今年も恒例 リンゴ売ります! 天皇杯受賞りんご 名月(めいげつ)!

スポンサードリンク

さて、台風迫る中。
秋深し隣は何をする人ぞ

いらんかね~いらんかね~
安曇野りんごはいらんかね~

ワタスはリンゴを売る人だった。

今年もやって!とのたくさんのお声を頂き今年もやります。

ご購入はこちら
http://www.haramura-green.jp/product-list/30

このリンゴ。
毎年の恒例になってしまいますたね。

なぜ人気なのかというと、普通では味わえないその味わい。

この名月。
日本農業賞天皇杯を受賞し、まさに日本一のリンゴなのです。

リンゴは全国各地で栽培されてますが、天皇杯をとったリンゴはこの安曇野のリンゴだけです。

黄色の果皮にうっすらと赤みを帯びたりんご。
見た目もまさに名月です。

以下、取材の模様です。
普通のリンゴの木よりかなり小さいですね。
これが美味さの秘訣です。

AASPOQR20150914000361.jpg

この名月は、矮化(わいか)栽培という特殊な手法で作られました。

矮化栽培とは通常のリンゴの木より小さく育てる手法です。
信州安曇野が発祥の地です。

木を小さくすることで、全体に太陽の光をまんべんなく当て甘味と品質を安定化させる技術で 40年前に海外から導入して、日本の土地に合うように改良を重ねた技術でした。

シンガポール高島屋、大阪大丸松坂屋などに売り出される高級品で贈呈用、お歳暮用の品として売られています。

減農薬・無化学肥料。
農薬は農協基準ギリギリのレベルで一般的な量よりも60%減、化学肥料は一切使用してません。

皮ごとカリッと食べられます。
動画でワタスももぎ立てを皮ごと食べてます。
一番、味の乗った11月末にお送りします。
 
という訳で、長野からもぎ立て直送。
考えるな購入するんだ!

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2019/11/14 イギリス王家とロシア王家の関係 そっくりなエンペラー2人の関係

直近イベント:
重力から意識へ、物質の生立ち(変容と変性)?アセンションの意味前編 11月14日(木)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう