この世界が仮想現実であることを示す証明式 量子もつれについて

スポンサードリンク

さて、 先日、ワタスは言いましたね。
それでも宇宙は映ってる。

夜空の星を見て語り合うカップルの横であなたの脳みそが映ってるだけですよ。
そのようにワタスは囁きますた。

変態!
おまわりさんここに変態がいます!

そう通報されつつワタスは言きりました。
それでも宇宙は映ってるんです!

皆様はご存じでしょうか。
最近の科学者も、もしかしたら世界は本当は写ってるだけでは?
そう言い始めてる科学者達もいます。

それをシミュレーション仮説と言います。

Wiki シミュレーション仮説

以下は海外番組のようです。
ひじょーーに分かりやすかったので張っときます。

この動画でも説明してますね。

量子は、波でもあるし粒子でもあるんだよ。
2面性がある。

人間が観察していない時は波で、観察すると波が収縮して粒子になる。
それをコペンハーゲン解釈と言います。

ゲームだってそうですよね。
ゲーム画面は登場人物がでてる周りの風景だけ処理して他は処理してない。

で、例えば100年前、量子実験をやってた時に
今のようなバーチャルリアリティーゲームが存在してたら科学者はどう言ったでしょうか。

もしかして、我々の現実とは仮想現実じゃないのか?

そして、この量子もつれの説明も面白いですね。

Sponsored Link

例えばセシウムの原子が2つの光子を放出する。
その2つの光子は量子もつれ状態になる。

一方の光子の回転が定まれば、もう一つは必ず逆回転になる。
一方の光子を人間が観測した瞬間に、もう一方も確定するのです。

そして、その2つの光子の間がどれだけ離れていても情報が瞬時に飛んでいく。
それは宇宙の端と端でもです。
つまりテレポーテーションするのです。

2008年にスイスのジュネーブ大学で量子もつれ実験をした。
2つの量子を18km離れて片方を観測したらもう一方の方向が定まった。

その時、1/10万倍の遅延を観測できる装置を使ったが、
一方が観測されてから、もう一方が観測されるまで何の遅延も起きなかった。
つまり、同時に起きたということです。

量子は光の速度の10万倍の早さで情報を飛ばした。
でも、それは良く考えれば物理的にあり得ないことです。

だって、光速がこの宇宙で一番早いんだから。
光速を越えて移動するなんて物理法則に反してるじゃないか。

だから、この実験で分かるのは、実はこの世界は物理的に存在してるのではなく映ってるだけでは?
ホログラムなんでは?

そういうお話でした。

素晴らしい。

そう。とにかく映ってる。
アルザル人さんは自分の脳みその波と、外側の波が共鳴したときだけ世界が映ると説明してます。

以上、ひじょーに分かりやすい動画の紹介でした。

本当にありがとうございますた。

 

以下、忙しくって最近できなかったので来月2回やります。
お好きな人はどうぞ。

以下は新宿

こちらは大阪


※直近イベント:
弾き語りアコースティック畑ライブ 収穫祭 in山梨小淵沢 10/21(土)12:00~
トークライブin大阪 10/28(土) 18:00~

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

↓このブログの新刊がAmazonで予約開始になりました!11月16日発売です!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう