デフォルト回避 米債務上限問題解決は、終わりの始まり

スポンサードリンク

ヒャッハー!

米債務上限問題解決いいね!

31日に議会で採決だとさ。

デフォルト回避とってもいいね!

【ワシントン=高見浩輔】バイデン米大統領と米連邦議会のマッカーシー下院議長は27日、米政府債務の法定上限を引き上げることで基本合意した。

マッカーシー氏は31日に議会で採決すると表明した。

承認されれば、市場で懸念されていた米国債の債務不履行(デフォルト)は回避される。

それを受けて日経平均大幅上昇とってもいいね!

ぶひゃは!

まぁこれはいつものことですね。

はい。債務上限問題が解決してからが本番。

前から言ってるように、
多分、デフォルトが回避されるが、しばらくして地方銀行がバタバタと潰れ始める。

そこから大手銀行にも飛び火してヒャッハー!

ワタスの見たところ来月後半。

これから起きることは米国債の下落。

米国債=米国政府の借用証書。

今まで借用証書を31兆ドル(4,000兆円)も発行した。
本当に借金返せるのか?

借用証書の信用が落ちるに決まってる。
もう日本以外買ってない。

それはつまり、高く金利をつけても買ってもらえなくなる。
つまり金利の上昇。

これからさらに米国債が下落するので、
米国債を買って資産運用中の金融機関の含み損が拡大する。

そして、小さい銀行から次々に潰れていく。

普通に推測できることです。

以下は、現在の米国地銀破綻状況のまとめ

米国地銀 破綻した銀行
ファースト・リパブリック・バンク破綻
シルバーゲート・キャピタル破綻
シリコンバレー銀行破綻
シグネチャー・バンク破綻

これから破綻しそうな銀行
パックウェスト
ウェスタン・アライアンス
メトロポリタンバンク
ファースト・ホライズン

もう株価がこんな感じ。

そして金利上昇。

それは信用収縮=資金収縮の始まりです。

安い金利だから資金を借りて運用してるのが、
高金利になれば、資金を引き上げる。

株価が暴落する。
土地運用も同じ。

金利が上がれば、みんな手放し始める。

とにかく、米国債下落=金利上昇で、全て逆流し始めるのですた。

今まで風船のように膨らんでたものが弾ける時がやってくる。
ヒャッハー!

そして、あらぁ?
我々はなにをありがたがってたんだっけ。

みんな葉っぱのお金を拝んでたことに気づくのですた。

って、今まで散々書いてきたことなのでもう飽きてしまいますたが。

とにかくバカにされようがなんだろうが、
米ドル崩壊祭りは近い。

人の行く裏に道あり花の山。

今、気づいてる人は、静かに抜け出すことです。

本当にありがとうございますた。

イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

ショップ情報:
在庫補充しました 黄金村の苗!

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

関西黄金村 隊員連絡網はこちら
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう