X22レポート ディープステートが追い詰められてる 4月から始まる流れ

スポンサードリンク

さて、ちょっと今日はお出かけです。
4月になって色々忙しい。
畑の準備もしなければならないし、
実は仮想通貨で企画を考えているのでその準備で忙しいのです。

くほほほ。
それは後ほど告知します。
皆様楽しみにお待ちください。

さて、最近、オバマさん来てましたね。

なんで寿司?
と思うでしょうが、これは亡命ですね。
アメリカにいたらもう命が危ないということなのでしょう。
助けて~とやってきたと見てます。

もう皆さん分かってると思いますが。

最近起きてる出来事。
ペトロダラーシステムの崩壊、モリカケだかの証人喚問。

全部つながってるんですよね。
これらはトランプさん当選、そしてCIAに海兵隊が突っ込んだ時から始まってます。

前にサウジでもクーデターに近い王子11名の逮捕ありました。

で、そこらあたりからハリウッドでMe Tooの動きが始まったのでした。
Me tooというのは、セクハラ被害にあった女優さん達が実名で告発を始めたのです。

60名以上のセクハラ告発者

こんな記事も。
ハリウッドの重鎮大物プロデューサー
ワインスタイン氏が告発者の監視を元モサドの探偵社に依頼していた

で、2月にはディズニーの逮捕劇とか。

こういう動きが立て続けに続いてます。

バシャールさんが2016年秋から全て反転していくと言いましたが
まさに2016年秋にトランプ当選から始まったのでした。

まぁ、皆さんは知らないかもしれませんが、アメリカの西海岸。
ハリウッドというのはカナディアンマフィアのブロンマンとかサウジのお金で動いてたのですね。

カナディアンマフィアというのは、要するに禁酒法時代に天文学的資金を稼いだ酒屋一族です。
ブロンフマンは日本の電通の親分です。
資金はサウジです。

親分のブロンフマンが崩壊を始めたので、子分の日本の山口組も分裂するし、電通に強制捜査も入る。
芸能事務所も分裂するところが増えてるんですね。
蜘蛛の子を散らすとはこのことなのです。

以下、X22レポートの要約を張っときます。
今、起きてる流れを説明してます。

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/03/x22reports-q-provides-intel-drops-counterattack-a-go-the-deep-empire-is-about-to-fall-central-banks-are-now-panicking-videos-3604455.html

反撃によってディープステートは崩壊しようとしている

Qによると、反撃によってディープステートは崩壊寸前です。
私たちが今、目撃していることは偶然ではありません。

Facebookは信頼を失つつあります。
そして、その次はおそらくTwitter、Google、Amazonでしょう。

Playboy誌のユーザはFacebookを通して登録した全員が抜けました。
なぜならFacebookはユーザデータを販売してたからです。
現在、FCTから違法なことをやってなかったか調査されています。

37の州の弁護士はFacebookのCEO ザッカーバーグ氏にどういうデータの収集をしていたか、
今後、監査を受けるか等の質問状を出しています。

グーグルやフェースブックツィッターはディープステートの一部の機関です。
FANG(Faceboook、Amazon、Netflix、Google)株は下落しつつあります。

今後、米軍は、アフガニスタンから軍隊が引き揚げるでしょう。
イラクもそうです。
シリアでも起きるでしょう。

金正恩が中国を訪問したのは通常の電話会議が安全ではなく直接会った方が良いからです。

以前、グーグルのCEOエリックシュミットが北朝鮮に行くなどしていて
金正恩はディープステートに完全にコントロールされていました。

でも、最近そこから抜け出したのです。

現在、ディープステートは崩壊まじかです。
政府の役人や企業のCEOが大量に辞任しています。

軍部の反撃が始まったのです。

米軍がアフガニスタンから撤収されれば、タリバンは平和に向かうでしょう。

現在、住宅販売は4.4%減、景気は景気後退に転じています。

IMFは経済崩壊の準備をし、ドイツに1億ドルを払い、経済危機を防ぐよう望んでいます。
中国と米国は中央銀行システムの廃止に向けて取り組んでいて、
トランプは今後、FRBを国有化する可能性があります。

今後大きな波が来るでしょう。
軍部が動いていてほぼ掌握しています。

ディープステートは今、コーナーに追い込まれてます。
来月(4月)に入るとさらに多くの情報が出てくるでしょう。

ディープステートはそれを防ごうとあらゆることをやるでしょう。
何かの破壊工作や何か大きな偽旗作戦をやるかもしれません。
でも、失敗にするでしょう。

中央銀行は今パニックになっている

米ドルの死?中国は米ドル優位性に挑戦するために元建て原油取引を開始

上海で、元建ての原油先物が開始されました。中国は世界最大の石油消費国です。
新石油先物取引は1バレル= 440.20元(69.70ドル)で始まり、現在までに約18,540のロットが売買されています。
これにより世界的な石油価格の高騰が誘発されました。

同時に、この元建ての原油先物取引の立ち上げは、米ドルへの打撃と見なされ、月曜日に米ドルは日本円に対して16ヶ月ぶりに下落しました。
ニューヨーク大学経済学部のAnn Lee教授はこう語りました。

「他の国々がドルに対して信頼できる代替手段を持っていると、彼らはドルを捨てて元に切り替えることができます。
ドルの洪水からもインフレが起こるでしょう。」

貿易戦争の拡大を懸念して世界市場は急落する

米国が中国製品に対する600億ドルを関税した後、世界市場は急落し、北京は米国の輸入に30億ドルの報復を加えました。

DowJonesは3%近く下落。S&P500とナスダックは約2.5%下落。
日本の日経平均株価は4.51%下落し、香港の為替相場は2.45%下落し、上海の主要指数は2.86%下落しました。
またソウルのKospiは3.37%安になりました。

通貨市場では、ドルは1ヶ月ぶりの低水準まで下落しました。

まぁ、だいたい分かりますよね。
最近の動き。

以下のネットの規制などは、ディープステート側の反撃です。

今後、アメリカの西海岸。IT大手の崩壊。
そしてハリウッドで起こってること。
いよいよ日本でも始まる。

だからモリカケ証人喚問などやってるのです。

今後、電通の下請け芸能事務所、大手マスコミ、そしてパチンコ関係。
パソナ関係等。

ありゃ?

あそこ知らない間に潰れたよねとか。
経営者交代したよねとか。
分裂したよねとか。
そういう話をよく聞くようになるでしょう。

今後、日本で言うと、隠れ南朝勢力が下火になってくるということです。

おごれる人も久しからず、 ひとえに風の前の塵に同じ。
まぁ、だいたい分かりますよね。

これから起きるニュースを見ときましょう。
隠されてたものがどんどん出てくるでしょう。

ヒャッハーー!
という面白いニュースが増えるはずです。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
市川ジャンさん4回目 秋野菜の始め 8/18(土)10:00~
玉蔵&山田貢司 トークライブ9回目 ポールシフトin新宿 8/30(木)18:00~


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう