暴落は春から? 最新ウェブボット予言

スポンサードリンク

さて、就任前の暴落はどうも外れそうですね。
ちゃんちゃん。

ところで、ちょっと興味深い情報を読んだので載せときます。
かなり前から取り上げてるのですが

あのウェブボットプログラム。
元マイクロソフトのコンサルタント、クリフ・ハイ氏が開発した未来予測プログラムですが。

ウェブボットというのは元々は株式市場の動向を予測するために1990年代後半に開発されたプログラムで、仕組みはネットを徘徊してSNS、ニュース記事、ブログ、フォーラム(掲示板)とかチャットの内容を集めてくる。
その中にどういうキーワードが多く出てきているのか。
そのキーワードがどういう場面で使われてるのか。

例えば、戦争というキーワードが感情的に使われてたら、将来、戦争が起きる可能性があるとか。
そんな感じで、その時々でネット上で人々がどんなキーワードを多く使ってコミュニケーションしてるのか、そのキーワードが出現する時の感情のインパクト、強度、頻度などを数値化し総合して未来を予測するプログラムのことです。

で、最近、その精度が上がってきたのだとか。

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガさんとこに興味深い話が載ってたので抜粋しときます。

なぜ最近になってウェブボットの評価が高まっているのか?
http://www.mag2.com/p/money/30851/3 より

そのようなウェブボットだが、予測の的中率は決して高くはなかった。地震や洪水など自然災害が当たることは比較的に多いものの、社会的な出来事ではアメリカの経済の崩壊を示唆する同じようなシナリオが繰り返し出て来るだけであった。

それが昨年の後半くらいから、著名なYouTubeのチャンネルやネットテレビなどで頻繁に取り上げられるようになった。その理由は、ウェブボットの精度が上がっているようで、毎月配信されるレポートに将来起こる出来事のアウトラインが描写されていることが多くなっているからだという。

例えば11月にインド政府は、1000ルピーと5000ルピーの高額紙幣の流通を停止させて大きな混乱をもたらしたが、これが起こる前にウェブボットのレポートに予測されていた。さらに、いま仮想通貨のビットコインが急騰しているが、これが1000ドルを突破することをかなり以前から予測し、的中させている。

最近そうした事例が相次いだため、ウェブボットに注目が集まっているのだ。

なんとビットコインの高騰、そしてインドの高額紙幣の廃止を事前に当ててたのか。
非常に興味深い。

で、最新の予測ではこんな興味深い予測をしているようです。

ちなみにウェブボットがプロジェクトとして始まったのは、20年前の1997年であった。それ以来、ほぼ毎月予測レポートを出してきたが、ウェブボットを紹介している多くのネットテレビやラジオでは、12月に発表された2017年予測が、これまでのレポートのなかでもっとも重要なものではないかと評価されている。

ウェブボットによる2017年経済予測(1)

<トランプの大統領就任に関して>

Q1:
オバマ政権はトランプの就任をブロックしたいようだが、トランプは大統領に就任できるだろうか?

A1:
危機を示すデータがイスラエルに集中している。これは、国連安保理のイスラエル非難決議が可決されたことを示すものだ。2月にはイスラエルでなんらかの争いが起こり、これが混乱を引き起こすかもしれないが、トランプに関する限り、就任前の暗殺を示すデータはいまところ存在していない。だから、予定どおりトランプは大統領に就任するだろう。

<経済の予測>

Q2:
市場は高値をつけ、まだ上昇しつつあるが、2017年の経済はどのような状況になるのか?

A2:
感情値の視点から見ると、政治の領域では多くの人がトランプの勝利を受け入れることができず、悲鳴のような感情の放出が起こっている。これは国民のみならず民主党や共和党の既存の支配層にもいえることだ。彼らは支配エリートの地位を追われつつあり、自分たちの地位が確保できないでいる。

他方市場は、トランプの就任を歓迎し、楽観的な感情の蓄積が行われている。

Q3:
いま米国債の価格は下がり金利は上昇しているが、経済がクラッシュするようなことは起こるのか?

A3:
アメリカの実体経済はすでに相当に悪い状態だ。仕事を見つけられず困窮している膨大な人々がいる。しかし、株価や社債の上昇という経済の金融的な側面に隠され、実体経済の状況はまったく報道されていない。そうした実体経済から見ると、すでに経済の崩壊は起こっていると見ることもできる。

一方ドルだが、ウェブボットのデータでは、2017年の2月から3月初めにドルの価値が大きく下落すると出ている。これは続いていた「トランプ・ユーフォリア」と呼ばれる楽観的な状況が終了し、市場が下落する転換点に入ることを示している。

<ドルの価値の推移とバンク・ホリデー>

Q4:
2017年はドルの価値はどのように推移するのか?

A4:
データでは、今年はドルと不動産の下落が連動しており、後者のほうが深刻な問題となるとある。トランプの就任に伴う楽観的なムードが終わる今年の春以降、金利が急上昇する可能性が示唆されている。下手をすると9%近くまで金利が上昇するとデータにはある。

この背景のひとつとなるのが、地方銀行の収益が悪化し、一斉に貸し渋りと貸し剥がしを行うことだ。銀行は自己資金が枯渇するので現金を必要とする。そのため、現金の流出を防ぐ必要から、貸出し金利を上昇させるとデータにはある。これが9%まで金利が跳ね上がる理由だろう。

この影響をもっとも顕著に受けるのが不動産市場だ。銀行の貸し渋りからローンが供給されないので、住宅がまったく売れず、価格崩壊する。これはアメリカのみならず、ドルを使っているカナダとオーストラリアでも起こる。

Q5:
バンク・ホリデーのような銀行の一時閉鎖が正式に宣言されることはあるのか?

A5:
あるかもしれないが、それは統制のとれたものとはならない。銀行の閉鎖が相次ぐので、さまざまな銀行が資金の流失を防ぐために、一時的に閉めるようなことは多く起こるだろう。

なるほど。
このまま2,3月まで就任の楽観ムードが続いてそこから下落モードに転換する。
金利は9%まで上がる。
となると、暴落は4月からでしょうかね。

ちなみにウェブボットプログラムの最新予測は以下の海外サイトで見れるようです。
ALTAレポートというのを有料(15ドル)で販売してます。
興味ある人は見たらどうでしょうか。

http://webbotforum.com/

それともう一つ。
ワタスが以前ここで紹介した村中愛さん。
以下の著書の方ですが。

人づてに聞いた情報によるとこの村中愛さんも4月からだと言ってるようですね。

ちょっと興味深い話を載せときました。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント: ブロックチェーン入門 2017年3月30日(木)19:00 in新宿

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう