確実に食料危機が来る証拠 33のリスト

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、何度も載せるこの予言。

流行が完全に終わる。無くなる。
日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
娯楽産業の大企業のひとつが潰れて、大きな流れ(たぶん連鎖倒産)ができる。
野菜の流通か小麦関連か、日本で食糧問題が起こる。社会問題になる。
経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

これは今年の年末頃の話では。

さて、今までは
そこのあなた!

食料危機来るんですよ!
農業やっとかなきゃダメなんです。
今こそ地方移住なんですよ!

そんなことをいうと、なにをバカな。。
と鼻で笑われたものですが。

ああ。
やっと我々の時代がやってきた。
やっと時代が追いついて来た。

まさにやってくるのは北斗の拳の世界。

ワタスは色んな活動をしてたら、
気づいた時には山梨県北杜市で活動してた。

漫画か!
と自分で自分につっこむ今日この頃なのですが。

今日は確実に食料危機到来を示す記事2つ載せときましょう。

今、肥料の値段が超絶に上がってる。

なので来年は食料40%減るよ。

と国連が警告してますた。

国連食糧担当官は、肥料価格の危機が世界の穀物生産を40%削減する可能性があると警告

ロシアのウクライナ侵攻から半年以上が経過し、次の作付けシーズンを前に一部の農家にとって価格が高すぎるため、世界の肥料不足は地球を飢えさせるおそれがある。

国連食糧農業機関(FAO)のチーフエコノミスト、マキシモ・トレロ氏はBloomberg TVに対し、肥料価格の高騰により、次の作付けシーズンには世界の穀物生産量が40%以上減少する可能性がある、と述べた。

ウクライナ戦争による食糧供給網の混乱や異常気象による世界的な不作を合わせると、主要輸出国を経由して次の植え付けシーズンに肥料を減らして食糧生産を増強するのは難しいかもしれません。

肥料価格の高騰により、世界の米の生産量が縮小すると予想されている。

この穀物は人類の半分を養い、アジアとサブサハラ・アフリカの政治的・経済的安定に不可欠である。

供給の途絶は、これらの地域の社会的不安定に火をつける可能性がある。

私たちは、今後6カ月間、社会不安のリスクが高いことを指摘しました。

この数週間、他の国連当局者も、肥料の値ごろ感の危機に関する警告を強めている。

北米の価格は高騰を脱したものの、2020年初頭の水準から220%も上昇したままだ。

肥料価格のチャート

アフリカ開発銀行は、アフリカ大陸には200万トンの肥料が不足していると警告している。

匿名を条件に語ったある国連職員はポリティコ誌に、「私たちは本当に、肥料の危機があるとあらゆる塔から叫び始めている…そして肥料の危機は甚大だ」と語っている。

人工肥料には、窒素、リン、カリウムの3つの主成分が含まれている。

農家は、作物の収量を上げるために最終製品を使用する。

不足のために価格が高騰したままだと、使用する肥料が減り、来シーズンの収穫は縮小し、数年にわたる食糧危機が続き、さらに悪化する可能性がある。

そして、以下も重要なので張っときましょう。

当たり前ですが、今年栽培されてない作物が来年店頭に並無ことはない。

今、世界で起きてる33の出来事。

もう皆様は世界中が、異常気象でアメリカもヨーロッパも中国も
干ばつが来てるのは知ってるでしょう。

パキスタンはひどい洪水。

つまり、どっかが洪水で、どっかが干ばつ。
気候が極端化しているのです。

で、作物もさることながら牛もめっちゃ減ってる。

この分だと来年は肉は食べられない等々書いてます。

張っときます。

来るべき食糧不足について私たちが知っている33のリスト

事態は、あなたが言われているよりもはるかに悪い。

過去数ヶ月間、私は2022年に世界の食糧生産が大幅に減少することを示す事実を注意深く記録してきた。

残念ながら、世の中のほとんどの人は、2022年に栽培されていない食糧が2023年に我々の店頭に並ぶことはないということを理解していないようだ。

私たちは来年、絶対に前例のない世界的な食糧危機に直面する可能性があるのですが、大多数の国民はこのことにあまり警鐘を鳴らしていないようなのです。

ですから、このリストをできるだけ多くの人と共有することで、この警告を伝えることに協力していただきたいと思います。

以下に示すように、現在、私たちは非常に多くのデータを持っており、何が来るかを否定することは不可能です。

来るべき食糧不足について分かっていることを33個挙げてみると…。

#1 今年の米国小麦の収穫量は「1963年以来最も少ない

しかし、1963年当時、この国には1億8200万人しか住んでいなかった。
現在、人口は3億2900万人に増えている。

#2 カリフォルニアの米の収穫量は「例年の半分と予測されている。

#3 2022年のアメリカのトマトの収穫量は、わずか1,050万トンになる。
これは平年より100万トン以上少ない。

#4 米国産トウモロコシの収穫量は、少なくとも過去10年間で最悪となる。

#5 米国におけるニンジンの年間累計出荷量は45%減少しています。

#6 米国におけるスイートコーンの累計出荷量は20%減少しています。

#7 米国におけるサツマイモの累計出荷量は13%減

#8 米国におけるセロリの累計出荷量は11%減

#9 米国の桃の総生産量は昨年より15パーセント減少

#10 全米農家のほぼ4分の3が、今年の干ばつは収穫に打撃を与えていると回答しています。

#11 果てしない干ばつのおかげで、オレゴン州の牛の総数は41パーセント減少した。

#12 果てしない干ばつのおかげで、ニューメキシコ州の牛の総数が43%減少しました。

#第13回 果てしない干ばつのおかげで、テキサスの牛の総数は50%減少した。

#14 オクラホマのある牛肉生産者は、牛肉のひき肉が「最終的に1ポンド50ドルを超えるかもしれない」と予測している。

#15 米国の少なくとも40%が101週連続で干ばつ状態にある。

#16 米国では過去1,200年で最悪の数年規模の大干ばつとなっている。

#17 ヨーロッパでは現在、過去 500 年で最悪の干ばつに見舞われています。

中央ヨーロッパの一部では、川の水位が下がりすぎて、何世紀ぶりかに「飢餓の石」が姿を現した。

#18 EU全体のトウモロコシ生産量は、2022年には5分の1まで減少する可能性がある。

#19 フランスでは、最大35%の作物損失が発生すると警告されています。

#20 英国の一部の地域では、作物の減少が50%に達する可能性があると予測されています。

#21 ドイツの一部の地域では、”最大50%“の作物減少が発生すると報告されている。

#22 イタリアの一部の農家では、すでに「収穫の最大80%が失われたという。

#23ソマリアでは、今年の農業生産は約80%減となる見込みです。

#24 アフリカ東部では、果てしない干ばつにより、すでに少なくとも700万頭の動物が死亡している。

#25 中国では、観測史上最悪の干ばつに見舞われている。

#26 インドは通常、世界の米取引の40%を占めていますが、「主要な米生産州におけるかなりの降雨不足」のため、2022年には同国の生産量が大幅に減少することが警告されています。

#27 パキスタンでは洪水により国土の3分の1が水没し、特に農業地域は大きな打撃を受けました。

その結果、同国の農作物の大半が “流されて “しまった…。
また、同国の食料貯蔵庫のおよそ65%、特に米、綿花、小麦、タマネギなどの作物が流されたと推定されている。

パキスタンのビラワル・ブット・ザルダリ外相は今週初め、CGTNとのインタビューで、同国の作物の「約80~90%」が洪水の被害を受けたと述べ、さらに厳しい見通しを示した。

#28 2021年以降、一部の肥料の価格は3倍になり、他の肥料の価格は実際には4倍になっている。

#29 ある決済会社の報告によると、食料品のために短期ローンを組むために同社のアプリを利用するアメリカ人の数が95%増加したそうだ

#30 アメリカのフードバンクの需要は、COVIDパンデミックの最盛期よりさらに悪化している。

#31 世界保健機関は、アフリカの何百万人もの人々が餓死する可能性に直面していると伝えている。

#32 世界食糧計画(WFP)によると、世界中で8億2800万人が毎晩空腹でベッドに入る。

言うまでもなく、この数字はもうすぐもっと高くなる。

#33 国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、2023年に「複数の飢饉」が発生する可能性が高いと考えていると公言している。

世界の食糧供給が逼迫するにつれ、内乱のリスクも高まる。

実は、これはすでに起きていることなのだが……。

新しい分析によれば、世界の半数以上の国で、今年、内乱のリスクが急増しており、インフレ、戦争、必需品の不足に煽られて、世界的に不安定さが高まる時期が来ることを告げている。

英国に本拠を置くリスクコンサルティング・情報企業ベリスク・メープルクロフトによると、「市民の不安指数」で追跡調査した198カ国のうち101カ国で、今年の第2四半期から第3四半期の間に市民の不安のリスクが高まったという。

ここ数週間、地球上のあちこちの都市で大規模な抗議デモが行われています。

しかし、状況はまだそれほど悪くありません。

では、2023年、すべての人に十分な食料がないことがいよいよ明らかになったとき、状況はどうなっているのだろうか。

富裕層は市場に出回る食料を買い占め、多くの貧困層が苦しむことになる。

この記事で読んだことがすべて身に覚えがあるとすれば、それは、このような状況が来ることを何年も前から警告されていたからである。

2023年には、世界中で飢饉と内乱が起こるだろう。

これは訓練ではありません。

極めて深刻な世界的食糧危機がすでに始まっているのだ。

今のうちに、これから起こることに備えておくことをお勧めする。

いや本当。

以上はワタスの妄想じゃなくて、ちゃんとしたデータです。

冗談でもなんでもなく来るということです。

で、おまけにわざと食料危機を起こそうとしてるんですから。
もはや絶対来る。

以下はどう考えても偶然じゃない。
アメリカでの食料品施設での火災件数。

なぜか2022年からとんでもない数になってる。

という訳で、ワタスはサツマイモも作りお米も作りも
肥料がなくなっても出来る完全自然農でやってる。

とにかく今からでも良い。
食料生産しとくんだ。

本当にありがとうございますた。


農業で独立プロジェクト!:
秋季生募集中(9月〜12月期)
2022年度 秋季期生募集要項 農業で独立プロジェクト in 八ヶ岳!

ショップ情報:
・あの高田さんの新刊発売開始!よくわかる土中環境イラスト&写真でめっちゃ分かりやすい
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓このブログの新刊!


イベントに参加して黄金村の隊員になろう!

直近イベント:
・9月11日(日)土中環境ブートキャンプ in 八ヶ岳!


目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

6/22 久しぶりに動画アップしますた。今こそ地方コミュニティが大事だという話



↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう