貞観地震パターン来た? 中央構造線と再度バヌアツ

スポンサードリンク

おほぉ。
先ほどまた南太平洋バヌアツあたりで地震発生しますたね。

トンガとバヌアツでM6.7が続けざま。

バヌアツの法則。
また1週間前後で日本に来る可能性がある。

そして昨日は気になる地震ありますた。

和歌山北部 震度4

その後、群発地震化してます。

この位置は中央構造線上ではないですか。

青が中央構造線。
赤が活断層。

中央構造線に沿った、磯ノ浦~根来 活断層で起きてます。

中央構造線はどっかで起きるとまた、中央構造線上のどっかでまた地震が起きる。

ちなみに中央構造線は長野松本あたりまで上がって、関東で3又に分かれてます。

他、気になるのは三宅島で大量の魚がうちあげられたようですた。

おほぉ。お刺身いいね!

三宅島は何とも気になる位置です。
相模トラフと南海トラフの中間にあります。

ワタスの見たところ、これは貞観地震パターン来るのでは?

貞観地震とは、869年に同じ東北で起きた巨大地震ですね。
311は貞観地震の再来と言われてますた。

 

【貞観地震】
発生日 869年7月9日(貞観11年5月26日)
震央 三陸沖(陸奥国東方沖)
規模 マグニチュード (M) 8.3~8.6

で、貞観地震の9年後に、いわゆる元禄の関東大地震(M7.4)が発生したのですた。
878年相模・武蔵直下型地震。

そして、そのまた9年後。
今度は、あの南海トラフ地震発生(M8.0~8.5) 。

887年7月 仁和地震(にんなじしん)です。
東海・東南海・南海が三連動した巨大地震ですた。

311から10年後。
今、このパターンに入った?

ちなみにこの東北 ⇒ 関東 ⇒ 西日本のパターンは過去4回来てます。

そして西日本の三連動地震(東海⇒東南海⇒南海)はめっちゃ規則的に起きてます。

100年~150年の周期で来てる。
で、前回が1944年と46年の昭和東南海地震です。

だから政府は、2040年までに60~70%の確率で南海トラフが発生すると言ってるのです。

で、上の図で言うと、今度来るのは、
東海⇒東南海⇒南海⇒日向灘の4連動の可能性。

という訳で、今回のM7.3はかなり分かりやすい。
こりゃぁ、何か始まった気がする。

いくら説明しても直感で分かる人は分かるし、分からない人は分からない。
ワタスは去年からしきりに移住セミナーをやって都内脱出、大都市圏脱出を呼び掛けて来たのですが。

本能がぶっ壊れた人間にはいくら説明しても分からない。

本当にありがとうございますた。

これはFacebookでシェアされて来た秀逸な気づき。
ほんとこれ。

ヒャッハー!
イルカだったらすぐ逃げてるとこですね。


直近イベント:
・9/11(土)山梨清里ハイキング&キャンプ

メルマガ始めました:
2021/5/20 金一族、北朝鮮の真実 そして統一朝鮮国家の建設計画

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう