株価暴落の前兆 本日以降注意 ブラックマンデー前に酷似

スポンサードリンク

さて、いよいよヒャッハー!です。
皆様ついに来ますた!
モヒカン用意!バイク用意!

者ども続け!

アイアイサー!
hokuto.jpg

とかなんとか。
今までこのブログでは散々経済崩壊が来る。
言い過ぎたせいもあって最近本人自身が完全に飽きてしまった2016年秋。

今度こそ。
ぁぁ。今度こそ。
悲願達成の前兆が出て来ました。

皆様は以下のチャートを見たことはあるでしょうか。
株などの価格が実際のGDPとどれぐらい乖離しているかを示してます。

前回2008年は住宅バブル(Housing bubble)で、今回のバブルは中央銀行が作りだしたバブル(Central Bankers’ bubble)です。

2008-2016bubblechart.png

こんなに乖離してたらまた調整する日が来るだろう。
普通にそう見えますが。

先週、金が急落しましたが。
金の急落後は何かが起きてまた急騰することがあります。
水面下で何かが起きている。。

以下ゼロヘッジからです。
多くの銀行家がこの異変に気づいてるという記事です。
ちょっと長いですが載せときます。

5 Urgent Warnings From Big Banks That The “Economy Has Gone Suicidal”
銀行家による5つの警告。経済は危機的状況にある。

http://www.zerohedge.com/news/2016-10-15/5-urgent-warnings-big-banks-economy-has-gone-suicidal

経済は崩壊に向かって進んでいます。世界で最も強力な銀行家達が以下のように警告してます。

我々の今までの歴史の中で最大の災害が引き起こされようとしています。
一般人が今までにないバカな選挙にうつつを抜かしている間に銀行家達は経済の深刻な状況に注目しています。

ここ数週間のうちに株式市場の下落に関する大きな議論が起きていて、ヨーロッパの最大の投資銀行の債務超過等、危機が高まってます。皆さんがヒラリーとトランプのバカな試合を見てる間に見逃していたことを以下に書きましょう。

1.HSBCが株式暴落の兆候について緊急警告を出している。

米国株式市場はFRBによって人工的に支えられて来ました。しかし彼らの経済を刺激する能力はもはやありません。免疫ができてしまったのです。よって彼らにはもう手がありません。イエレンが利上げをするまで時間の問題です。

以下はビジネスインサイダー誌より
HSBCのテクニカルアナリストであるマレイ・ガンはここ数週間の間の値動きから株価の暴落の危険性を顧客向けレポートで警告しました。マレイ・ガンは9月下旬に株式市場の動きが1987年の株式市場崩壊の直前のそれと無気味に類似していると言いました。シティバンクのトム・フィッツパトリックも、ほんの数日前1987年の市場に酷似していると言いました。

2.IMFがドイツ銀行に引き続き警告しています。
ドイツそしてヨーロッパ最大の投資銀行であるドイツ銀行は恐ろしい危機の真っただ中にいます。
いくつかの大陸を沈没させるほどの巨大な債務についてゴールドマン・サックス等も同じことに言及しています。

ピーター・ダットル(I.M.F.の資本市場の部次長)は投資家の視点は資本のレベルよりむしろビジネス・モデルに移ってると言いました。
彼らのレポートではヨーロッパの銀行の問題は構造的であり低い成長とマイナス金利の時代において利益をもはや生み出さないと言っています。ダットル氏は特に銀行は大規模な資本に頼る時代遅れのビジネス・モデルでありドイツ銀行がまさにそれだと言いました。

経済学者と業務監査委員は、ドイツ銀行はそのサイズからヨーロッパとアメリカの金融市場を危険にさらし、2008年同様の事態になればドイツ銀行の崩壊は全世界に波及し間違いなく米国市場を引きずり込むと警告しました。

3.バンク・オブ・アメリカが不況が差し迫っていて避けられないと警告しています。

SHTFが報告したように大銀行さえ認めてることですが景気刺激策はもはや機能していません。
そして結果は既に見えてしまいました。
2008年リーマンショック後のFRB理事会の対応策は米国経済を脆く脆弱な国にしてしまいました。

CNBCより:
この7年間中央銀行は景気を刺激するためにありとあらゆることをしてきました。
バンク・オブ・アメリカ-メリル・リンチのサヴィタ・サブラマニア氏はCNBCの中で警告しました。

我々は不況を正確に予測できる経済指標の全てから、もし現在の傾向が続くなら我々は来年の後半あたり不況に突入すると言いました。市場は今とても脆弱で我々は椅子取りゲームで遊んでいるようなものです(理論的には不可能なことをやっているのです。)遊びの時間は終わりました。

4. 著名な投資集団であるマッコーリー・グループは、民間セクターはQE3から決して立ち直らないし、人間のできる仕事は終わったと警告しています

FRBの通貨政策は、中小企業を完全に骨抜きにしてしました。典型的投資家としても民間セクターから収益を得ることはもはやまったくできなくなりました。
これでは事実上の官製経済です。そしてさらに悪いことには全ての人間は解雇されロボットが彼らの仕事を肩代わりするでしょう。来たるべき10年間には、350万人のトラック運転手は彼らの仕事を失います、そしてウェイトレス、秘書、先生、会社員その他も更に酷くなります。

SHTFが報告したように:
投資銀行会社マッコーリー・グループの社長は、我々が経済の終わりを何も見てないと警告しています。
 
エポック・タイムズを通して:
シヴェット氏は、中央銀行のマイナス金利と量的緩和のあぶく銭政策は限定的な成功のみであり、負債デフレーションシナリオに悪く作用していると言いました。投資と消費を刺激する積極的な金融方針はどれも効果がありませんでした。
それらは証拠がまったくなく資産価格に影響を与えることはできるでしょうが、実体経済に流れ込みません。
「生産性が基礎になく、民間部門は決して回復しません。それは二度とお金を生み出しません」

5. BIS (中央銀行の中の中央銀行)が 中国の経済的メルトダウンを警告しています。

財政的な問題は事実上全世界的問題です。
中国市場が崩壊しそうです。基本的にすべての巨大な経済は同じ危険なイカサマをしています。

マイケル・スナイダーが報告したように:ピナクルファイナンスシステムは、中国は本格的な銀行危機だと警告しています。
世界史で本当に前例がない規模です。中国のすべての貸し付け残高の総値は、28兆ドル以上の総計に達しました。それはアメリカ合衆国と日本の商用銀行システムを合わせた額に等しいのです。
BIS(国際決済銀行)は中国のGDPとクレジットのギャップは30.1に達したと四半期レポートで警告しました。そして、他のどの主要な国に比べても現在まで最も高くなっています。1997年の東アジア投資ブームやまたはリーマン危機の前の米国のサブプライムバブル数値よりかなり高いです。
ゴールドマン・サックスとJPモーガン・チェイスも同様の予想をしています。

ブラックマンデー前に酷似。。
そして中国が崩壊直前。
金融緩和策はまったく機能してない。

ワタスが気になるのは米国債です。
以前、海外中央銀行が米国債を叩き売りしていると言いましたが。

最近、米国金利が急上昇してます。(つまり米国債が急落)
巷のニュースは12月FRBの利上げを見越した動きだと書いてますが。
ワタスはそうじゃないと見てます。

AN20161007ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000483.jpg

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-06/OEN6V96VDKHU01
米国債:2年債利回りは4カ月ぶり高水準、米金融当局の動向注視
6日の米国債市場では2年債利回りが約4カ月ぶり高水準となった。市場では米金融政策当局者の発言や鍵を握る雇用統計の発表が待たれている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-27/OE59BP6KLVRC01
米ブラックロック、米国債に警鐘-米金融当局は利上げへ前進
世界最大の資産運用会社ブラックロックは、米連邦準備制度が利上げに向けて前進するため投資家は米国債について警戒姿勢を抱くべきだと指摘した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-26/OE33FR6S972A01
米連邦準備制度が保管している外国中銀の米国債保有残高によると、中国や日本などの中銀は3四半期連続で保有を縮小している。これは過去最長の圧縮。縮小ペースはここ3カ月で加速しており、米国債利回りも同時に上向きつつある。

前から書いてるように金利の上昇。
電源強制シャットダウン=デリバティブゲーム終了。

その兆候が出始めたと見てます。

ワタスもいろんなチャートを見ましたがどうも急落するチャートに見える。

以下はHSBCのテクニカルアナリストが指摘したダウのチャートです。
(C)いわゆる三尊を形成して、サポートラインを抜けて何度かそこにタッチしていると指摘してます。

hsbc-dow-jones-red-alert.png

以上。

いよいよ米国大統領選に向けて変化変容の秋。

ワタスはとりあえず今日からバリカンと自転車を用意しておくことにします。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう