これからはDEXの時代 分散型暗号通貨取引所DEX(Decentralized EXchange)とは?

スポンサードリンク

さて、祝!!!

買いサイン点灯と書いたのですが、そこから順調に上がってきてますね。
もう100万近くまで来てます。

Bitbank より

ふー長かった。
長い冬も終わった。

という訳で、ちょっと今週末都内に行くので
急遽、祝!仮想通貨復活祭!金玉ナイトやろうと思います。

40名超えると場所が抑えられないのでお早めに。
↓お申し込みはこちら(場所は京浜東北線の大森駅です)
4/28(土)19:00~金玉ナイト(仮想通貨ナイト)in大森 参加フォーム

ヒャッハーー!
あぁ。長かった。
本当に長かった。
みんなで長い冬を耐えた慰労会とします。
もう一度、あの日の仲間で集まろう。

Sponsored Link

前回の飲み会はもちろん。
忘れもしないCoincheckハッキング直後の飲み会ですた。

つぁぁああ。
つぁぁああ。
今後、資金が返って来るんだろうか。。
ガクガクガクガク
お互いこれからどうなるんだろうか。
ガクガクガクガク

あの時は、皆さん股間を押さえながら戦々恐々ですたね。
あの日の恐怖は忘れません。
恐怖で顔をこわばらせる参加者の皆様。

ヒャッハーーー!!

うーん。なんだか楽しそうなんですが。。

Coincheckの野郎!オラ 許さねぇだ!


一見、こんな風景にも見えます。

その後、無事資金も戻ってきてなによりでした。

あの地獄を乗り切った戦友集まれ。
友がいたから乗り越えられた。

みな良く耐えた。
やっと春が来た。

隊長もうダメです!
何を言うか!諦めるんじゃない!
一緒に日本に帰るんだ!
ワタスも脱落しそうな隊員達を必死に励ましますたね。

お互い長い冬を耐えた忍耐と健闘を称え合いましょう。
って単なる飲み会です。

それと場所が取れたので、同日、勉強会やろうと思います。
この機会に、皆様の処々質問に答えます。

そもそもICO参加したは良いけどコインの売り方が分からないとか。
色々質問を頂きます。
この機会に説明しときます。

それと、相場がかなり下がってる今、仕込んでおきたい仮想通貨を紹介します。
今回は、主に大学発の仮想通貨など最新情報をお伝えしましょう。

出演: 玉蔵
日時:2018年4月28日(土) 13:00〜16:00まで 3時間
場所:大田区立山王会館

トーク内容
—– 
・初心者用の操作方法

ICOの参加方法
海外仮想通貨取引所の使い方
MyEtherWalletの使い方
ICO参加後のコインの売り方

・今の時期に仕込みたい仮想通貨

MIT(マサチューセッツ工科大学)
ハーバード
主に大学発で今後伸びそうな仮想通貨を紹介 

・DEXとは?

様々なDEX
DEXの使い方
その他、仮想通貨分野の最新動向

皆さんの質問に答える形で進めます。

—– 
チケットはEメールで代用します。
当日は届いたメールを受け付けにお見せ下さい。
・開催場所
大田区立山王会館

所在地:東京都大田区山王3-37-11 
電話番号:03-3773-9216
利用時間:9:00〜22:00

DEXについても説明致します。
それはハッキングされない取引所です。

忘れもしない、あのCoincheckさんハッキング事件。
人類史上最大にして最悪の580億円流出。

き、金玉がぁぁ。

あの時は、もう何回うずくまったでしょうか。
皆さん本当によく耐えた。
恐ろしい事件でした。

ホワイトハッカーさん達も犯人に蛍光ボールを投げつけて必死に追跡したのですが
ついに犯人も捕まらずバイバーイ。

ルパン三世さんだって580億は盗めないでしょう。
とんでもない事件でした。

今頃このように笑っていることでしょう。

もう信じらんない。
仮想通貨なんて危なくってやってらんない!

という訳で、取引所に預けてるといつ盗まれるか分かったものじゃない。

なので最近は、DEXが流行り始めたのですね。

DEXとは分散型取引所のことです。
以下にその概念図を載せときます。

 

つまりこの概念図で表現してることは、鍵(秘密鍵)を個人それぞれが管理してるということです。

今までのCoincheckなどの仮想通貨取引所は左側の中央集権取引所ですから、
鍵の管理は取引所がやってました。

だから、取引所がハッキングされると、あなたの鍵が盗まれしまい、
つぁぁああ
アタスの虎の子のコインがぁぁああ。
ガクブルの結果になってしまったのです。

でも、DEXでは右のようになって、取引所に鍵はおかずに、自分それぞれで持つ。
取引所は個人の出会いの場所だけになる。

そうなるとハッキングのリスクが減るのです。

ちなみに皆さんは仮想通貨の仕組みを勘違いしてるのですが、
例えば、ビットコインを誰かに送金したら、ネットを通してビットコインが相手にピューーー
と飛んでくわけではありません。

送金者がデータベースを書き換えるのです。
通貨の持ち主を書き換えるということです。

これを例えて言うなら土地を売買したら、土地が相手のところに飛んでく訳はもちろんない。
登記簿謄本というデータベース上で土地の持ち主が書き変わるだけです。
それと同じです。

で、 土地の持ち主を変えるには、実印持ってかなきゃ変えられないですよね。
第三者が勝手に書き換えられては困りますよね。
その実印が仮想通貨では鍵(秘密鍵)に該当するのです。

つまりみんなが共通で管理する仮想通貨のデータベース=ブロックチェーン上で
持ち主をあなたから相手にチェンジする。

その時必要なのが、鍵(秘密鍵)ということです。
その鍵で本人認証してデータベースを書き換えるのです。

だから鍵は自分で管理しなきゃならない。
鍵さえ渡さなきゃ誰もあなたの仮想通貨は盗めない(持ち主を書き換えられない)。

だからDEXは、取引所ではあくまで売買の出会いの場であって、
鍵はそれぞれが管理する。

つまりオークションサイトみたいになるということです。
これを例えるなら、ヤフーオークションでは、
別にヤフオクがハッキングされたところで、あなたの銀行口座からお金がなくなることはないですよね。
銀行口座はそれぞれが管理してるんであって、ヤフオクは出会いの場なだけです。

それと同じで、DEXにハッカーが侵入したところで、鍵はそれぞれが管理してるんだから、
仮想通貨は盗めないということです。

で、現在、いくつも分散管理取引所が出てきてるのでした。
いくつか載せときます。

以下、おカマの仮想通貨ブロガーさんが詳細を書いてますた。
女性のふりをした仮想通貨ブロガーがやツィッターアカウントが増える中、
どうどうとオカマと書いてるところが好感が持てる。
っていうか単なる変態さんかも知れませんが。

cryptおかまのめめ子さんと言うらしいです。
非常に筋肉質で禿げたオカマさんのようですた。


cryptoおかまのめめ子
仮想通貨投資をしている現役のおかま。
「大阪日本橋のおかまバー」で働いてるわ。

引用させて頂きます。

Sponsored Link

cryptoおかまの仮想通貨 より引用

DEX取引所一覧

【イーサデルタ】

  • サイト
  • 内容

Etherdeltaはイーサリアムプラットフォームを採用している分散型取引所(DEX)です。DEXの中でもオンチェーンで取引工程が多く行われる特徴を持ちます。イーサリアム・ブロックチェーンのブロック生成速度が遅いため、オフチェーン上の注文板を提供しています。買手と売手の自動的なマッチングはなく、買手が注文板にある、売手の価格を選択することで取引が成立し、ブロックチェーンに記録されます。

【オープンレジャー】

  • サイト

Openledger公式サイト

  • 内容
 BTS(BitShares)プラットフォームを採用している。そのためBTSブロックチェーン上の通貨を売買することが出来て、かつUSDやJPYに価格をペッグできSmartcoinを売買出来るDEXです。

 

【ウェーブス】

 
  • サイト
  • 内容
Waves platformのDEXです。Wavesの場合、ウォレット内にDEX機能が実装されている、といった仕様になっています。JPYやUSDといった法定通貨も取引可能ですが、Wavesでは誰でもトークンが発行出来るため、名称が同じであるだけの偽装通貨に注意が必要です。
 
 
【オーエックス】
 
 
  • サイト
  • 内容

厳密には取引所ではなく、様々な取引所が0xのシステムを利用できるプロトコルです。オフチェーンでマッチ、注文処理はオンチェーンで行いますCO終了後、数日でPoloniex上場が発表された事で価格を大きく高騰させたDEXのプロジェクト通貨です。オフチェーンで処理しているために取引スピードが早く、現在数多く存在しているイーサリアムトークンを手数料なしで交換することが出来ます。

 

【カイバーネットワーク】

  • 内容
イーサリアムのスマートコントラクト機能を利用する事で利便性の高いDEXの設立を目指しています。また、決済API機能を使うことで様々な通貨でICOに参加することが出来るようになります売手がトークンをリザーブし、買手がリザーブにある通貨を取引する形式をとっています。このリザーブはKYC(本人確認)を通った人がリザーブオペレーターとなり、各トークンの価格を設定することにより成立します。リザーブオペレーターは自身のリザーブで取引が行われるよう、レートの良い価格でトークンを提供しようと、他のリザーブオペレーターと競合します。カイバーネットワークは買手に、複数のリザーブの中からレートの良いものを自動的に選択し提供します。自動的にマッチングが行われる為、取引のスピードを上げることに成功しています。これによりリレーヤーの必要がなく、取引時にGASのみ払えば取引を成立できることになります。
 
 

【エアースワップ】

  • サイト

Airswap 公式サイト

  • 内容

p2pで直接ERC20トークンの売買が可能なプラットフォームです。

注文処理のみにオンチェーンを利用しています。トークンを交換したいパーティー/トレーダー同士をマッチングさせ、オフチェーンで取引のレートを決めさせ、両パーティー/トレーダーが合意する条件で取引を成立させます。この時AirSwapは、オラクルにより適切なレートを提案します。取引処理のみオンチェーンで行うため、取引スピードが速く、GASも安く済むというメリットがあります。AirSwapは、12月5日に二番目のプロダクトであるTokenTraderの限定β版を開始しました。

 

【バンコール】

  • サイト

Bancor 公式サイト

  • 内容

ベースはイーサリアムのプラットフォームで、スマートコントラクトによって、バンコールプロトコルと呼ばれる仕組みを取り入れています。バンコールプロトコルの考え方こそが、1944年に経済学者のケインズらによって国際会議に提案された仕組みなのです。
仮想通貨の流動性リスクを解決する仕組みとして注目され、大規模なICOとなりました。仮想通貨の価格が自動的に決まる仕組みです。売り手と買い手に合意による価格形成ではないので、いつでも安定した価格で仮想通貨の取引ができるようになります。
仮想通貨取引所の「販売所」システムと似た状況になるため、マイナーなコインであっても取引しやすくなり、結果として仮想通貨全体の流動性が大きく向上します。

DEXが仮想通貨業界を飛躍させる?

DEXは開発が開始されてから時間が経過していないため、まだ普及しておらず、一般的には認知が低い状態です。また流動性、取引処理の速度の問題などシステムとしてまだまだ弱いブロックチェーンの特徴を最大限を生かしたDEXは、金融業界に「信用性」「安全性」「透明性」という面で、多大な影響を与えるポテンシャルを持っています。

暗号化トランザクションの98%は集中型交換を通過しているようです。開発の発展使用者の教育という点が現在の課題でありますが、今後数年後には逆転し仮想通貨業界が発展していくと思います。

そう。
多分、将来的には仮想通貨取引所はDEXが全盛になるでしょう。
今から、その使い方に慣れておくのも良いでしょう。

勉強会ではDEXの操作法についても説明しようと思います。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
玉蔵トークライブin 福岡 6/24(日) 18:00~21:00


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

人気ブログランキング ↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう