過去7日間にカリフォルニアとネバダで1万回以上の地震が発生

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さてこういう地震云々の記事はワタスは興味深いので載せてるだけなのですが、
あんまりガクブルして波動が下がってしまう人は読まない方が良い。

今後、いつも不安でサバイバルモードでいる人はそっちの列車に行ってしまうのです。
いつもワクワクしてクリエーションモードでいることが大事なのです。

とかなんとか。

さて、最近、地震が全世界で起きてますね。
オーストラリアとインドネシアで連発。


そして、カリフォルニア地震。
その後、揺れが1万回を超えてきたとか。

まぁ、アメリカはキリスト教の国なので、
アメリカのサイトなどを見るとヨハネの黙示録を引用して地震、火山、そして大雨。
いよいよ約束の時が来たなどと言ってるサイトが散見されます。

その昔、こんな映画ありますたね。
カリフォルニアダウン。
カリフォルニアが地震で壊滅するというお話でしたが、この映画はCGが秀逸ですた。

以下は2012年という映画。
こっちはイエローストーン噴火のシーンがとっても良かった。
ヒャッハー!
このシーンでは、おっさんが半分お尻を出しながらワクワクして叫んでますね。
このおっさんは、まるでワタスのようですた。
このシーンがとっても印象的ですた。

以下はZero Hedgeからです。

現在、南カリフォルニアでは地面が絶えず揺れており、これはまた大きな地震が来るかもしれないと多くの人が心配している。

私はカリフォルニア工科大学の最近の地震マップに注目しており、この記事を書いている時、カリフォルニアとネバダで過去7日間に10,053回の地震があったと書かれている。

その数がこれほど多いのは見たことがありませんし、カリフォルニア州南部では数分おきに新たな地震が起きています。

ほとんどの地震は、7月4日に起きたマグニチュード6.4の地震と、7月5日に起きたマグニチュード7.1の地震を目撃したリッジレスト周辺で起きています。

しかし、カリフォルニア工科大学の地図を見ればわかるように、サンアンドレアス断層沿いにも膨大な地震活動があった。先日もお話ししましたが、San Andreasの断層は「ビッグワン」で、「ロックおよびロード#ロックオヨビロード#」はまだ起きてません。

この地震活動のすべてが、本当に大きな何かにつながっている可能性はありますか?

そして、心配する必要があるのは地震だけではありません。フォックス・ニュースによると、「地質学者は神経質に近くの8つの火山を注目してる」…。

カリフォルニアの異様な「地震停止」は終わった。すでにいくつかの「ビッグワン」があるはずだった。

現在、地質学者たちは不安げに近くの8つの火山を眺めている。では、なぜイエローストーン火山はこれほど奇妙な動きをしているのだろうか。

米国地質調査所(ユーザ)は、カリフォルニア南部でさらなる大地震が起こると予想していると警告した。
過去数日に経験したよりも強力なものもあるかもしれないという。

地元の地震学者、ルーシー・ジョーンズ氏は、ロサンゼルス・タイムズ紙に次のように語っている。「(これらの地震は起こる)(ビッグワン)の可能性を低くするのではなく」。「20人に一人は、この場所で今後数日のうちにさらに大きな地震が起こる可能性がありますが、私たちはまだその連続した最大の地震を見ていません。」

カリフォルニアで火山が突然噴火した場合の混乱を想像できますか。

念のために言っておくと、私は個人的にはレイニア山や北西部の他の火山の方がはるかに心配です。しかし、それは別の記事の話題です。

あまり話題になっていないが、「ビッグワン」が突然サンアンドレアス断層を直撃した場合、カリフォルニアの原子炉はどうなるのか、ということだ。

Natural Newsによると、現在、サンアンドレアス断層に沿って5基の原子炉があり、海岸線に直接位置するもう1基は…。

Natural Newsがカリフォルニアの原子力発電施設の地理的位置を調査したところ、五つの原子力施設がサンアンドレアス断層線の近くに建設され、いくつかは30年ごとに50%の確率で深刻な地震が起こる地震帯のちょうど真ん中に建設されたことが明らかになった。

2,160MWを生産するDiablo Canyon原子力発電所(図中の黄色)は海岸に建設され、2011年に日本でメルトダウンに見舞われた福島第一原子力発電所を破壊したのと同じ種類の海水サージに対して極めて脆弱である。

サンアンドレアス断層の近くに原子炉を建設することを決めた天才は誰なんだ?

前例のない悪夢の可能性は確かにある。もしマグニチュード9.0の地震がサンアンドレアス断層を襲えば、私たちが目撃したマグニチュード7.1の地震の707倍の強さになります。

私たちは地球がますます不安定になっている時代に生きています。NBCニュースによると、2004年から2014年の間の大きな地震の数は、それ以前の10年の期間より265%多かった…。

しかし、今世紀これまでに我々が目撃してきた異常な揺れにもかかわらず、カリフォルニア州は、我々が過去7日間に目撃してきた揺れに近いものを見ていない。

もちろん、地震活動は広がり始めている「完全な嵐」の一要素にすぎない。

NOAAによると、6月までの12カ月は米国史上最も雨の多かった12カ月だった。
実際には、三か月連続で「過去12カ月の降水量記録が過去最高を記録した」。記録を更新し続けているだけで、中部地方の洪水は終わりそうにありません。

何百万エーカーもの優良農地が今年は全く利用されず、何千万エーカーもの作物が現在非常に悪い状態にある。

一方、巨大な嵐がニューオーリンズに直接向かっていて、水曜日には町に「3時間以内の7インチの雨」を落としました……。

ニューオーリンズの気象予報士らによると、同地域では、金曜日までにハリケーンに発達すると予想される気象システムに関連した一連の雷雨により、3時間以内に最大7インチの雨が降った。

市は水に飲み込まれ、住民は沼地の通り、ひっくり返ったゴミ箱、浸水した車に立ち向かった。カヤックで道を歩く者さえいた。

しかし、最悪の事態はまだこれからだ。嵐は上陸する前にハリケーンになるかもしれないし、ミシシッピ川をこれまでで最も高いレベルの1つに押し上げるだろう…。

今回の洪水は、この地域が週末にかけて影響を受ける可能性のある、熱帯性低気圧やハリケーン 「バリー」 による、より深刻な洪水状況の予兆かもしれない。

土曜日には、ミシシッピ川はニューオーリンズで記録的に最も高い山の1つ、または過去70年間で最も高い山の1つを見ると予測されている。

ルイジアナ州ではすでに非常事態が宣言されており、これは州にとってハリケーン・カトリーナ以来最大の災害となる可能性がある。

なぜ災害後の災害が突然アメリカを襲うのでしょうか?

そして、これが私たちの問題の始まりにすぎないということが可能でしょうか?
大きな変化の時を迎えていますが、これまでの経験は氷山の一角にすぎないと感じています。

いや、色々と天変地異が起きててひじょーに興味深い。
今後のカリフォルニアに注目してます。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
不動産投資勉強会 ウェブセミナー 8月18日(日)

メルマガ始めました:
2019/8/7 裏天皇と南北朝の秘密 その4 隠れ南朝、欧州南朝、欧州北朝の起源

ショップ情報:
国産精麻 1200円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう