イタリア全土で取り付け騒ぎ

スポンサードリンク

さて、今日はこのような記事を読みますた。
日本から移籍してきたサッカー選手にスペイン全土がざわついているというニュースです。

ドイツのハノーファーからスペインのセビージャに移籍を果たした日本代表MF・清武弘嗣が現地で記者会見を開いた。
およそ8億円もの移籍金でヨーロッパリーグ3連覇中の強豪クラブに加入した清武の注目度は当然高い。
現地でも注目される中、自身が背負う10番への思い、試合に出場してゴールへ絡みたいという意欲を力強く語った。

終始和やかな雰囲気で行われた記者会見であったが、その放送後のスペインでは、なぜかSNSがざわついていたという。

「まだスペイン語が話せない清武は、現地の通訳を介して日本語で記者からの質問に答えていました。
それがマズかったですね。清武はしゃべるたびに『あの~』と感嘆詞を使っていたんですが、
スペイン語ではそれが“肛門”という意味なんです。喋るたびに『あの~』と挟むので、40回ぐらい言っていましたよ。

「あの~」セビージャ清武弘嗣の“アナル会見”にスペイン全土がざわついている!
http://www.cyzo.com/2016/07/post_28746_entry.html

そ、そうだったんだ。
「あの~」は「肛門」だったんだ。。

例えば就職活動中の皆さん。
例えば怖い面接官の前で。

あのぉ。。あのぉ。。モジモジ。
それは肛門。。肛門。。モジモジと言ってるのです。
今後気を付けましょう。

ワタスも今後、あの~玉蔵と申す者です。
というのは肛門~玉蔵と申す者です。。
そう言ってるのです。
今後、気を付けたいと思います。

って、このように超絶にどうでも良いニュースはさておき。

スペインならぬイタリア全土では現在、取り付け騒ぎが起きているようです。

http://beforeitsnews.com/opinion-liberal/2016/07/the-economy-bank-runs-have-begun-in-italy-atms-being-emptied-2532497.html

イタリアで取り付け騒ぎが起きています。ATMに現金がなくなりつつあります。

e6c484debbac4ae9d15f34ffb7d5e646c63e5a0e.jpg

現在、イタリア全土で取り付け騒ぎが起きていると報道されています。人々が長い列を作ってATMから現金を全て引き出しています。イタリア最古の銀行のBank Monte dei Paschiを含む複数の銀行が破綻するのではないかとの憶測が流れているため、このような取り付け騒ぎが起きています。。

今年3月以降、イタリアの金融システムは今にも崩壊しそうな傾塔であるとメディアに報道されました。 イタリアの銀行がドミノ倒しのように破綻すると、ヨーロッパ全土で過去最悪の金融パニックが起こるでしょう。
我々は1月にイタリアの金融危機についてお伝えしましたが、1月以降、イタリアの銀行の株価が約68%も急落しており、金融危機がさらに進んでいます。

今年1月の株価と比べると、Monte dei Paschiの現在の株価は̠86%も暴落しました。Shares of Carigeは88%も暴落しました。これは南アフリカの金融危機の状況と全く同じです。イタリアの金融危機も加速しています。
ヨーロッパは小国(経済規模は世界で44番目)のギリシャでさえ救うことができませんでした。
イタリアの経済規模はギリシャの経済よりもはるかに大きく、世界で8番目の経済大国です。そしてイタリアの財政赤字はGDPの132%にまで膨らんでいます。このようなことから、ヨーロッパはイタリアの金融メルトダウンを救済することなどできません。
残念ながら、イタリアの銀行は債務不履行のローンによって破綻へと向かっています。そして世界の金融システムを脅かしています。

イタリアで取り付け騒ぎが続けば、イタリアの銀行は破綻し閉鎖されます。そうなると、イタリアの銀行がお金を借りているヨーロッパの大手銀行を破綻させる恐れがあります。そうなると、ヨーロッパの他の国々でも取り付け騒ぎが起きます。その結果、ヨーロッパの大手銀行も破綻します。そうなるとアメリカの大手銀行も破綻してしまいます。そしてゲームが終わります。

世界中の人々に、手元に現金を所持する事をお勧めします。ひょっとしたら、バンクホリデー(銀行の休日)が何週間も続く危険性があるからです。銀行が閉鎖すれば、クレジットカードもデビッドカードも使えなくなります。
生き残るために必要な食料品やガソリンなどを買うのに十分な現金を所持していてください。そして請求書の支払いができなくても構いません。生き残るために現金を引き出しておいてください。

以下省略

77eb1755734f2d7a3d511f4316df26ae5e67ea3b.jpg
ATMの前で長い列を作って現金を引き出そうとしています。
※訳は日本と世界と宇宙の動向さんより拝借

イタリアのみならず、他に気になるのはドイツ銀行ですね。
ドイツ銀行の株価も倒産レベルまで売り込まれてます。

あのジョージ・ソロス氏が空売りしてるとの情報もあります。

AK2016ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000464.jpg

以下はドイツ銀行の株価がリーマンに似て来ているというチャート。
後ちょっとでご臨終に見えますが。

http://www.kitco.com/commentaries/2016-07-04/Deutsche-Bank-to-initiate-the-next-financial-crisis.html
 20160704cvb8.jpg

これは前に書いたようにドイツ銀行がどれだけデリバティブ残高があるかです。

左はドイツのGDP、真ん中がユーロ全体のGDP、右がドイツ銀行のデリバティブ取引量。
きちがい沙汰のデリバティブ残高なのです。

http://www.kitco.com/commentaries/2016-07-04/Deutsche-Bank-to-initiate-the-next-financial-crisis.html
20160704cvb4.jpg

まぁ、どうなんでしょう。
ワタスは来週18日からが怪しいと見てるのですが。

本当にありがとうございますた。

※追記

イタリア全土というのは大げさでした。正確には一部の銀行でのようでした。
イタリア在住の方数名からかご指摘頂きました。
このブログは全世界に読者さんがいるので滅多なことを書くとあっという間に突っ込まれますね。
とほほ。

今後とも叱咤激励、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

これは元JPモルガンアナリスト塚澤氏の本。
この秋からヨーロッパ発の第二のリーマンショックが来ると分析してます。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう