。


1分22秒位 - 「私は、魔法の数字「7」についてどのように考えているかを質問することで、あなたがたの数秘術のスキルをテストするつもりです」
1分34秒位 - 「あなたがたのほとんどは7が特別な数であることを知っているでしょう
2分24秒位 - 「 2014 という数から 0 をおとすと 14 になる。これは 7 の 2 倍です」
4分08秒位 - 「今年はブレトンウッズ会議で国際通貨基金( IMF )が設立されて実に 70 周年です。 70 から 0 をとると 7 です」
4分22秒位 - 「そして、今年はベルリンの壁の崩壊から 25 周年になるでしょう」
4分38秒位 - 「今年は世界金融危機 ( 2007年 ) から7年目を迎えます」
5分08秒位 - 「その後の悲惨な7年間は、弱く脆いものでした」
5分14秒位 - 「私たちは強い7の数々を持っています
5分43秒位 - 「もし、G7がそれと共に何かを持っているのだとしたら、それは私にはわかりません」

で、 2と7から

2014.7.27 = 20(2x7).7.27


では?と予測したのでした。

さて、現在、皆さま御存じの通り、中東が荒れてます。
このように米国人記者が殺される等々のショッキングな映像が流れたりしてます。

実行犯、英出身ラッパーか 「イスラム国」米記者殺害
http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/24/islam-activist-rapper_n_5706131.html

c48jd2014_00002398.jpg
シリアやイラクで勢力を広げる過激派組織(ISIS)「イスラム国」が米国人ジャーナリストのジェームス・フォーリー氏(40)を殺害した事件で、英サンデー・タイムズ紙(電子版)は24日、英当局が特定した実行犯とされる男は、ロンドン出身の23歳とみられると報じた。同紙によると、男はロンドン西部の高級住宅地に昨年まで家族と住んでいたが、その後「ジハード戦士」になったとみられる。一方、英インディペンデント紙(電子版)は、男は英国ではラッパーとして活動し、治安当局への不満を歌っていたと伝えた。男の父親はエジプト出身で、1998年にケニアとタンザニアで起きた米大使館爆破事件に関わった疑いで、2012年に米国に引き渡されていたという。
英国では、殺害の様子を撮影したビデオに映る実行犯について、英語のアクセントからロンドン出身ではないかと衝撃が広がっていた。(渡辺志帆)

これも中東を戦火に包み込むためのヤラセだろうと、いろんな人から突っ込みされてますが。

で、今回の情報は、ヘンリーメイコウ氏のブログからの情報です。
このヘンリー・メイコウさんは、以前からイルミナティ云々の本などを書いてる人です。



以下が、このメイコウ氏のブログ。
イラン人映像作家の暴露動画について書いてます。

http://henrymakow.com/2014/08/Freemason%20Warns%20of%20BioChem%20Attack%20on%20US%20City%20.html#sthash.YOLpGXf5.dpuf
c48jd2014_00002399.jpg

イランの亡命フリーメーソンによるISISの活発化
ISIS Rise Foretold by Exiled Iranian Freemason (2014/8/24)

ナシリ・バーマン氏(Nassiri Bahman)は映像作家で32階層のスコティッシュライトフリーメーソンだった。
イランからアメリカに亡命した人物だった。

maxresdefault.jpg

このバーマン氏の言ってることの要約

・バーマン氏は以前にも911やビンラディンの所在についてある情報筋から事前に知らされ、それをFBIなどに通告したが、全く無視された。
・今回も同じ情報筋から大きな化学もしくは生物兵器テ口攻撃があるだろうと知らされた。
・それはシカゴがターゲットになるだろう。
・それはイーグルス(鷹団?)と呼ばれる世界で最も強力な銀行家、武器メーカーと石油富豪によるグループによって行われ、そのグループは主に英国人によってコントロールされている。
・そのグループはワシントンDCのある場所に月に1回会合を開いている。

とのことですた。

この映像作家ナシリ・バーマン氏。
確かに去年2013年の5月にこのような動画で警告をしてます。



この動画は非常に面白い。
英語が分かる人はぜひ見て下さい。面白い情報がいろいろ出てます。
このバーマン氏は、Golden Veilという映画を作って情報暴露をした。
それによると秘密組織によるNWOを達成するためのマスタープランがある。
スーパーボールの時期に始まったアラブの春、エジプトの動乱などはマスタープランのほんの始まりに過ぎない。
2~3年で終わらないような大きな戦争に拡大するためにそれは実行されてる。
Roshaniya(ロシュナイヤ)という秘密組織がアフガニスタンにあり、それは欧米の秘密組織スカルアンドボーンズと関係している。アルカイダは本当は発音が間違ってる。正しい発音は。。等々。


そして、この動画の内容は、確かに現在の中東の状況を言い当ててます。

で、メイコウ氏のブログのコメント欄に以下の情報が載ってました。

今年の911は2001/9/11→2014/9/11なので丁度13年目
ロンドンオリンピック開催日(2012/7/27)から777日目
ダイアナさん殺害から(1997年8月31日)から444週と444日目
MH370マレーシア航空撃墜(2014年3月8日)から3ヵ月と3日目
ロビンウィリアム氏死亡(2014年8月11日)から丁度1ヶ月目


ロンドンオリンピックは奴らの記念式典です。
そして今年の9.11はその日から777日目だった。

IMFのラガルド氏が指摘した777は、今年の911についてだった。

ガクガクガクガク

に、逃げろ。
今年の9.11が危ない!

とかなんとか。

以上、お楽しみ頂けましたでしょうか。

本当にありがとうございますた。

↓一日一回応援クリック
ranking_2014_banner_funassy1.png
[ 2014/08/26 12:54:08 ] 陰謀

人口減少を予測した代ゼミの経営がすごい

いや、これはちょっと驚いたのでこれもメモしときます。
日本の人口減少はいろんなとこで言われてますが。

2100年頃には明治維新の時と同じぐらいの人口になってしまうんですね。
それに2004年がピークだったようです。

知りませんですた。

以下は国土交通省が出した今後の日本の人口推移シミュレーション

zinkou2000.jpg
で、最近、あの受験予備校で有名な代々木ゼミナールのニュースが騒がれてます。
なんでも27カ所中20校閉鎖するとか。
それと、あの全国模擬試験も廃止しちゃうようですね。

閉鎖だけじゃなかった…代々木ゼミナールが来年度から全国模擬試験も廃止へ
http://matome.naver.jp/odai/2140885236519195701
大手予備校「代々木ゼミナール」を運営する学校法人の高宮学園(東京・渋谷)は、全国に27カ所ある校舎を7カ所に減らすことを決めた。
全国模擬試験を来年度から廃止することが23日、わかった。

代ゼミも、少子化による経営難か。。
と思ったのですが、全然違うようです。

こんな記事を読みますた。

【驚愕】代ゼミの恐るべき先見性。予備校から不動産会社に華麗な転身か。既に実績多数。
http://otonanomatome.blog.jp/archives/1008110693.html より


「代ゼミ死亡」って本当?

代ゼミが全国の7割の校舎を閉鎖し、希望退職者も募るというニュース。
「代ゼミがヤバい」「代ゼミショック」「代ゼミ死亡」…こんな投稿ばかりがソーシャルメディアでは目立っていた。





しかし一方で、専門家や元生徒からはこのような気になる指摘も。


2ちゃんねるでも同様の指摘があった。

26 :名刺は切らしておりまして:2014/08/23(土) 03:43:51.48 ID:Ly+0GDMB.net
代ゼミは確かこうなることを見越して 良い場所に校舎建ててたんだよね。
ホテルに改築できるようにしてあるとか聞いたことある。
  http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408731084

本当なのか確認してみたら→とっくに進んでいた!

「代ゼミ死亡説」が本当なのか調べてみたところ…驚くべきことに、代ゼミはここ10年で着々と不動産業への転換を進めていたことが分かった。

建物の再利用・用途転換例

▼都市デザインシステム(現UDS)本社
=旧・代ゼミ千駄ヶ谷校
d0130259_0441012
http://trystero.exblog.jp/7692831/

▼TKP貸会議室
=JECビル ※JEC=代ゼミ関連会社
29


▼カンラホテル京都
=旧・代ゼミ京都校舎別館
slideshow_5a
http://www.transit-web.com/issue/kimonodego/2010/10/hotel-kanra-kyoto.php

▼ホテルアンテルーム京都
=旧・代ゼミ京都校独身寮
34
http://tokotokoto.com/?p=575


建て替え/跡地再利用

▼代ゼミ名古屋本館(より大きな建物に建替中)
=2016年竣工予定。23階建てだが、うち19フロアがホテル名鉄インに。
16
http://www.ngk-kentiku.co.jp/architecture/others/index.html

▼代々木ヴィレッジ
=旧・代ゼミ本部の跡地に建った商業施設
yoyogivillage_img01
http://www.kurkku.jp/yoyogivillage/


上記の例以外にも代ゼミ校舎の用途転換は進んでいる。20~30年前頃までの建築はホテルやオフィスビルに転換し、それ以前の古いものは建て替えになっているように見受けた。
しかも名古屋の場合は、古い校舎をより巨大な新建築に建て替えたうえで大半をホテル化するという思い切りの良さだ。

このように約30年前より最近のものは「最初からオフィスやホテルへの転換を見越している」という噂の通り、実際に建物が用途転換されていることが分かった。
出生率ピーク時に少子化を予測?代ゼミの先見性

こうした用途転換がスムーズに進んでいる理由としては、以下の3つが考えられる。

・不動産は基本、自社グループで保有(高宮学園、JECなど)
・立地は基本、駅前の一等地(土地を隣り合わせに取得し、一体再開発に備えている?ケースも)
・更にオフィス、ホテル用途に転換しやすい形状で床面積も確保できる大型ビルとして建設



こうした方針に沿って、代ゼミでは多くの校舎が約30年前に土地取得・建設されており、それより古いものは2000年代後半からより大きな建物に建て替えている。

▼2008年竣工の代ゼミタワー(代ゼミ本部)
exteriorD04

今から30年前と言えば1984年、バブルの入り口に差し掛かっている頃。2度のベビーブームを除くと出生率がピークだった頃で、少子化の危機感がまだない時代だ

[図] 日本の出生率推移(1980年~2012年)
03

こうした事実を見ると、「代ゼミ」経営者は遅くとも30年以上前から、少子化により予備校業態がいずれ苦しくなることを予見して、そのうえで校舎の土地取得や建設を行っていたことになる。

そして今、そのアクセルを踏んでいるわけで、ある意味予定通りの華麗な転身プランを実行しているに過ぎないのかもしれない。



うーん。
蝉の鳴く夏、気づいたら代ゼミは華麗なる脱皮を図っていた。
なんと代ゼミホテルに変身していた。
すごすぎる代ゼミ。

代ゼミは教育事業は単なるビジネスでやっていて、ハイパーな資本主義の申し子のような会社だった。
優秀な経営陣で驚きますた。

本当にありがとうございますた。

↓一日一回応援クリック
ranking_2014_banner_funassy1.png
[ 2014/08/25 07:22:44 ] 経済情報
 Ads by Google
 応援クリック
 メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除
 
 サイトマップ
 このブログを検索
 Ads by Google
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 Ads by Google
スポンサードリンク